FC2ブログ

記事一覧

初心者から中級者向けのパチスロの豆知識



先日、クラセレを打っていた時に


パチスロ画像 クラセレ
©アルゼ クラセレ


隣の台で”一枚役c重複REG"を出している人が居たんですね。





それを見て僕は

「羨ましいな、クラセレは設定2も有れば楽しめますな。」

なんて思いを抱いていたのですが・・・





・・・僕はそこから30分を過ぎた頃にある違和感を覚えます。





その違和感の正体とは


『隣の台にスイカが出現しない!』


という物でした。





僕はパチスロを打つ時に、聴覚で隣の台の調子を探るというか

メイン役はともかく、設定差の有るレア小役くらいは

周囲の台の状況を把握しているんですね。




そして隣の台は設定差が大きい”1枚役C重複のREG”を出していることもあり

「もしもヤメていったら移動しようかしら」

なんて気持ちでいたので、入念にチェックしていたのですが



・・・30分間スイカを揃えている様子が無かったんですよね。







スイカ確率は設定1でも1/60くらいの抽選確率ですし


【クラセレ スイカ確率】

設定1  1/59.96
設定2  1/57.34
設定5  1/54.12
設定6  1/49.99



隣の台はまだ1回ですが、1枚役C重複のREGを引いていますので

設定1よりももう少し良い確率でスイカが出ても良いはずなのに


30分間、回転数にしておよそ300回転強の間スイカが成立しないのは

ありえないとは言えませんが、考えにくい事象でしたので

バレない程度に間接視野で隣の人の打ち方を観察していたんですよ。

※間接視野≒横目で見る




・・・観察を続けているとその人は


『延々と中リールのバッドポイントを押している』


という事が判明しました・・・




クラセレのリール配列を見ていきましょう

パチスロ画像 クラセレ リール配列



まず第一に、パチスロのリールは4コマしか滑りません、逆に言うと4コマも滑ってくれます。

リールには21個しか絵柄が無いので破格です。




そして5号機のパチスロの特徴に”成立役は最大限引き込む”という規定が有ります。






4号機時代以前は

『スイカは2コマしか滑らないよ!』

ですとか

『ボーナスフラグ成立ゲームは変なテーブルを参照し、絵柄が揃いにくくするよ!』

なんて台の仕組みが有ったのです。



しかし、5号機の仕組みは本当に親切ですので

『基本を理解していればどの台にも応用できる』

という特徴があるんですよね。


・・・これで、台の横にある小冊子とはおさらばですね。





先日クラセレを打っていた時の隣人は

どう言う訳か、左リール鳥上段狙い時に小役がダブルテンパイした時に


パチスロ画像 クラセレ ダブテン
※参考画像


中リールに赤7上のスイカを枠下あたりにずっと狙っていたんですよ。




そこを押してしまうと、次のスイカまで11コマありますので

永遠にスイカが揃うことは無いんですね。



中リールにスイカは2つしかありませんので

しっかりと狙う事が大事です。

等価なら300円、缶ジュースが2本買える枚数ですよ!




もう1つリールの特徴として頭に入れておくべきことは


『例外もあるが、5号機はリールに絵柄が4つある時はフリー打ちで取りこぼさない』


という事です。



これは、各リールに絵柄が4つ均等配分で配置されていると

滑りコマと絵柄の個数の関係で、必然的に取りこぼしが発生しなくなります。





・・・ただ、例外がありまして

『成立ラインが限定されていない時に限る』

という特徴が有ります。




これはどういうことかと言いますと、クラセレで例えると


パチスロ画像 クラセレ ダブテン

上記の画像のように、角にスイカが止まっている場合

クラセレのスイカはフラグが1つですので

ハサミ打ちをすると、ストップボタンを押した位置によって

スイカが”斜め受けと並行受け”の2つのパターンを取るんですね。




・・・しかし、順押しをしてしまうと

中リールを押した時点でラインが限定されてしまうので、右リールにNGポイントが発生してしまうのです。


右リールの青7付近が危ない箇所ですね。





普段はハサミ打ちをすることで右リールで有利な状態・・・

『小役を受けるポイントが2つあるので、フリー打ちをして誤魔化せる』

という利点を無意識に活用しているのですが


ライン限定をしてしまう事によってこの利点を放棄し

各リールにスイカを目押ししなければならなくなってしまうのです。



ハナビとリール配列が似ているからといって

クラセレでハナビと同様に順押しで消化する子もを数多く見てきました。



ハナビは暖簾絵柄がスイカの代用になっていますので

順押しで消化をしても右リールの目押しが不要なんですよ。




パチスロ画像 5号機 ハナビ リール配列



右リールを見て!

スイカと暖簾を合わせると5個もある!

・・・これは盤石ですね。






こんな感じで、スロットには

『絵柄、機種が変わっても不変の仕組みがある』

という事を理解していれば

新しい台に触る時などに

システム上、困惑することが無くなり

『台の演出や楽しい部分だけに集中できる』

という風にステップアップ出来ますので


パチスロを楽しむという観点から見ても、

ある程度はパチスロの仕組みを理解しておいた方が良いと言えます。




パチスロを打っている時に何も考えずに

『この機種は左にバーを押して右を押して、小役がテンパったら真ん中も狙う』

ではなく、

そこに”なんでこうするのか?”と疑問を持ち、解決することが大事だと思います。





そして深い所でパチスロを理解すれば

『自分だけが知っている楽しみ方』

を発見したり

『思いもよらない攻略法』

ですとか、ネットに出回っているよりも楽な打ち方を自分で発見する事ができるようになるので

パチスロがさらに面白くなるはずです。




そしてパチスロとの接し方も

『あの演者がこうすると面白いと言ってたからやってみよう』

という受動的な接し方よりも面白いモノになって行くと思います。





みなさんも面白い打ち方などを見つけたら教えて下さいね!

それでは!
関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
14位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
7位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

04 ≪│2021/05│≫ 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト