FC2ブログ

記事一覧

【パチスロ】 4号機のAT機の考察 『4号機時代のサクラが好んだAT機とは何か?』



今回は僕が最近紹介している

4号機時代の思い出をもっと楽しんでいただく為に


4号機時代にホールに設置されていた

『爆裂AT機』

と呼ばれていた機種のスペックを紹介していきたいと思います。






・・・今回紹介していくのは

爆裂AT機の代名詞である


『獣王とアラジンA』


パチスロ画像 アラジンA
Ⓒサミー アラジンA




パチスロ画像 獣王2
Ⓒサミー 獣王




・・・こちらの2機種の設定6のスペックを紹介して

比較していきたいと思います。






⇩関連記事はこちらから

リンク:4号機時代の思い出へ

リンク:4号機時代の名機を紹介




・・・それでは

まずは4号機爆裂AT機の始祖である

『獣王』

の基本スペックを見て行きましょう。




【獣王 基本スペック】


ボーナス確率

設定 BIG REG SC突入率 機械割(※)

1 1/439 1/819 1/657 99%
2   |     1/809 1/483 100%
3   |     1/799 1/382 104%
4   |     1/789 1/317 108%
5 1/439   1/780 1/270 112%
6 1/348 1/720 1/146 145%

※フル攻略時



【純ハズレ成立時 サバンナチャンス当選率】

設定 純ハズレ確率 SC当選率(低確率時) (高確率時)

1 約1/205 約1/24 約1/4.65
2 約1/206 約1/14 約1/3.24
3 約1/206 約1/23 約1/2.43
4 約1/207 約1/10 約1/2.01
5 約1/208 約1/23 約1/1.65
6 約1/243 約1/1.08 約1/1.08



・・・上記が獣王の基本スペックになります。


獣王はボーナス確率から設定を読むことは難しいのですが

上の表を見てもらうと分かりますように


設定6のAT突入率は内部状態を問わず

他の設定よりも高いものとなっていますので


ATの平均連チャン数と絡めると

設定6は丸分かりになってしまうという仕様だったのです。






・・・そして、獣王の設定6は


その分かりやすさと、高い出玉力から


『ホールにとっては客寄せをする格好の餌』


という存在の設定でした。



・・・そして、獣王は昨今の台とは違い

『設定6以外にも魅力がある』

という台でしたので


当時のユーザーは


『AT高確率状態時に純ハズレを複数回引き

ATの大連チャンを夢見る』



・・・ってな感じで

たとえ設定6の台が発覚した後にも

獣王のシマは高稼働を誇っていたのです。






・・・まとめると、獣王の設定6は


『安定した出玉を見せてくれるので、イベント時のアピール台』


であったと言えると思います。



・・・獣王の設定6に”不発”なんてものは無縁です。

獣王の不発は”差玉7000枚以下”であると言えるでしょう。










・・・次に、僕が4号機時代に

サクラ行為を行う上で欠かせない台であった

”アラジンA”

のスペックを紹介していきます。





【アラジンA 基本スペック】


設定 BIG REG AT 機械割(※)

1 1/439 1/655 1/183.6 94.7%
2 1/439 1/655 1/161.3 98.2%
3 1/439 1/655 1/142.7 102.0%
4 1/409 1/595 1/132.4 107.0%
5 1/364 1/546 1/112.4 117.1%
6 1/299 1/496 1/83.5 119.9%

※機械割はメーカー発表のもの




・・・上記のメーカー発表の機械割では

アラジンAの設定6の機械割は119%となっていますが



実際のアラジンAの機械割は


”およそ148%”


となっています。





・・・当時の遊技台の機械割が

メーカー発表の数値とかけ離れている訳を説明すると

まず、当時の台の”検定の通し方”に原因があると言えますね。





・・・4号機時代のパチスロの検定は


現在のパチスロの検定時に行われる


・小役の完全奪取

・押し順ナビを遵守する


という規定とは異なり



”通常時、AT中などを問わず順押し適当打ち”


という方法で台を打ち

その時の機械割、出玉で検定の合否が決まったらしいんですよ。






・・・という訳で、メーカーさんは

一応、体裁を保つためなのでしょう。


機械割の発表を、実際にホールでお客さんに打たれることになる

押し中ナビなどを守ったフル攻略での数値で発表することが少なかったのでした。






・・・そんな事情があったので、

当時の打ち手は新台発表時に


『メーカー発表の数値が119%だから、実際の機械割はもっと高いんだろうね』


という、ステキな憶測をして楽しむ事ができたのでした。




・・・聞こえたか!

機械割詐欺をするメーカーさんよ!



規則が厳しいから良い台が作れないのと

自ら純増を誤魔化すのは別問題だぞ!!






・・・興奮してしまいましたが話を戻しましょう。



ここでアラジンAのAT突入率を見て行きます。



まず、アラジンAは獣王とは異なり


『ATの連チャンは回数ではなく、状態で管理されている』


という特徴があります。




・・・そして、実際のAT突入率は

”AT高確率状態時の1/20”

となっています。






【BIG終了後のモード移行確率】

移行なし 高確ショートへ 高確ロングへ

全設定 83.4% 13.5% 3.1%


【REG終了後のモード移行確率】

移行なし 高確ロングへ

全設定 96.9% 3.1%


【純ハズレ成立時のモード移行確率】

低確滞在時 移行なし 高確ショート 高確ロング

設定1 90% 5% 5%
設定2 87.4% 6.3% 6.3%
設定3 84.6% 7.7% 7.7%
設定4 81.8% 9.1% 9.1%
設定5 75% 12.5% 12.5%
設定6 50% 25% 25%

※純ハズレ確率は 設定1で1/199 設定6で1/289



【状態転落率】

高確ショート転落  高確ロング転落

設定1 1/50  1/277
設定2 1/69  1/256
設定3 1/50  1/297
設定4 1/69 1/260
設定5 1/48  1/309
設定6 1/71  1/292



・・・アラジンAのATの抽選は上記のようになっています。




これを見ると分かるように

アラジンAのAT抽選タイミングは

獣王と比べるとバラエティーに富んでおります。


・・・そんな訳で、実際に台を打っている人以外には

”何が契機でATに突入したか分かりにくい”

という仕様になっていると言えます。



そして、まとまった出玉を得ることができる

『AT高確率ロング』

に突入するためには


・純ハズレを引いて抽選をパスする


という方法もあるのですが



『BIGで得た高確率状態を純ハズレで格上げする』


という力技も用意されていたんですね。

※格上げは全設定共通で1/4




・・・そして、アラジンAのBIG後の高確率状態は

『全設定共通』

ですし

さらに、格上げ抽選をする

”純ハズレ”

の確率は


・設定1で1/199

・設定6で1/289


となっていますので

なんなら低設定の方が格上げの夢があるようにも見えますよね。






・・・まあ、実際には低設定の台はBIG確率が低いので

そんなに上手く、事は運ばないのですが


当時のAT機はフラグを引くタイミングによっては

充分に勝負になるどころか、大勝も夢ではない・・・



・・・そんな風に、打ち手に夢を見させる台が多かったのです。






・・・そして、アラジンAは


『打ち手以外には設定推測がしにくい』


という特徴と

”設定6の機械割が148%”

という破格のスペックから


世のサクラたちに絶大な支持を集める1台となったのでした。






・・・僕はアラジンAの設定6を腐るほど打ったのですが

正直な感想は”60点”ってところでしょう。




というのも、アラジンAの設定6は

良い意味でも悪い意味でも安定しすぎているんですよ。



・・・そりゃあ、アラジンAの一番の爆発要素である


”最高5000G継続のスーパーアラチャン”



という夢はあるのですが

僕らのグループでアラジンAの設定6を

延べ、1000台は余裕で打ったと思いますが


僕らがヒキ弱なのか、なんなのか

”グループの仲間が1000Gのスーパーアラチャンに入った”

という報告さえも聞いたことが無かったので


4桁継続のスーパーアラチャンは

おまけ以下の夢のまた夢みたいな突入確率だったんですよね。


【スーパーアラチャン継続ゲーム数&予想獲得枚数】

ゲーム数 突入率 獲得枚数

0G 50% 約100枚 

10G 33.86% 約250枚

30G 5% 約500枚

50G 5% 約750枚

100G 5% 約1400枚

200G 0.25% 約2700枚

300G 0.25% 約4000枚

400G 0.25% 約5300枚

500G 0.25% 約6600枚

1000G 0.1% 約13000枚

2000G 0.01% 約26000枚

3000G 0.01% 約39000枚

4000G 0.01% 約52000枚

5000G 0.01% 約65000枚

※AT中の純ハズレで抽選

ATは基本的に10G継続

純ハズレは設定1で最も確率が高く1/199





・・・上記の確率を見ると、無理な感じがさらに際立ちますねw




・・・そして、アラジンAの演出面は

当時のサミー系”ドット搭載機種”の中では

一番下と言って良いほどダサかったので


僕が評価するアラジンAの点数は”やはり60点”でしょう!

※獣王は92点、インディは65点





・・・6号機も有利区間の継続ゲーム数が伸びるとの噂ですので

面白い機種の登場に期待しましょう!



・・・少なくとも

『有利区間を完走して2400枚取れない』

という事態は減ると思いますので楽しみですね!




それでは!
関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
11位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
6位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

05 ≪│2021/06│≫ 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

スポンサーサイト