FC2ブログ

記事一覧

4号機時代の思い出 『幼馴染からノリ打ち仲間へ』 その32 ”アントニオ猪木という名のパチスロ機とオカルト”





⇩過去のお話はこちらからどうぞ

リンク:前回までのお話



⇩登場人物の紹介はこちら

リンク:主要登場人物まとめ




僕がサクラ活動を行っていた時は

週に4回ほど稼働をしていまして

その稼働の中で打つ台は


➡アラジンAを2回打ち

➡キンパルなどの比較的マイルドな台を1度打つ

➡新台などのお楽しみ枠が一回


と、順番は多少変動するのですが

上記のようなローテーションで台を打っていました。






・・・そんな訳で、贅沢な悩みなのですが

当時の僕はアラジンAを腐るほど打っていましたので

正直な所、飽きていたんですよ。


同じ台を打ち続ける事に飽きていた僕は

週に一度訪れる”お楽しみ枠”を楽しみにしていまた。





今回は僕が”お楽しみ枠”で打ち

面白い台と感じたを紹介していきますので

どうぞお付き合いください。




・・・突然ですが、皆さんはパチスロを打つ上で


”自力CZ”


とはどういう付き合い方をしていますか?





・・・自力CZの中には

『特定のフラグを制限された期間内に引く』

というものや

『小役の押し順を当てる』

といった種類のものが存在しますよね。




特に、後者の”押し順当てCZ”は

特定のフラグを引くという行為よりも

”選択権”

が打ち手に発生する瞬間が分かりやすいので

打ち手によって色々なアプローチがあるかと思います。





・・・押し順当てのCZは

現在の台で例えると


政宗2の”愛姫乱舞”のようなものがありますね。



パチスロ画像 政宗2 愛姫乱舞 押し順当て
©大都技研 政宗2




・・・こういった押し順当てCZは

成功した時にはスロッターの万能感と自力感を満たしてくれるのですが


反対に失敗をしてしまった時には

精神的なダメージが大きくなってしまいますよね。



・・・そして、現在設置されている台の中には

”失敗した後に正解の押し順を見ることができる”

という機能が搭載されている台が多いので

そんな機能も打ち手を迷わす大きな原因だと僕は考えています。



たとえ前回の正解の押し順を見ることができたとしても

次の正解の押し順が分かる訳ではないので

僕はあの機能は打ち手の精神的ダメージを蓄積させる機能でしかないと思うのです。





・・・まあ、過去の正解の押し順を見ることができると

”打ち手が色々と想像し、勝手に楽しむ事が出来る”

という側面もあるとは思いますが・・・






・・・そんな押し順当てCZと僕との付き合い方は

”択”が多い場合は


”その時に思いついた押し順で押す”


という事が多いです。




・・・これはどういうことかと言いますと

完全にアドリブという訳ですね。

”1つの押し順で攻める”

という事はせず流れを見て(?)滅茶苦茶に押します。




・・・しかし、僕は2択のCZの場合は


”1/2に近づくまで同じ押し順で押す”


という打ち方に変えています。



出現率が1/2の場合、6択のCZよりも

なんとなく出現率が落ち着くような気がしますのでね。



・・・まあ、そんな甘い考えを持って接していると

泥沼にはまる事が多いのも

1/2という確率の恐ろしい所なんですけどね。





・・・そして、4号機時代に自力CZを搭載している台の中で

僕がサクラで打つ機会が多かった機種は


オリンピアから発売された

”アントニオ猪木という名のパチスロ機”

というAT機を打つ事が多かったのでした。



パチスロ画像 4号機 アントニオ猪木という名の
©オリンピア アントニオ猪木という名のパチスロ機





・・・猪木に搭載されていたCZ機能は


厳密にはCZではなく

”REG時の押し順を当てる事によりATに突入させる”

という機能でしたね。




そんな猪木のREG時のゲーム性は

”ラスト3Gの押し順当て(1/6)に挑戦し、成功回数に応じてATの突入期待度が変動する”

というものでした。




押し順当てに1度成功すると

設定ごとに異なる確率でATを抽選し


【6択1回正解時 AT突入確率】

設定1   1/3.60
設定2   1/3.00
設定3   1/3.00
設定4   1/3.00
設定5   1/2.00
設定6  1/2.00



2回成功すると、ATが確定。



・・・そして、3回連続で押し順を当てると

ATの7連チャン以上が確定し

大量の出玉を得ることが出来たのです。



【設定6 押し順3回当て時 獲得AT回数】


7回   30.44%

10回  44.00%

12回  12.50%

15回  12.50%

17回   0.50%

20回   0.02%

22回~30回   0.01%






・・・そして、猪木の設定6は


”REGの成立時に1/2の確率で一回だけ押し順ナビが発生する”


