FC2ブログ

記事一覧

【パチンコ】 羽根物の期待値と名機”マジカルカーペット”




皆さんはパチンコを打つ時はどういった基準で打っていますか?


現在では多くの方に

『ボーダーを超えている台を打てば勝ちやすい』

という事が浸透していますので

ネット上で紹介されている”各機種のボーダーライン”を検索し


少なくとも

”ボーダー付近の期待値”

を得ることが出来る台を打つ方が多いのではないでしょうか?






・・・もちろん、収支にこだわらず

好きな台を好きなように打つ人も居ると思いますけどね。



個人的にはその方が

休みの日に打つパチンコとしては健全であると思います。

やっぱり楽しまなくちゃね!


・・・まあ、楽しむ為にも最低限のボーダーラインがあるとも思いますが。








・・・多くのデジパチの場合

大当たりの抽選に関わってくる要素は


『スタートチャッカーに入賞する』


という要素だけですので


打っている台の期待値を計算するには

『○○円当たりの回転数』

それと、台のスペックを照らし合わせることで期待値を算出できますので

簡単に答えが出て来ますよね。





・・・しかし、例外を除く

多くの羽根物の場合



大当たりに向かうルートとして


・スタートチャッカーに入賞(鳴き)

・約物に玉が突入(寄り)

・Vゾーンに入賞させる(クセ)


・・・という3段階の過程を経て大当たりに入賞しますので

デジパチよりも期待値の計算が複雑なモノになってしまうのです。





・・・そして、羽根物の大当たりの肝である

『鳴きと寄り』

という要素は

『○円当たりのそれ』

といった感じで、比較的数値化がしやすい要素なのですが


羽根物の大当たりを担う要素で一番重要である”クセ”は

パチンコ玉が約物に突入した時の挙動が一定ではないことや


”寄りと鳴き”という段階を経てからしか見れないのでそもそもサンプルがとりにくいという事から

重要な要素であるにも関わらず、数値化がしにくいという特徴があります。





・・・ここでネット上で紹介されている

羽根物のボーダーの数値を見てみましょう。




【トキオスペシャル ボーダー】

※役モノ突破率1/20

ハネ拾い率  2.50円 3.03円 3.33円 3.57円 等価
46%    23.3  22.2 21.7  21.3  20.8
48%    22.4  21.3  20.8  20.5  19.9
50%    21.5  20.4 20  19.6  19.1


引用元:パチンコ・パチスロ攻略マガジン




・・・最近の台は約物のクセを

『約物突破率』

という形で無理矢理に数値化していますが

そもそも、これはどういう理論で数値化したものなんですかね?



『約物突破率1/20』


の台ってどういう風に見分ければ良いのでしょうか?

見た目の大当たり確率が1/20の台なんですか?


・・・いやいや、そんなことは無いはず。

大当たり確率の分母は”羽根の開放回数”ですので


約物内に突入したパチンコ玉の数は

それよりも、もっと少ないものになる事は明白ですもんね。






・・・と言う訳で、ネット上のボーダーラインの数値で

『約物突破率○○%』

と書かれていても実用的ではないんですよ。



文明が進んだ今の時代でも

羽根物の期待値を算出するには


『肌感覚』


が重要であり

それを養うためには

『膨大な量の打ち込み』

が必要になるという訳ですね。





・・・これは勝てる要素であり、付け込む要素ですよ。


パチンコ・パチスロで勝つための

『多くの人が知りえない自分だけが知っている情報』

を作り出すことが出来るチャンスです。




・・・そして、羽根物は

『短時間勝負でも結果が出やすい』

という特徴のスペックですので


長時間パチンコを打つ事が出来ない方でも

他の打ち手より、台の特徴を熟知する事が出来れば

充分に勝利を収めることが出来ると思います。









・・・という訳で、僕はネット上のボーダーラインの数値を

『参考値』

くらいに考えておくと良いと思います。



実際に羽根物を打つ時は

ネット上のボーダーラインの数値を参考にし

その数値に台のクセの善し悪しを考慮して


自分なりに

”勝つことが出来る台か?”

という事を判断すれば良いと思います。







・・・台の約物のクセって、本当に大事ですよ。


羽根物って大袈裟に言えば


『どれだけ約物内に玉が入ろうが、クセで殺されれば当たらない』


という仕組みの台ですからね。





・・・そして、この例は大袈裟ではなく


2000年代初頭にSANKYOから発売された


”マジカルカーペット”



パチンコ画像 羽根物 マジカルカーペット
©SANKYO マジカルカーペット



・・・この台で分からされることになります。






マジカルカーペットはオーソドックスな羽根物でして

スペックはトキオプレミアム等と似ている

『ラウンド振り分け搭載型の羽根物』

だったんですよね。





・・・そして、マジカルカーペット最大の特徴は

機種名からも分かるように

約物内に”カーペット型”の機構があるんですよね。



パチンコ画像 羽根物 マジカルカーペット 約物



・・・通常時の大当たりは主に

上記のカーペット約物の下の地面からのVゾーン入賞を目指すのですが



・・・世の中には極悪なお店があるものですね。



当時僕が通っていた とあるお店では

マジカルカーペットの釘調整を

巷に広まっているボーダーラインの数値より 遥かにプラス調整にしていたのですが


約物内部を

『約物を左にぶっ叩き、約物内に突入したパチンコ玉が急激に左方向に逸れる』

という調整にしていたのです。




・・・この調整のマジカルカーペットで大当たりを引くためには


『約物内に複数のパチンコ玉が進入し、玉つきを願う』


という事でしか当たりませんので

約物のクセを数値化するどころか


普通に打っている分には

到底大当たりをゲットできない調整で営業をしていたんですよ。






・・・しかし、馬鹿な客も居るんですよ。


そのお店で、釘がゴージャスに開いているマジカルカーペットを発見した若者が

台のクセを考慮せずに長時間粘っていたんですよね。


きっと彼らは

『ボーダーは超えている!』


という甘い希望的観測で台を打ち続けたのでしょう。


ネットに記載されている数値を鵜呑みにし

自分で考える事を放棄して

脳死状態で”本当は期待値が低い台”を打ち続けたんでしょうね。





・・・一見するとパチンコは”ビタ押し”や”目押し”などの技術が無くても

『とりあえず打つ』

という事は誰でも出来ますので誤解しがちなのですが

実はパチンコって、パチスロよりも数段難しいですよね。




パチンコはパチスロに比べて、中級者を量産する事が出来ますが

本当の意味での上級者は

現在の日本では限りなく少ないと思います。

※僕は中の下




・・・しかし、僕はそんな状況だからこそチャンスがあるとも思いますので

この記事を読んだ方は

好きな事を極めてみても良いのではないでしょうか?



・・・そしてパチンコって、パチスロよりも

『キズネタの発生頻度』

が高いので

思わぬ美味しい出来事にも結構な頻度で遭遇出来ますよ・・・





パチンコ屋で勝ちたい方は

”常にアンテナを高く”

ですね。





・・・今回はここまでとします

それでは!
関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
5位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト