FC2ブログ

記事一覧

バカラで”数時間の間に3000万円負けた先輩”のお話とゴト師の初カジノ



僕が昔、サクラをやっていた時の事です。



その時のメンバーは


・元々僕が居たコミュニティ

・僕の先輩の地元のコミュニティ


と、2つのグループで形成されており

数の上では圧倒的に僕の先輩の地元の人間が多かったんですよ。




・・・そして面白いのが、僕の地元のコミュニティというのは

『圧倒的に育ちが悪い』

という人間で構成されていたのですが


僕の先輩の地元のコミュニティは

『高学歴の人間ばかり』

で構成されていたんですね。





・・・しかし、さらに面白いのが

先輩の地元のコミュニティの人たちは

『恐ろしいほどのギャンブル狂』

そんな人たちだらけだったんですね。


画像 チップ カジノ
※イメージ画像 カジノ



彼らは順調に大学まで通った挙句

なにかの拍子でギャンブルを覚え

その魔力に取りつかれてしまったのです・・・・






・・・そんな彼らと過ごす日常は、至る所で賭けが開催されました。



パチンコ屋に行けば

『昼までに出玉が少ない人間が昼飯を奢る』

ですとか

『一番勝った人が出玉を総取り』

のような友人間で行ってはいけない、破滅的な賭けが日々開催されていました。




・・・そんな賭けを繰り返していると

どこかで賭けの勝ち負けを巡り

誰かが不機嫌になったり、揉め事が起きたりしそうなものですが



僕らの中で、賭け事の勝ち負けは神聖なものであり

一度参加した賭けの結果にアヤを付けることはご法度でした。




・・・そして、賭けに負けて不機嫌になろうものなら

『ダサい奴』

というレッテルが貼られてしまいます。



・・・どこかでみんな、賭け事に対しては潔かったのです。





そんな彼らはギャンブルの規模もどんどん大きくなり

中には務めている会社のお金で”先物取引”を行い

破滅寸前まで追い詰められた人も居ましたね・・・・

※詳しくは下記リンクよりどうぞ

過去記事リンク:サクラのエピソード



追い詰められたというか、完全に自分が蒔いた種なんですけどねw

ギャンブルをする人間の考えは怖ろしいものが有ります。



ギャンブルをする上で一番ダメな事は

『負けたお金を惜しむ』

という事なんですよね。



失ったお金を取り戻そうとすると

少し分が悪い勝負でも、理性を失って突っ張ってしまうことが有りますし

そのままズルズル負ける展開が多いですね。



・・・損切りを出来ない人は大きな額を賭けてはいけません。







サクラグループの中には株やFXの類の合法ギャンブルにハマる人も多かったですが

僕らの中には”裏カジノ”にハマる人も多く

僕らとトランプは切っても切れない存在でしたね・・・



そんな中、タイトルにも載せてあるように

僕が当時一番慕っていた先輩が

『カジノで一日に3000万円弱溶かす』

という大惨事を起こしたんですね。




・・・その時の僕は、風俗店で働いていまして

先輩がお店に顔を出してくれたんですよ。



その時の先輩のポケットにはゴムで束ねられた札束がゴッソリ入っていまして

僕が先輩に

「いくら持って来たんですか?」

と聞くと先輩は

「2~3000万くらいかな?」

と言っていました、豪気ですね・・・



そして先輩は僕に

「カジノが終わったら飯でも行くぞ」

と言ってくれたのですが


カジノから帰ってきた先輩は無一文になっていまして

ご飯を奢るどころか精神に異常をきたしていましたw



・・・さすがに一日に数千万円失うと、人間は正気ではいられないようです。




・・・そして、面白いのがその先輩は


『なぜか全財産を失ったカジノでディーラーデビューする』


というウルトラCを決めてくれたのです。




・・・彼らと過ごす日々は予想外の出来事の連続で

本当に面白いモノでした。





・・・そんな中僕のカジノ事情は?と言いますと

スロットのスタイルも

『設定が分からない台には突っ込まず、高設定を地道に打つ』

という感じで、ギャンブルがあまり好きではない僕は

サクラ時代にカジノに行くことはありませんでした。




・・・しかし、先述の3000万円負けた先輩の知り合いのディーラーが

僕の地元に飲み屋をオープンしたんですよね。


先輩を通じて、その飲み屋のオーナーと仲良くなった僕は

オーナーさんに連れられる形でカジノデビューを飾ることになったのでした。



・・・行ったカジノはもちろん

3000万円負けた先輩がいるカジノです。



カジノではオーナーのお金で遊ばせてもらっていたのですが

戦果の方はと言いますと、最初に預かったチップを倍にしたところで

投資分のチップをオーナーに返し


勝った分のチップを大勝ちするところまで賭けていたのですが

惜しくもチップをすべて失う形になり、引き分けという結果に終わりました・・・




・・・カジノでは何をして遊んでいたかと言いますと

みんなご存じ”バカラ”というトランプを使ったゲームをしていたんですね。


バカラは日本で言うと”カブ”のようなシステムのゲームで

細かい条件は沢山あるんですが

”数枚配られたカードの1の位を9に近づけた方が勝ち”

というルールになっています。



・・・細かいルールはディーラーに任せておけば問題なく遊べます。


そして、バカラの見どころといえばやはり

『そのテーブルで一番多くかけた人が賭けの主人公になれる』

という点がバカラで面白い所であると思います。




バカラの勝負は

『親対子』

になっていまして、テーブル上に配られるカードは

お客さんが何人いようが、親と子に分類されるカードを2セット配り

”親カードと子カードのどちらが9に近いか?”

それを予想してベットするんですね。



そこら辺はプレイヤーそれぞれにカードの選択肢がある

ブラックジャックやポーカーとは違う点ですね。



・・・そして、裏返したカードをめくる権利が

その卓で一番高額のベットをした選手に与えられるんですよ。


この行為を”カードを絞る”という風に呼んでいるみたいです。




・・・そして、カードを絞る方法なんですが

これには激熱演出が搭載されています。



・・・ただ与えられたカードをひっくり返すだけなのに

”演出”

というと、経験のない方には難しいかもしれませんね・・・




拙い知識ですが説明していきましょう。




まずはトランプのカードを見ていきましょう


画像 トランプカード
※一般的なトランプ



トランプは意識しなければなんとも思わないことですが

よく見ると共通する性質があるのです。


その性質とは


・絵札がある

・数字の1はトランプの真ん中に柄がある

・数字の2と3は中心に縦に絵柄が並んでいる

・数字の4~10はトランプ上部だけ見ると2つ絵柄が並んでいる

・数字の4~10はトランプ横側の絵柄の数が違う


・・・という特徴があるんですね。





そして、バカラは絶対に2枚カードが配られて

10以上の数字は全て10と数え、2枚のカードの和を出し

1の位が9に近い方が勝ちというルールなんですが



画像 バカラ ルール
※バカラの数の数え方



例えば、一枚目に配られたカードが1番数の多い

10以上の数字が来たとしましょう。



・・・って事は、2枚目のカードが9であれば文句なしに勝ちですね?

そこでプレイヤーは”カードを絞る”という行為に出ます。



画像 カード絞り 横
※カードを絞る様子



・・・上記の絞りの結果は激寒ですね。

先ほどのトランプの特徴では、9の数字は

『トランプの上部に2つ絵柄がある』

という特徴がありますので


上部に絵柄が1つしか見えない上記のカードは

今回の場合はハズレという事になります。



・・・今回欲しかったカードは上部に絵柄が2つ

さらにサイドは


画像 トランプ 4サイド



こんな感じで4つ絵柄が見えると

このトランプは9か10に絞られますので

1/2の確率で大勝利という事になります。





バカラはこんな感じで、1枚目のカードから絞る方向を決め

自分で演出を決めることが出来たのです。



・・・いきなり横から開けたりするのも良いでしょう。

カードを絞らずにオープンするのも、ジャグラー的な感じでたまには良いと思います。



・・・しかし、バカラにおいてはカードを絞るという事は

同じテーブルに居る他のプレイヤーの命運も握っていることになりますので

絞る権利を与えられた人はエンターテイメント的な要素を求められることも多々あります。



・・・それまでの場の流れを見極め、チャンス告知にするか

完全告知にするかなどを決めるのです。




・・・プレイヤーが上手く演出を出来る人ならその卓は

普通にバカラをするよりも楽しくなりますが


絞る人がファッキン空気が読めない人間だと

場が覚めてしまうので注意が必要です。


違法賭博のバカラですが

そこは”大人の社交場”のようなステキな雰囲気であることが多いです。



・・・そんなところに来るお客さんは余裕がある人が多いですしね。



良くも悪くも”どんな人種も来る”というパチンコ屋さんとは

裏カジノの客層は異なっているんですな。




カジノは良い所ですよ!

飲み物や食べ物など、ギャンブルに使うもの以外はお金が掛からないところが多いようですし

最初に借りるチップもおまけして多くくれる所が多々あります。



カジノは色々な意味で”非日常”を味わえるので

海外に行った際にはカジノに行ってみたいと思うようになりました。



台湾のパチンコ屋さんには似たような雰囲気の所があるようですね!

食べ物のサービスなどがあるパチンコ屋さんが存在しているようです。





皆さんもどうせ行くなら正規のカジノでゆっくり遊ぶのが良いと思います。


・・・あと、注意してほしいのは


『カジノは絶対にイカサマをしている』


という点を覚えておいてください。



カジノに行く際は勝とうなんて思わないで

『遊びに行く』

という気持ちで行くことが精神衛生上良いかと思います・・・




カジノのイカサマの話は次回以降に更新しますね!

それでは!
関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
16位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
8位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

04 ≪│2021/05│≫ 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト