FC2ブログ

記事一覧

4号機時代の思い出 『幼馴染からノリ打ち仲間へ』 その36-2 ”旅打ち仙台編の2”





⇩過去のお話はこちらからどうぞ

リンク:過去記事へ



⇩登場人物の紹介はこちら

リンク:主要登場人物まとめ





・・・マサオが住む仙台へと到着し

彼から100万円のお小遣いをもらった僕とS君は


マサオが仕事から帰ってくるまでの間に

原チャリで移動をしながら宮城県のホールを回る事にしました。

(彼の家には何故か2台の原チャリが・・・)



・・・ちなみに、当時の宮城県のパチンコ屋さんには

タ○ガーというチェーン店が存在していたんですよね、まだ有るのかな?


そして、タ〇ガーというお店の特徴は

”中規模店であり、客付きもまあまあながらしっかりと高設定を使っている”

という印象を受けました。



さらにタ〇ガーは

”宮城県に存在する他のホールよりも裏モノの設置が多い”

僕がパッと見た限りではそんな感じの印象を受けましたので


僕らは仙台中のタ〇ガー店を回りつつ

そのついでに他のパチンコ屋さんの様子も見てみる事にしました。






・・・やがて、僕らはお目当てのホールに到着します。


そこは国道にほど近い店舗だったのですが

僕らが行った時は平日という事もあり

朝イチの並び人数は常識的な範囲でした。

(50~60人くらいだった気が・・・)





・・・ともかく、僕とS君はパチスロを打ち始めます。


ちなみに、S君のパチスロの腕前はと言いますと

彼は完全なる養分です。



というのも、S君は生まれが貧困層という事で満足に教育を受けていなかった上に

パチスロを遊技というよりもギャンブルとして捉えていますので


彼には台の解析を覚えるという気は毛頭なく

「玉が出ている間は止めなきゃいいんだろ!」

という野蛮な打ち方をいつもしていたのです。




北斗の雑魚
©原哲夫 北斗の拳






・・・本来なら、S君がパチスロで負けた穴を僕が埋めるという行動を取るのですが

今回の僕らのタネ銭は大富豪から貰った、言わば”泡銭”ですので


僕もこの時ばかりは

”普段は打ったことが無い台を打ってみよう!”

というヤンチャな気持ちでホール内を散策していると・・・






パチスロ画像 4号機 タツジン
©バルテック タツジン





「あ、ありました~!」



この台は2001年にバルテックから発売された

分類上はAT機の”タツジン”という台であります!









・・・ちなみに、僕はタツジンの事を覚えていません!


なんせタツジンを打った経験が

仙台に滞在していた数日しかありませんので・・・




ここで、この台の仕様を軽く紹介すると

まず、タツジンはBIGとREGとATが搭載されている機種なのです。


そして、”タツジン”という機種名なだけに技術介入要素があったはずなのですが


なんせ思い出せません

仙台でタツジンを打ったことはハッキリと覚えてるんですけどね。






・・・とにかく僕は

地元にはあまり設置が無かったタツジンを打っていきます。



・・・しかし、マジで何も引けない。


というのも、当時のAT機は

現在ホールに設置されているAT機よりも

”AT突入までの敷居”

が遥かに高かったので

半日ATに入らないなんて事は日常茶飯事だったんですよ。

(純増が速い聖闘士星矢みたいな感じと捉えて頂ければ・・・)





・・・まあ、それにしても引けない。


パチスロは機械なので相性という物の存在を信じたくは無いのですが

僕とタツジンには全く縁が無かったようですね。






・・・そして、いくら人のお金と言えども

何も引けないようではパチスロを打つ上での楽しさを得ることが出来ませんので

僕は台移動を決意しホールを徘徊し始めます。





・・・移動先はやはり”ご当地裏モノ”でしょう。


僕が住んでいた地域は大東音響系の裏モノや

パイオニア系の裏モノの設置がほとんどでしたので


仙台市のホールに設置されていたマツヤ系機種を打つのは

その時がほぼ初めての経験でした。





・・・そんなマツヤ系裏モノの見た目は

パイオニア系の機種の見た目と比べると

”雑さ”や”やっつけ感”が目立ちますので

良い意味で、僕に”うさん臭さ”を与えてくれました。




・・・そんな中、僕が最初に目を付けた機種は




ピンクブー
©マツヤ商会 ピンクブー



マツヤ商会の”ピンクブー”でした。





・・・ちなみに、ピンクブーという機種はマサオが普段から打ちこんでいる機種という事で

昼の間に僕が大まかに台の仕様を予想し

夜になってマサオの仕事が終わった後に

マサオ先生にゲーム性の答え合わせをしてもらうという遊びも兼ねた実戦でした。





・・・ともかく僕は

事前情報抜きでピンクブーとの実戦を迎えることになります。



・・・僕が裏モノを打つ時は


ていうか、本来パチスロを打つ時は

台の仕様をあれこれ想像しながら打つのが楽しいですよね。



攻略本を片手に持って遊技すると

小銭を損することは無いのですが

もっと大切な何かを損してしまいますのでお勧めしませんね。





・・・まあ、今回の僕には


”人の金で打っておいて何を言っているんだ?”


という疑問が生まれて来ますが

良いんです、細かいことは。


・・・早くピンクブーを打とうじゃないですか。






・・・しかし、正直な所では


自分なりに台の仕様を解析しようにも

答え合わせをする方法が有りませんので


多くの場合は


・大体の連チャンゾーン

・小役前兆の有無

・引き戻しゾーンの有無

・天井の存在&天井の恩恵



・・・これくらいの事しか予想が出来ないんですよね。


上記の内容さえ知っていれば

普通に打つ分には問題ないのですが



完璧に解析をしろ、となると


・台によって違うREGの扱い

・連チャン中と通常時の小役確率の差


などの部分も併せて知る必要がありますよね。




・・・ちなみに、当時の裏モノの中には

”REGは完全自力&連チャンに絡まない”

という扱いをする台も多数存在していましたので


たとえREGを通常時に引いても

全く状態突入に期待できず、ガッカリする台も多かったんですよ。






・・・とにかく僕はピンクブーを打ち込みます。



僕が打ったピンクブーの特徴は


・リプレイ連チャンが前兆である

・4連でほぼ確定

・意図的にガセのリプ連を抽選している?

・とにかく連が速い

・コイン持ち?良いはずが無い。(良かったら連しないだろ?)



・・・という特徴がありました。





・・・打つ前は偉そうなことを言っていましたが

こんな事は台を打てば誰しも分かる事ですよね。



・・・しかし、僕が打ったピンクブーは

ほぼほぼ、これ以外の特徴が無い台でした。



しかし、ピンクブーはシンプルなゲーム性と驚異的な爆発力だけで

仙台の打ち手を魅了した台だったんですね。

※僕が打った台は青天井バージョンだった気がします。





・・・さて、初日の収支はと言うと


僕は色々な台を乱れ打ったことで6万円ほどの負け。


そして、S君は戦前の予想を覆し

やや負けか、少しの勝ちで初日の対戦を終えたように記憶しています。

(さすがに人の収支までは覚えていませんでした)





・・・そして、パチスロを打ち終えた僕たちは

仕事を終えたマサオと合流し

夜の国分町に繰り出すのでした・・・




続く











関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
8位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
5位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

03 ≪│2024/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

スポンサーサイト