FC2ブログ

記事一覧

4号機時代の思い出 『南国育ち』 と末尾イベント



6号機の南国育ち、面白いですよね~。

南国育ちは5号機でも”ART機”としてリメイクされたり


変な鳥が蝶ランプの代わりに連チャンを告知する

”A+RT機”になるのかな?

5号機以降の南国育ちは

そんなクソみたいなリメイクを繰り返してきたのでした。





クソみたいなリメイクの一因は演出面にもあると思います。

初代の南国育ちの1G連の告知は


『控えめな効果音と共に、さり気なく告知をする』


という特徴があり

『原点にして頂点』

という事を地で行っていたのですが・・・




パチスロ画像 南国育ち
©オリンピア 南国育ち




5号機以降、リメイクされた南国育ちの連チャン告知は

蝶ランプが光るという事はもちろん踏襲されているのですが


ランプが光る際にわざとらしい音が鳴り

なんとなくフリーズみたいな挙動もしてしまうという


4号機時代の南国育ちに見られた”わびさび”みたいな物を完全に切り捨てた

アメリカンな告知方法になった事も


今までに発表された南国育ちのリメイク台が

いまいちハネなかった事の原因であると僕は思うんですよ。




・・・・皆さんはどうお考えですか?





・・・思い返せば昔から世間の評価なんて物は当てにならないもので

導入初期に人気が無かった台がライターの後押しによって


導入後しばらくしてから爆発的にヒットするなんて事が

4号機時代から何度も繰り返されてきました。




・・・例を出せば、パチスロ史上最大の売り上げ台数を誇る

”初代北斗の拳”や”吉宗”もそういった類の台でした。



北斗の拳
©サミー 北斗の拳



・・・そして、南国育ちもその例に漏れず

導入後しばらくはそこまで人気が無い台だったのですが


沖スロ界の重鎮である”沖ヒカル氏”(旧名グレハニスト内池)が

パチスロ必勝ガイド系の漫画雑誌で人気を博したことから

南国育ちや他の沖スロが注目を集めだし


裏モノですとかのダークなイメージが付きまといがちだった沖スロに

ライト層が流入し始めたのです。




・・・パチスロ以外でもですが

裾野を広げるためにはライト層の取り込みは重要なのですが


奴らは厄介なことに”熱しやすく冷めやすい”という特徴を持つ上に

やたらと行動力だけはありますので


対象物に飽きた後には積極的にネガティブキャンペーンを展開しますから

元から沖スロのファンだった人なんかから見ると

少しうっとおしい存在でもありました。




・・・流行りを追いかける人って

『物事の本質を見ないで上澄みだけを掬い取っただけですべてを分かった気になる』

という特徴がありますよね。



何事も本当に楽しい事を見つけるには

誰かの意見に左右されず、自分の考えを持って行動するという事が大事だと思います。




・・・鬼滅の刃なんて数年後にはきっと忘れ去られていますよ。


熱狂が大きいほど冷めるのもあっという間だと僕は思います。

これは日本だけの問題なんですかね?






・・・4号機の南国育ちの話題に戻りましょう。



4号機の南国育ちは設定6が分かりやすい事から

『末尾系イベントの道標』

になる事が多かったですね。



末尾イベントの時には南国育ちの設定6の台を見つけて

その台と同じ末尾の台を打つという立ち回りが確立されて行ったのですが



毎度、そんな簡単に当たりの末尾が判明してしまいますと

ホールにとっては”高設定の台しか稼働しないという地獄”の展開になってしまいますので

ホール側も南国育ちには”当たりの末尾以外にもフェイクで設定6を入れたり”と

対策をするようになっていったのです。




・・・当時はこういった駆け引きが面白かったですよね。





そして、南国育ちの設定6は

『3連と単発を繰り返しやすい』

という挙動をするので設定6が分かりやすかったのですが


ごく稀に単発が続いたり

設定6が3連チャンの壁(奇数連突破が10%だったかな?)を突破し


朝イチに7連チャンくらいしてしまいますと

打ち手が完全に迷子になってしまう事もあったので面白かったです。





・・・そんな時は当時の”設定6が分かりやすい2大巨頭”である

カイジ頼みになりましたね。


パチスロ画像 4号機カイジ
©ロデオ カイジ




4号機のカイジも、設定6がエクストラ設定になっていまして

『300G以上ハマりにくく、連チャンもしにくい』

という特徴が有ったので

当時の末尾イベントで重宝された1台でありました。




・・・まあ、カイジにも罠がふんだんに用意されておりまして

朝イチにストックを飛ばされた状況で営業を開始されたりすると


早い時間帯で設定6を見極める事が出来ないことも多々ありましたので

やはりホール対ユーザーの戦いは

ホール側が圧倒的に有利だったという事ですね。





・・・南国育ちで面白い特徴と言えば

他のストック機はボーナスを放出する際に

『ボーナス放出時に振り分けで抽選する』

という台が多かったのですが


南国育ちの場合は”ストックされた順番に放出する”というシステムだったんですよ。




・・・そして、南国育ちは”多ライン機”という事で

例えストックが飛ばされた状態で営業を開始されても


内部的なボーナス確率が放出されるボーナス確率よりもどう考えても高いので

朝イチ以外では影響を受けにくいのですが・・・




・・・なんと、南国育ちの内部ボーナス確率は設定差が設けられておりまして


『高設定ほどREG確率が高い』


という特徴があるんですよ。



【南国育ち ボーナス出現率・機械割 】 

ボーナス出現率

BIG出現率

設定1 : 1/314
設定2 : 1/300
設定3 : 1/275
設定4 : 1/245
設定5 : 1/232
設定6 : 1/230


REG出現率

設定1 : 1/439
設定2 : 1/421
設定3 : 1/388
設定4 : 1/344
設定5 : 1/308
設定6 : 1/292


BIG成立確率

全設定共通 : 1/169


REG成立確率

設定1~4 : 1/238
設定5 : 1/204
設定6 : 1/184



機械割

設定1 : 94.1%
設定2 : 96.4%
設定3 : 100.3%
設定4 : 107.3%
設定5 : 112.2%
設定6 : 113.3%




・・・そんな訳で、ストックを飛ばして設定6を使うお店や

高設定の投入頻度が高いお店の南国育ちの機械割は

発表の機械割よりも少し低いものになるのです。




・・・まあ、南国育ちの設定6は面白いので

例えストックが飛ばされていようとも

当時の打ち手は喜んで打っていましたね。


・・・むしろ、そこまでして設定6投入にこだわってくれることに感謝です。




・・・また、南国育ちは当時の台としては珍しく

通常時の小役確率に設定差が設けられていたのですが


・ベル

設定1 : 1/7.9
設定2 : 1/7.9
設定3 : 1/7.8
設定4 : 1/7.8
設定5 : 1/7.7
設定6 : 1/7.2


・・・設定6を狙う上ではベル確率に差が出るよりも

先に挙動で判断できることが多かったので

当時の打ち手には無視されていた要素の1つでもありました。




当時の僕はオリンピア系の台を打つことが多く

”秀樹に夢中”などの台にも小役確率に設定差が設けられていましたので

僕はベルの確率を数えながらプレイしていましたね。



・・・せっかく台が与えてくれる情報は1つも無駄にしない精神です。





4号機の南国育ちの魅力的だったところとして

昨今の台とは違い”設定6以外にも魅力がある”という事も言えるでしょうね。




当時の4号機の設定6は

他の設定と比べると、台の仕様が違うと言えるほど特殊な仕様になっている台が多く


設定6を打っていると”安定感や安心感”を得る事は出来ますが

必然的に大連チャンなんかが発生することも少なかったんですよ。

※ドキドキ島は特例です




・・・それとは対照的に、南国育ちの設定5や設定4は

低設定よりも初当たりが軽く、連チャンモードに突入しやすい


・・・それでいて設定4は連チャンモードに突入すると継続率が高いという特徴が有ったので


『安定感なんてクソ喰らえ、連してナンボだろ!』


という、沖スロ狂の中には

中間設定を好んで打つという人も多々存在していました。




・・・しかし、お察しの通り設定4を狙うということは

設定公開が有れば良いのですが

低設定を打つ時間も必然的に増えていきますので

収支が安定しない立ち回りだったのです。




・・・まあ、そんな小さなことよりも南国育ちは


『レバーを叩いたら光る、蝶が光れば連チャン!』


というシンプルながら完成されたシステムでしたので

当時の打ち手は好んで打った1台なのでした。





・・・そして南国育ちにも

4号機時代の文化(?)である裏モノの魔の手は忍び寄ります。



裏モノに改造するといっても

南国育ちはもともとが連チャンをする仕様ですので

ちょっとやそっとの改造じゃ打ち手は満足しません。




・・・そこでブ千切れた”カバン屋”と呼ばれる天才であり闇の商人は

とんでもない裏モノを開発するのでした。



それでは裏モノの仕様の一例を紹介しましょう。


・通常時はコイン持ちカット、その分を連チャンに上乗せ(千円当たり18~19G)

・通常時はBIGもカット、その分を連チャンに上乗せ(え?)

・と言う訳で、初当たりはREGのみ

・平均連チャン8連以上(BIGは380枚ですからね)

・その代わり天井が浅い(500Gだったかなあ)





・・・楽しそうだろう?



この台はマジで投資がエグイことになりますし

やっと勝ち取った連チャンがショボ連で終わると絶対に勝つことが出来ません。



・・・なので、1日中しっかりと台と向き合うというよりは

『投資金額を決めて1発勝負』

みたいなことが多かったです。



・・・じゃないと簡単に破産しちゃいます。




南国育ちのヒット以降、それまでに発売された島娘などの評価も上がり

ホールに再設置されることが増えていきました。


・・・そして悪魔の台”NEW島唄”のヒットにも繋がっていくのです。




・・・ちなみに、最近では当たり前のように使われている

”連チャンモードに飛ぶ”という表現も


南国育ちの蝶が飛ぶことから名付けられたものだと思われます。




・・・今回はここまでとします

それでは!
関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
14位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
7位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

03 ≪│2021/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト