FC2ブログ

記事一覧

使ってはいけないお金を、パチスロに使ってしまった後輩



20151205221727fb7.png



こんにちは!


ブログの引っ越しによる不具合で大変迷惑をおかけしたことをお詫びいたします!

一応、解決しまして

今のところ問題なくサイトは動いているのですが

まだ細かい不具合などがあるかもしれませんので、予めご了承ください・・・









さて、今回は誰しもが経験のある(無い?)


”このお金使ったらどうなっちまうんだろう?”


という局面を迎え、実際にそのお金を使って

成功したあっさり目のパターンと

がっつり失敗したパターン、その両方を紹介していきたいと思います!







まずはつまらない成功パターンから。



一緒に東京に行ったS君のお話です。


彼は17歳で”地元のホストで水商売デビューする”という

そこそこ面白い経歴の持ち主なんですね。

・・・完全にアカンやつですw








そしてホストをやっていると、女性関係が派手になってくるんですな。

当時のS君は若い上に、元々が

”爆弾処理班”

として地元で名を馳せた”理外のB専”であり




・・・その”来るものは拒まぬ”という、菩薩の心からか

当時はお付き合いしている女性が3人いたんですよ。

お察しの通り全部ブスなんですけどね
 





そして、彼女が増えるとお金はかかるもので。



特にクリスマス等のシーズンになると

参院を相手するという、スケジュール管理もさることながら

金銭面でも彼は頭を悩ませていたのです。







ある日僕はいつものパチンコ屋さんに居ました。

十代の頃の僕は女嫌いで

世間はクリスマスと言えど、そんなのお構いなしに僕はスロットを打っていたわけです。


全然寂しくなんかありませんでした

本当に寂しくなかったです!






そんなパチスロを打っている僕の所にS君が来ました。

当時はパチンコ屋がみんなの遊び場であり

”行けば誰かは居る”

・・・パチンコ屋はそんな状態でしたので、アポなしで誰かに会うのは日常茶飯事。




僕は特に気に留めることもなく、普通にS君と話していると・・・




なんだかS君に余裕がないんですね。

僕はS君に何があったか聞いてみました

するとS君は





「彼女が三人いるのに二千円しかない」



と僕に言いました。




・・・知るかそんなもんw

完全に自分の蒔いた種ですよね。





彼が言う事には、


➡親に一万円借りる

➡別のパチンコ屋さんで残り二千円になる

➡怖くなり帰る(?)



そして現在に至る・・・





らしいですw






そんなことを言われてもお金を貸す気にもなれず

完全に自分で蒔いた種なんでね!

嫉妬ではないです、これだけは言える。





僕は彼が

「お金を貸して」

と言うまでアクションは起こさず、

・・・むしろそう言われてもお金を貸すつもりはあんまりありませんでした。

完全に冷たい態度を取っていたんですよ。






そうしているうちにS君は居なくなり

僕が彼の存在を忘れた数時間後・・・




・・・またしてもS君が僕のところに来ました。






僕は

「やれやれ、仕方がないやつだ」

・・・と、財布に手を伸ばそうとしたその時でした。





S君は僕に

「アレックスで3000枚出たよ~」

と言ったのです!






・・・こういう悪運の強い人っていますよね。

僕の知り合いではS君ともう一人いるんですよ。



正直、ギリギリの状況になっている時点で羨ましくはないんですが

そんな状況でBIGを引いたら、メチャクチャ脳内物質が分泌されるんだろうなあw

負けたパターンが怖いので味わいたくないですけどねw









さて次は残念パターンを紹介しますよ!




僕は友人が店舗型の風俗店を何件か経営していたので

それを手伝うシーズンがあったんですよね。






その風俗店には、もちろん僕以外の従業員さんもいまして

系列店全部で十人くらいの従業員が居たんですよ。




当時の僕を含めた従業員は歳も近く

みんな仲良しだったんですね。


変な人も多い夜の世界では珍しいんじゃないかなと思います。

仲がいいだけで変人の集まりだったことには変わりませんがねw








その時代は、パチスロでいえば四号機時代の末期

”パチスロ北斗の拳”

が史上最大の設置台数を記録した時でしたね!



北斗の拳

©SAMMY






パチスロに活気のある時代でしたので

僕以外の従業員もよくパチスロを打っていたんですよ。



・・・収支の方は散々だったみたいですけどねw

原作も世代ド真ん中といこともあり、みんな夢中で打っていました。





お店の事を紹介すると、

僕らのお店は大きいチェーン店なんかではなく

かといって、小さすぎることもない平凡なお店だったんですよ。



そして、お店には早番と遅番があり

翌日の営業の早番の人が次の日の釣銭を預かり

そのまま早番に出勤する・・・・




そんな流れで日々の営業をこなしていたんですな。





・・・なんでつり銭のお話をしたって?

僕にも分かりません。

話を続けましょう・・・







ある日僕は早番での業務を終え

翌日の早番でもある後輩のM君と一緒に帰っていたんです。




その日は僕の運転で帰路に就いたのですが

M君は僕に

「時間もあるんで、パチンコ屋覗いていかないっすか?」

と提案しました。





ぼくもかなりの好き者の上に

当時はハイエナが出来る機種もたくさんあったので

M君の提案に乗り、パチンコ屋に寄る事になったのです。







僕は店内を徘徊していると

M君はやはり”北斗の拳”を打つ様子。



M君は台に座り、コインサンドにお金を入れようとしました。








・・・・なんか様子がヘンです。



M君は財布からお金を出さず

見たことがある”100均のメッシュ状の袋”からお金を出しました。






・・・そうです、M君は”翌日の釣銭で勝負しようとしていた”のですw

それも流れるように自然に。

僕という監視の目がありながらw





僕は笑っちゃいました。

そして止めません

この物語の行く末を見たかったのです。





そしてそんな無茶な勝負をする人の末路は大体決まっていて

M君もその例に漏れず

翌日の釣銭をすべて使い切ってしまいました。






・・・そして何が恐ろしいかって

M君は顔面蒼白なんですよw

こいつ勝とうとしてやがったというか、完全に勝つと思っていたみたいですw




中毒者の考えは怖ろしいですね。

どう言う訳か

「自分だけは負けない!」

なんて気持ちがあるみたいです。



・・・負け続けているはずなんですけどね。





そんなM君に同情した僕は

彼に釣り銭を補填できるだけのお金を渡し

M君を家に送り届けその日は解散したのです。





僕は面白いものも見れたし、人助けも出来たんで

その日はいい気分で寝れましたね!

次の日は遅番なんでゆっくり寝ることにしました。






次の日、僕は前日の良い気分をそのままに

風俗店の遅番の勤務に向かいました。

なんて清々しいんでしょう・・・





・・・なんか様子がヘンです。




そこには冒頭の画像のような変わり果てた姿になったM君が居ました。





・・・そうです、彼は僕が渡したお金で釣り銭の補填をせず

家に帰ってからパチンコ屋さんに”再出勤”し

何を思ったかお金を使ってしまったらしいのですw





・・・僕は、予想を出来ない行動をするM君が大好きでした。

他の従業員にも恐ろしいエピソードが沢山ありますので

これから紹介していけたら・・・

と思います。




今回も読んでいただきありがとうございました。

次回の更新もよろしくお願いします!


20151205221727fb7.png

⇩ブログ村、さわってごらん?


ブログランキング・にほんブログ村へ






人気ブログランキングへ


PVアクセスランキング にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
12位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
7位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

07 ≪│2021/08│≫ 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト