FC2ブログ

記事一覧

4号機時代の思い出 『幼馴染からノリ打ち仲間へ』 その22 ”サクラで出会った4号機で最高の機械割を誇る機種”









⇩過去のお話はこちらからどうぞ

リンク:過去記事へ



⇩登場人物の紹介はこちら

リンク:主要登場人物まとめ







・・・2000年頃の僕は目押し技術がずば抜けていましたので

県内のパチスロ専業者には名の知れた存在だったんですよ。



そんな僕の目押し技術は

僕が実際に有ったことが無い人にも広まっていたので


色々な人が

「一度会ってみたい」

と僕に対して思っていたらしいんですよね。

(都市伝説を自分の目で確かめたい的な意味も多分に含んでいたでしょう)



そんな訳で、当時の僕は

実際に”知り合いの知り合いのパチプロ”などに呼び出され

目押し技術を披露する場なども設けられた事も多々有りました。







・・・当時、僕が目押しの技術を披露する際によく打っていた機種は

アルゼから発売された”ハナビ”





パチスロ画像 ハナビ4号機
©アルゼ 花火




リンク:4号機時代の目押し





サミーから発売された”獣王”を打つ事が多かったですね。







パチスロ画像 獣王2
©サミー 獣王




リンク:爆裂AT機の設定6






・・・ハナビは、僕が4号機時代に一番打ち込んでいた機種ですので

ハナビを打つ上で

”アレやってみてよ”

と言われればなんでも再現する事が出来たのですが



当時の僕が、目押し技術を披露する際には

”BIGをフルウェイトで消化する”

という芸をさせられる事が多かったです。





・・・で、獣王のパターンは

”ATの高速消化”

ですかね?



当時、獣王のATを順押しで早く消化する事が出来る人は多かったのですが

僕はそれらの人間とは違い

”色んな押し順で最速消化する”

という芸をさせられました。





・・・ただ、獣王のATの高速消化は

早く消化しても何の得にもならない上に


なんなら、”これって、目押し力は関係ないんじゃないか”と感じてしまう意味のないパフォーマンスなので

当時の僕は”なんでやってんだろ?”的な気持ちでそれらの芸を披露していました。






・・・そんな訳で、ここからは

そんな僕の噂を聞き付けた

地元密着型の不良とのエピソードを紹介していきます。










・・・その不良と僕が出会うことになったきっかけは

まず、僕の後輩がその不良の打ち子をしていましてね。


そんな中、後輩と不良が作業の合間の談笑をしている時に

後輩が僕の目押し力の話題をした事で

不良が僕に会ってみたいと思ったことがきっかけだったみたいです。







・・・不良もヒーローに憧れるんですね。


僕は正直、この世に生きる全ての不良が嫌いですので

僕のことを話題にし

実際に会うように仕向けた後輩に怒りさえ覚えていたのですが・・・





・・・その時に、不良が僕と会うために用意してくれた”破格のゲスト料”に目がくらみ

三日間という期間限定という条件付きで

しょうがなく不良の手伝いをする事に決めたのです。








・・・その時のサクラ活動は、いつもの活動とは違い

期間限定という事で

”身バレ”

という物を気にせず打つ事が出来ましたので

出玉的にもゲーム性的にも派手な機種を選択して打つ事が出来ました。







・・・そして、その時に僕が打つことになった台は

1日目がアルゼ社の”大花火”







パチスロ画像 大花火リーチ目
※フル攻略時の機械割140%




関連記事:大花火の思い出







・・・2日目がオリンピアの名機”フジコ”







パチスロ 4号機 オリンピア フジコ
©オリンピア フジコ ※フル攻略時の機械割140%








・・・と、2日目までの機種選定は

僕の目押し技術を見るための物でしたが


3日目の対戦機種はそれまでの機種とは趣向が違う

当時のサクラ活動で出会った最高機械割の機種でした。





・・・その機種とは

台の見た目や仕様上、意外に思ってしまうかもしれませんが


サミーから発売された”ハクション大魔王”だったのです。






パチスロ画像 4号機 サミー ハクション大魔王
Ⓒサミー ハクション大魔王 ※機械割は155%









・・・ハクション大魔王の機械割は

設定6でおよそ155%と言われていたのですが

僕の体感では170%くらい有ると思うんだけどなあ・・・






・・・というのも、僕が見た限りのハクション大魔王の設定6の差玉は

『最低でも12000枚、最高では3万枚オーバー』

という、怖ろしいほどの”高目&安定感”を感じていましたので


公表値の155%というのはどうもしっくりきませんね。

魔王はきっと謙遜しているんでしょう。






・・・ハクション大魔王の設定6は本当にエクストラ設定でして

BIG確率は設定1と比べると倍ほどでしたし


ATのトリガーとなる小役の”ガマ口”確率も

設定1の出現率と設定6の出現率では倍ほどの設定差が設けられていたんですよ。






【ハクション大魔王 基本スペック】


設定 BIG確率 REG確率 TC確率 機械割

1 1/440 1/993 1/931.4 96.5%
2 1/415 1/993 1/862.3 98.8%
3 1/390 1/993 1/794.5 102.3%
4 1/364 1/993 1/729.3 106.5%
5 1/305 1/993 1/639.3 116.8%
6 1/238 1/720 1/395.8 ???

※数値はメーカ発表のもの




【がま口出現率】

設定1 1/199

設定6 1/100






・・・4号機時代の設定6の機械割の”???”って良いですよね。



当時の台の設定6の機械割は

良い意味で”機械割詐称”をしていましたので

打ち手の妄想を存分に掻き立ててくれました。

※多くの機種は119.9%という”カンスト数字”を発表値にしていました





・・・そんなハクション大魔王で大漁の出玉を吐き出させるためには

なんと言っても”早い段階でロングATに突入させる”という事が大事でして


午前中にロングATに突入させる事に成功しますと

3万枚以上の出玉を獲得することも珍しくなかったのでした。





・・・というのも、AT中にボーナスを引くと

全てのBIGは小役を完全ナビする”ハイパーBIG”になる上に

※ノーマルBIGは400枚 ハイパーBIGは600枚獲得


本来はメダルが減るはずの通常時という時間も

ATを消化する事によって出玉が増加する時間に変化しますのでね。

※ATの純増は3枚程度?






・・・そんな訳で、僕がゲストに呼ばれた3日間は

こんな感じの

”普段は打つ事が出来ない機種の設定6”

を打たせてもらう事が出来たのですが・・・






・・・気になる結果の方は?

といいますと・・・





1日目の大花火は14000枚の出玉を獲得し

2日目のフジコは12000枚の獲得。



・・・そして、本命のハクション大魔王は

少し物足りない結果なのですが13000枚ほどの獲得で終了しました。





・・・ちなみに、僕が打ったハクション大魔王は

1日中ロング継続のATに突入することは無かったのですが


それでも13000枚程の出玉を獲得することができるのですから

ハクション大魔王の設定6は本当に優秀な台だったと言えるでしょう。






・・・ん?リプレイハズシのミスですか?

するはずが無いでしょう!


当時の僕はビタ押しよりも高度な次元の戦いをしていましたので

ビタ押し程度ならフルウェイトでノーミスなんて事は簡単なのです。



関連記事:島唄・ビタ押し攻略





・・・そんな訳で、当時の僕はなんとか面目を保つどころか

ゲスト戦以前よりもさらにブランド力を上げる事に成功したのでした。



この活動がきっかけで

今回関わった不良の知り合いに

さらなる”目押し力を測る機会”が用意される事になるのですが

それはまた今度お話しましょう・・・





今回はここまでとします!

それでは!







関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
13位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
5位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

03 ≪│2024/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

スポンサーサイト