FC2ブログ

記事一覧

4号機時代の設定師の金言とジャグラーのモーニング







・・・4号機時代のパチスロでは、現在のパチスロと同じように

『奇数設定は荒波、偶数設定は安定』

と、設定が奇数設定か偶数設定であるかで台の性質が変わると言われていましたが


4号機時代のパチスロ・・・

とりわけAタイプのマシーンでは


設定差が設けられているポイントは大まかに言うと

『ボーナスの確率が高設定になるにつれて上がっていく』

という事だけであり

奇数設定と偶数設定を外部から判断する事はほぼ不可能に近かったのです。




・・・しかし、どう言う訳かパチスロの設定を打っている人からすると


『爆発力の設定5、安定感の設定6』


という印象を受けていたみたいですね。





・・・これは科学的な根拠がないので”オカルト”の一言で片が付きそうなものですが

毎日膨大な数のスロット台の挙動を、答え合わせ付きで見てきた人の意見ですし

特定の設定師が声を大にしてそういった理論を掲げていたわけではありません・・・


4号機のAタイプの奇数設定と偶数設定の挙動の差は

当時のパチスロシーンの定説になっていたのです。








・・・当時の設定師の経験から来る考察では

『設定の使い方で出玉を予測できる』

なんて事も言われていました。



・・・例を挙げれば

『中間設定の爆発台を高設定にすると翌日も爆発する』

ですとか

『高設定の爆死台は次の日は何をしても出る』

というオカルトですね。




・・・まあ、この手の類の話は諸説ありますし

設定師によって言っている事も違いましたから

先ほどのパチスロの設定の偶奇による差よりも信憑性は低いものですが


面白いのは、打ち手よりもパチスロの設定に精通していて

ホールの内部事情を知る設定師がオカルトのような理論を大真面目に解説している所ですよね。





・・・きっと、パチスロという物は

打ち手が思っているよりも訳の分からない挙動をするのでしょう。

ましてや1日単位では尚更でしょうね。







・・・僕は他の電化製品にも個体差なんかがあるように

パチスロ台という物にも

個体差ですとか、解析には載っていない何かがあると考えているんですよ。



ほら、ブラウン管のテレビで映りが悪い時に


『ここをこの角度でこう叩くと映る!』


というオカルトめいた治療法があったりですとか



ファミコンが全盛期の時代に流行った


『カセットの端子部分に息をハードに吹きかける』


みたいな治療法がありましたよね。




画像 ファミコン2
©任天堂





・・・ファミコンの治療法は端子部分に水分が付く可能性もあるので

理論上は絶対にマイナスになる手法だったらしいですね。



・・・しかし、僕の友人にファミコンを起動させるプロが居まして

その子は端子部分に口を密着させ

高音の音が出るくらい(むしろ出したい)ハードに息を吹きかけるという手法で

死にかけたファミコンソフトを起動させていたんですよ。

※その技を繰り出すときの音から”ピー”と呼んでいました。






・・・なんにせよ、理論上は間違っているとみられる事や 説明が付かないことでも

実践上は役に立つという事が日常生活には数多く存在していますので

僕はパチスロにもそういった事が存在すると考えていますし


そのオカルトを立ち回りの主軸にこそしませんが

そこそこ真面目に立ち回りに取り込んだりもしているのです。







・・・例を挙げれば

『パチスロのモーニング機能』

ですね。




僕は大まじめにモーニング機能が存在していると考えているんですよ。

※ノーマルタイプの台です



というのも、僕は5号機のジャグラーシリーズで

高設定を掴んで勝つ時には95%以上の確率で投資が3000円以内で済んでいるんです

※4号機時代のジャグラーからですね(マジ)



画像 4号機ジャグラー
©北電子 ジャグラー





・・・これはモーニング機能というよりも

低投資でボーナスが引っかからなかったり、その時点で良い所がなければ

まだ高設定の可能性が高い台に移動をしてしまうという事もありますし


ノーマルタイプのパチスロの高設定台のボーナス確率は

マイジャグラーシリーズでは


・設定6で 合算1/120

・設定4でも 合算 約1/140


くらいの確率ですので

そりゃあ低投資でボーナスを引けることもあるでしょうな。




・・・しかし、よくよく考えてみると

ボーナスを高設定の台が引きやすいといえど

100回転以内にボーナスが当たる確率は

設定6でも理論上は50%強ですので


僕がジャグラーで勝つ時の

”初期投資3000円=100回転以内にボーナスを引く確率が90%以上”

という物がどれほど高いかが伺えますよね。




・・・そして、100回転以内に良い所が無ければ台移動をすると言うと

『高設定の台を捨てているんじゃないの~?』

という声も聞こえて来そうなものですが


・・・これが不思議な事にほぼ無いんですよ。

マジで死神レベルです。

※高設定を捨てたと感じる事は体感で2%くらいじゃないかな?




・・・たった一人の10年間くらいのサンプルですが

僕がジャグラーを打っていると、毎回こんな感じの動きをするので

もうオカルトとは思えないんですよね。



・・・そりゃあ100%本気で言っているわけではないですよ!

ちゃんと3000円以上の投資をすることだってありますし

完全にオカルトを軸にした立ち回りをする度胸もありません。


ただ、「これは正しい理論だ!全ツできる!」
というレベルではないにしても


朝イチにモーニング(?)が発動せず

追加投資をしている時に台の内容が芳しくないと

『ああ、そういえば勝ってる時のパターンではないな』

なんて考えて台を諦める事もしばしばある・・・


・・・それくらいにはジャグラーの朝イチの立ち上がりは信用していますね。



個人的にはマイジャグラーシリーズでは

チェリー確率とチェリー重複REGよりも重視しています。




・・・ふう

僕は何を言っているんでしょうか?



・・・いや、マジで”経験から推測するナニカ”って大事だと思いますよ


麻雀もそうですが、ギャンブルで人よりも良い結果を残すには


『時には確率を超えた思考を発揮する』


という事が重要ですよね。




・・・ボーダー理論や期待値理論が正しいのは分かりますが

生きているうちにその理論を収束させるほど試行を繰り返せますか?

ここしかない”特化ゾーン”で普通のヒキで勝てますか?



そりゃあヒキを操ることは出来ませんが

勝つために自分の思考を操ることは出来ますよね?




・・・今の時代のパチスロでは

例えば狙い台の精度が

少し寂しいですが80%しかないとしましょう。



・・・ここで付きまとってくるのが抽選という入場方法ですね。


貴方の短い人生の試行では

『台選びが成功している時に限って抽選で台を取れない』

という展開がずっと続くことも考えられますよね?



・・・そして運よく台を抑える事が出来たとしても

絶対にそこで結果を出さなければいけないんですよ?


・・・パチスロで勝つって、本当に難しい事なんですね。





・・・僕が本当に言いたい事っていうのは

なにも上記の事を悲観して

『どうせ台が取れないし、頑張ってもなあ』

という負け犬の思考を助長する訳では無くて


逆に

『100点を目指してダメなら120点を目指せば良いじゃない』

という風に考えられる人が

パチスロに限らず、何をやっても一定の結果を出せると思いますので

パチンコ界はこんな時代ですが、与えられた条件で頑張る事が大事だと考えているんですよ。



・・・頑張ってもダメかもしれませんが、頑張る事をしなければ絶対にダメですからね。



卑屈な奴、頑張れない奴

言い訳をする奴、なんでも人のせいにする奴は伸びないって事ですな。




ダメな事があれば”自分のせい”

良いことが有れば”お陰様で”という精神で皆さんが過ごせば

世の中はもっと良いものになるでしょう・・・





・・・なんか良いことを言ったんで今回はここまでとします


明日からもお仕事など頑張りましょう

それでは!
関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
5位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

09 ≪│2021/10│≫ 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

スポンサーサイト