FC2ブログ

記事一覧

4号機時代の思い出 『幼馴染からノリ打ち仲間へ』 その4 ~あやうく便所飯~



リンク:前回のお話



・・・前回のお話で中学校を卒業し

順当に高校へ入学をすることになった僕ですが


過去の記事でも紹介させてもらいましたように

当時の僕は”自分の進学校を自分で決めない”という暴挙に出ましたので


リンク:昔話カテゴリーへ

※4号機時代の思い出~アレックス~に詳しく書いている(はず)



・・・僕が進学した学校には、中学校時代に仲が良かった人は進学していなかった事を

高校へ入学してから気付いたんですよね。(遅すぎ)



・・・そんな訳で当時の僕は

必然的に(?)高校の入学式では孤独な時間を過ごしまして

これからの高校生活に少しだけ不安を感じたのでした・・・
















・・・しかし、そんな不安は杞憂に終わります。



当時の僕は”外交”に精を出していた

友人が多いだけが取り柄の人間でしたので

思わぬところに”知り合いの知り合い”を発見します。




・・・その人物は過去記事にも書いてあるのですが


”高校入試の帰り道に最寄り駅でタバコをふかしていた赤髪の少年”


でした。





・・・僕が進学した高校は、そこそこ勉強が出来ないと入れない学校でしたので


その光景を目の当たりにした僕は

『おうおう、優等生がイキっておるなあ』

と、感じたのです。



しかし、後に発覚したのですが

煙草を吸っていた赤髪の少年は、現在は絶滅しましたが

”中学校の番長”

だったとの事でした。




・・・そして、その少年(名前をS君としましょう。)は

僕が中学生時代にバンド活動を通じて知り合った


”ドラムを担当してもらうはずだった人の後輩”


という事も併せて発覚しましたので

僕とS君は入学式の次の日には仲が良くなっていたのです。





・・・S君との思い出は波乱万丈が過ぎました。


当時のS君と僕は同じタバコを吸っていまして

その銘柄は”セブンスター”だったのですが



画像 煙草 セブンスター
※セブンスター



・・・S君はどこでもタバコを吸っちゃうんですよ。

大袈裟な話ではなく、学校から一歩外に出た瞬間に煙草に火を付けるんですw




そんな彼は

”高校入学後に迎えた初めての週末に、煙草がきっかけで停学になる”

という天性のスピードスターでもありました。




・・・その時は僕とS君とその友人の3人で

学校から駅までの道を歩いていたのですが


3人で仲良く煙草を吸いながら下校していた時に

僕たちの横に急に車が停車したんですよ。



・・・その瞬間、僕は危機管理センサーが働き

”車から見えないように煙草を捨てる”

というムーブをしたのですが


S君はロシア人だったんでしょうか?

彼には恐怖を感じる体の器官が欠落していましたので


車の主がこちらに向かって降りてきてからもタバコを吸い続け

無事に停学処分になってしまいました。




・・・当時の僕らは、入学してから間もなかったので

まだ学校の先生の顔を覚えていなかったことから

車の主が学校の先生だという事に気付かなかったのですが


そんなことは関係なく当時の僕らは未成年だったので

もちろん、煙草を吸う事はご法度でしたから

大人が近づいてきたらタバコを放り投げた方が得策ですよね。




・・・S君は本当に肝の座った人間だったのです。






・・・しかし、S君が停学になったアクシデントも

僕らの仲の良さをアップさせるイベントになりました。



停学中の彼は暇だったこともあり

事あるごとに僕を家に呼びつけます。



・・・ってか、毎日ですね。


S君の家は、僕が当時通っていた学校と自宅の中間地点付近にあり

僕が自宅に戻るついでにS君の家に寄っていくという動きが自然に出来たんですよ。






・・・そして、本来のS君は口下手で不器用な性格だったのですが

彼の持っている不思議な魅力により

彼の周りには仲間が絶えなかったのです。



・・・そんな訳で、僕は彼の地元の友人とも仲良くなっていくのでした。





今思い返せば、S君の口下手で不器用な性格を

彼の幼馴染である

『おしゃべりでお調子者のA君』

が上手く補完していたんでしょうね。



・・・彼らは本当に良いコンビで

僕を含めた3人で遊ぶことが多くなっていきました。






・・・そして、S君はド変態でもありまして

当時、まだ女性経験が無かった僕に


彼女とのあんな事やこんな事を

布団越しにですが見せつけて遊ぶ

非道な人間でもありました。



・・・そんな時は色んな意味で

『早く家に帰りたい』

と感じていたものですね、ええ。






・・・そして、お察しの通りS君のグループは不良でしたので

S君と遊ぶようになった僕は色々なトラブルに巻き込まれて行くことになります。



その中で起きた事件の


『放置バイクトラップ』


はあまりにも有名ですね。





・・・”放置バイクトラップ”をご存じない方の為に

軽く説明しましょう。



➡どヤンキー、盗んだバイクを放置する

➡知能の足りない僕ら、それを乗り回す

➡どヤンキー、その姿を見つけ次第恐喝する



・・・という細部まで完成された詐欺事件なんですよ。





・・・僕らがトラップに掛かった時は

たしかA君が近くの公園でバイクを発見したんだったかな?


で、高校生だった僕らエテ公は乗り物に憧れていましたので

そのバイクを使ってクラッチのつなぎ方などを練習をしていたところ

地元の施設警備隊に見つかって御用になり、罰金を収めたという事ですね。






・・・他には、S君が学校に来なかったので電話をすると

電話に出たS君が『駅で警棒を持った奴に襲撃されていた』といった事や


S君の地元の友人の自宅(反社)に行った時に


『とてもリアリティに溢れるモデルガン(だと良いなあ)』


を見せられたという出来事もありました。




・・・まあ、なんせ当時の僕らは


➡ヤンチャをする

➡たまに先輩に𠮟れらる


という単純なムーブを繰り返していたのですが

一緒に居た人間たちが最高の奴らだったので

本当に楽しい青春時代を過ごしていたのです。





・・・しかし、そんな楽しい時代も長くは続かなかったのでした。



続く
関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
5位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

09 ≪│2021/10│≫ 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

スポンサーサイト