という特徴がありましたので

AT突入率の面で他の設定よりも優れていたという訳です。


※設定5以下は高確率状態時の1/2でナビが発生






・・・そして、猪木の設定6は

猛獣王などのAT機と比べると機械割が低い上に(119%ほど)


大量出玉を獲得する為には

REG時の押し順をたくさん当てたり


純ハズレをAT抽選の高確率状態時に引いたりすることが必要な

運の要素やタイミングが重要な台でしたので

それらが噛み合わなければ

たとえ設定6でも不発が多い台でもありました。





・・・台の仕様上、不発が多い猪木だったのですが

僕は猪木との相性は抜群でした。

というよりも、僕は6択との相性が抜群なんですよね。




猪木は設定6でもREG確率が低いのですが

僕が猪木を打つと1稼働に一回は

REG時の押し順当てを3回成功させていました。



【BIG確率】

設定1   1/439
設定2   1/439
設定3   1/439
設定4   1/439
設定5   1/425
設定6  1/356


【REG確率】

設定1   1/936
設定2   1/910
設定3   1/885
設定4   1/851
設定5   1/809
設定6   1/720



・・・さて、ここからはオカルトの話なのですが

僕がどうやって6択を成功させているのか紹介していきましょう。


この手法に科学的根拠は無いのですが

どういう訳か僕はいつも6択で美味しい思いをしているので

困った時には試してみると良いと思います。






・・・まず、僕の持論を。


僕は機種やメーカ毎にクセがあるとは思うのですが

パチスロで取得する乱数は意図的に操れると思っているんですよ。



・・・この時点でページを閉じた方も多いと思います


しかし、体感機を使ったことが有る人間の言う事なんで

まんざら出鱈目ではないと思いますので

もう少しだけお付き合いください。





・・・そんな僕が常日頃から6択を当てるために考えていることは


”最速で消化する事により、ある程度押し順の流れを読めるのではないか?”


と、考えているんですね。




・・・簡単に言うと

猪木のREGは8回小役が入賞する事で終了するのですが


最速で消化すると

”REG時に全て同じ押し順が出現する”

という事象が起きにくいのではないか?

と考えているんですよ。




・・・最速で消化しなくても同じと考える人も居るでしょうが

バラバラのタイミングでレバーを叩いていると

いつか物凄く薄い確率で”人間体感機”のような感じになり

全て同じ押し順を取得してしまいそうなものじゃないですか。



・・・これはヤバい流れですが話を続けます。






・・・ともかく、僕は最速でREGを消化し

ラスト3Gの押し順当てゲームが始まると


”それまでに出現していない押し順の中から、出現しそうな押し順を選択し消化する”


という手法で消化します

もちろんラスト3Gも最速消化です。




そして、この”出現しそうな押し順”というものは

1~5Gまでの押し順ナビの流れから推測するんですよね。





・・・そして、ここまで読んだ方はもうお気付きかと思うのですが


僕の理論は漫画の”カイジ”でいう所の”バランス理論”で成り立っていますので


”一度押し順を当てた後はどうするの?”


という疑問が生まれると思います。




・・・今までに発生していない押し順を攻め

6G目に狙い通り押し順を成功した場合の

その後の立ち回りはどうするか?

という訳ですね。




・・・その場合の僕の思考は


”押し順の流れは読めているので、その調子で次の押し順を予想する”


という行動に移ります。



・・・そして、全てが上手く行った時は

3回とも押し順を当てる事に成功すると言う訳ですね。



ちなみに、最初に予想した押し順は

1度当たるまでは、そのREGはその押し順でツッパします。






・・・こんな感じでオカルト満載で押し順当てを楽しんでいる僕ですが


安心してください

最低限の確率の知識はちゃんと頭に入っていますからね。



僕が考えているのは

数学の理論なんてものはパチスロで勝つための最低限の知識であり

それ以上の事をしないと

他の人よりも多く勝てないと考えているのであります。




・・・そんな僕の最終的な目標は

”人間体感機”

です。



押し順やフラグを当てるのではなく

自力で引っ張ってこれる人間になりたいのです。





・・・ふう、我ながらなかなかヤバいですね。

何がヤバいって

この記事を半分本気で書いてるのが一番ヤバいですよね。





・・・しかし、パチスロを楽しむ上では

”出玉的に損をしないオカルト”

を考えて実行するのはとても面白い事ですので

皆さんにもあれこれ考えながら打つ事をお勧めします。




ただ告知ランプが光るだけのゲーム性の

ジャグラーシリーズやハナハナシリーズが流行っているのは

”打ち手の想像でゲーム性が広がる”

という側面もありますので

僕のお話もまんざら出鱈目ではないんですよ!


本当なんだから!






・・・今回はここまでとします

それでは!
関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
5位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

07 ≪│2021/08│≫ 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト