FC2ブログ

記事一覧

4号機時代のお話 パチスロで遠征をした時の小話



⇩前回までのお話はこちらから

リンク:前回までのあらすじ





地元を離れてとプチ遠征に行くようになった僕とN君は

次第に入店するホールに偏りが現れてきました。




・・・というのも、その時代は4号機初期~中期でしたので

世は憎き”みなし機問題”による

過去の名機の撤去、遊技台の粛清が行われる前の事でしたから


どのホールも画一的なラインナップの今の時代より

各ホールごとに、設置台の特色が強く出ていた時代でもあるんですよ。




画像 昔のパチンコ屋 朝
※イメージ画像




・・・当時のホールでは、お金に余裕がある大型チェーン店などは

遊技台のラインナップに最新台が並んでいましたので

それを目当てに通うお客さんも多かったのですが



僕とN君は、遠征に行くときはそういった大型店よりも

中規模以下のホールへ行くことを好んでいました。






・・・それもそのはず、

僕とN君のようなパチンコ界の新参者は

どこへ行っても打つ事が出来る話題の新台を打つ事よりも

今までのパチンコ界を彩ってきた”過去の名機たち”を打つ事に魅力を感じていたのです。



・・・当時の僕たちの気持ちは

現在の若者が、ゲームセンターなどで4号機を打つ時の気持ちと同じなんだと思います。






・・・4号機時代に生まれた僕たちが過去の名機を打つと

現在の若者たちが4号機に触れる時よりも

色々な意味で不便さを感じることが多かったと思います。




・・・なんせ、4号機以前のパチスロは

マックスベットが搭載されていない台ですとか


パチスロ画像 クランキーコンドル2
©アルゼ クランキーコンドル

※当時の遊技台は3枚掛けを完了するために

ベットボタンを三回叩く必要がある台も多かった





・・・現在ホールに設置されているパチスロには当たり前に搭載されている

メダルを貯留する機能である

クレジット機能が上手く機能しない台なんかもありましたし

ホッパーの払い出し速度も遅い台が多かったので


昔のパチスロは”操作性”という部分では

現在のパチスロと比べると天と地ほどの差が有ったと思います。






・・・しかし、パチスロを覚えたてで

”粋がりたい年頃”

だった当時の僕とN君は



操作性が悪い昔のパチスロを


『味が有って良いじゃないか』


と感じました。





・・・そして、せっかく遠征に行く訳ですし

まだ触れたことのない

地元には存在しない台を打つ機会が次第に増えていったという訳ですね。





・・・そんな遠征の中で触れた台たちは

カッコいいデザインの台が多かったですね。


僕たち二人は、遠征で初見の台を打つ時には

『台の顔』

を重視して打っていたのです。





・・・遠征で僕たちが打った台の中には

有名パチスロライターが愛した事で有名な


オリンピアから発売された”バニーガール”などの台も含まれていたのですが


パチスロ画像 オリンピア バニーガール
©オリンピア バニーガール



・・・当時の僕たちは

それらの名機とは違う台に衝撃を受けます。





僕らが衝撃を受けた台とは


同じくオリンピアから1996年に発売された


”ジョーカー”



という台だったんですね。






パチスロ画像 オリンピア ジョーカー
©オリンピア ジョーカー





・・・当時のパチスロには、

他にもダブルアップという、トランプをモチーフにした台が有ったのですが



パチスロ画像 ダブルアップ
©岡崎産業 ダブルアップ




・・・ダブルアップの筐体はどこかデフォルメされたデザインでしたので

盤面に描かれているジョーカーに魅力を感じることが出来なかったのですが


一方、ジョーカーの方は

見ての通りの素晴らしいデザインでしたので

遠征に行った僕ら二人を瞬時に虜にしてくれました。





・・・ジョーカーを打った時の僕ら二人は、

いつものように遠征に行き

良さげなホールを発見したので店内のパトロールを開始しました。




そして、店内を散策中にジョーカーを発見した僕は

N君にこう告げます


『すごい台があった!』


とね。




・・・現在のパチスロファンはジョーカーの筐体を見ても

それほど衝撃を受けることは無いでしょうね。


しかし、当時の僕たちは”ブラックパネルのパチスロ”を目にするのが初めてでしたので

ジョーカーの筐体に衝撃を受け

すぐさま打ち始めることにしたのです。






・・・しかし、僕たちが打ったジョーカーは

筐体が醸し出す怪しい雰囲気とは裏腹に

『完全なるノーマル台』

でした。



・・・そんな訳で、興奮は打ち始めた瞬間がピークでしたので

僕たちはすぐに打つのを止めてしまいました。





・・・ジョーカーの初打ちは不発に終わってしまいましたが

遠征をたくさんしていると

同じような流れで、物凄く面白い台に出会う事も多々あったんですよ。



・・・ガチ勢にとっては新台かもしれませんが

僕にとっては岡崎産業の”ミラクル”

遠征をしていて発見したパチスロの面白い台の筆頭でした。




パチスロ画像 岡崎産業 ミラクル
©岡崎産業 ミラクル





・・・考えてみると、当時の打ち手は恵まれていましたね。


当時のホールには、色々な時代の名機が並んでいましたし

イベントも自由に開催されていましたもんね。




・・・そして、遠征を繰り返していた僕ら二人は

今までと違う目的

『パチスロの攻略』

で遠征をすることになったのです。



続く
関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
5位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト