FC2ブログ

記事一覧

パチスロ4号機 『古代文明シリーズ』 バベル編


今回は前回のお話に続き

パチスロ4号機の『アルゼ、古代文明シリーズ』より

バベルを紹介させていただきます。


パチスロ画像 バベル
©アルゼ



この機種は”ストック機”に分類されるんですが

仕様がめちゃくちゃ特殊なんです。




通常時のボーナスはほぼBIGを放出し

”連チャン中にだけREGを放出する”という仕様の台なんですが

連チャン突入のハードルもそこそこ高い上に

(BIG放出時の1/5~1/2)



スペックが複雑な仕様という事で、

当時はそれほど人気が高い台ではなかったんですよね。




⇩内部確率と機械割


【BIG確率】

設定1   1/240
設定2   1/240
設定3   1/240
設定4   1/240
設定5   1/240
設定6   1/240


【REG確率】

設定1   1/240
設定2   1/240
設定3   1/240
設定4   1/240
設定5   1/240
設定6   1/240


【機械割】

設定1   95.5%
設定2   99.0%
設定3  102.8%
設定4  107.7%
設定5  111.1%
設定6  132.9%



この機種はREGではほとんどモード移行をしないので

連チャン中のREGは得をする仕様になっているのです




⇩天国モード時ボーナス振り分け

【BIG選択率】

設定1  47%
設定2  43%
設定3  39%
設定4  35%
設定5  31%
設定6  39%


【REG選択率】

設定1  53%
設定2  57%
設定3  61%
設定4  65%
設定5  69%
設定6  61%

・REGの放出は80プレイまで

・BIGの放出は144プレイまで




BIGを引くと、設定1ではBIG時の1/1,4で天国モードから転落しますし

設定6でもBIG時の1/2で転落してしまうので

「一生REGが揃え!」

と願う、なかなか珍しい台なのでした。





・・・そして、連チャンのカギをREGが握っているという事で

バベルも昔からの伝統に習い”設定5は荒波仕様”になっていますので

天国モード時のREG選択率は設定5が一番高いというのも

本機の特徴でした。





そして、僕の友人がバベルの実機を持っていたのですが

やはり家スロというものは設定6で消化するので


バベルの内部確率は、BIGとREGともに1/240となっており

けっして低い確率ではないのですが


(※キンパルなど一部の台は内部確率が 設定1で BIGが1/290 でした)
 
( 逆に、巨人の星や南国育ちの多ライン機は合成確率が1/100切ります)



ストックが空の状態から、設定6でバベルを回すと

どうしてもREG不足の事態が訪れるので

その対策として、バベルの持ち主の友人は自分の親に


『ボーナスを揃えないでずっと回させる』


という虐待行為を強いていたのでした。

・・・とてもやさしい親ですよね!

そして酷い息子ですw




パチプロ目線ではバベルは勝ちにくい台でしたね!



バベルは


・BIG中の小役確率

・通常時の小役確率


この2点に設定差が有ったのですが


⇩BIG中の小役


<白7&3連チェリー>

設定1  1/7.1
設定2  1/6.8
設定3  1/6.5
設定4  1/6.3
設定5  1/6.0
設定6  1/5.8


<ハズレ確率>

設定1  1/6.3
設定2  1/6.6
設定3  1/6.8
設定4  1/7.1
設定5  1/7.5
設定6  1/7.8



⇩通常時の設定差の有る小役確率


【2連チェリー】

設定1  1/292
設定2  1/277
設定3  1/264
設定4  1/252
設定5  1/240
設定6  1/230

【3連チェリ-】

設定1  1/585
設定2  1/546
設定3  1/512
設定4  1/481
設定5  1/455
設定6  1/431




・・・こんな感じの設定差なので

BIGを複数回引くころには、手遅れになっていることも多く


通常時をたくさん消化しても

『設定が上か下か』

というのがなんとなく見えてくるだけなので

僕は設定狙いではバベルを敬遠していました!



・・・当時のホールには、設定が分かりやすい台は他に有りましたのでね!





・・・しかし、一緒に旅打ちに行ったりしていたN君が

どう言う訳かバベルにドはまりしてしまいましてw




普段の僕らは、月に60~80万円くらいの収支を安定して得ていたのですが

なんとN君は、バベルを2か月間打ち続けて

『マイナス60万円』

という負債を記録してしまったのですw




僕が当時通っていたお店には、バベルが6台ほど設置されていたのですが

平日は、高設定に見える台はもちろん有りませんし

イベント日でも高設定の台は、有っても1台で


その上に、ホールが使っている高設定が設定6なのかは分からないという

どう考えても不利な状況でN君はバベルと戦っていたんですよ。





・・・そんなに楽しい台なんですか?バベルってw

正直、今回のお話にバベルが出てきたのも

完全にアステカのバーターですからねw




そういえば、N君は特定の機種にハマる事が多くて

バベルの他には、4号機の”キャッツアイ”をめちゃくちゃ打ち込んでいたなあ


パチスロ画像 キャッツアイ
©サミー



N君がキャッツアイを打ち込んでいた時は結構勝っていたんですよ。



でも、それはキャッツアイは普段から稼働が良くて

ホール側の扱いが良かったからなんですよね。




・・・バベルは人気が有る台ではなかったので

あんまり高設定を使っていなかったんだろうなぁ。



勝ちに徹するためには

特定の機種しか打たないという事ではなく


ホール側の意図を読み取り

ホール側が”出玉を出してほしい台”を見抜いて、旬な台を打つ




そういう事が必要ですよね!

頑固になったり、熱くなったりすると収支は上がらない

そんなことを教えてくれたバベルのお話でした・・・



⇩ランキングサイトへの応援をクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
23位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
11位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

02 ≪│2021/03│≫ 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト