FC2ブログ

記事一覧

四号機史上、最高級にかっこいい台?





・・・突然ですが、みなさんはどんなパチスロ台が好きですか?



僕は過去記事でも触れたように

”フラグ持越し”

という機能が好きなんで


4号機時代にリリースされた初代の”BANGBANG”や

同じく、大都技研がリリーした”SHAKE”等の機種を当時は好んで打っていたんですよ。




パチスロ画像 4号機 バンバン
©大都技研





パチスロ画像 4号機 大都技研 SHAKE シェイク  
©大都技研



過去記事 SHAKE






・・・僕が好きなパチスロのゲーム性はそんな感じだったのですが

それと同時に、当時から僕はパチスロで生計を立てていましたので


好きな機種を語る際には

”勝ちやすい台”

という要素も多分に含まれてしまいます。



・・・そして、今回の記事で紹介する台は

『勝ちやすさとゲーム性が高レベルで融合している機種』

だと個人的には考えているのですが・・・





・・・皆さんはこの機種をご存じでしょうか?






パチスロ画像 4号機 ストック機 高砂 デスバレー
©アビリット




【BIG出現率】
設定1   1/392
設定2   1/371
設定3   1/362
設定4   1/338
設定5   1/309
設定6   1/288

【REG出現率】
設定1   1/1607
設定2   1/1742
設定3   1/1100
設定4   1/1333
設定5   1/946
設定6  1/1224

【機械割】
設定1   95.2%
設定2   97.6%
設定3   99.9%
設定4  102.7%
設定5  108.3%
設定6  111.4%




パチスロ画像 4号機 ストック機 高砂 デスバレー 筐体アップ画像
※カッコ良くないですか?






・・・この機種は”デスバレー”という名称で

高砂社から2004年にリリースされました。







・・・世界観とゲーム性が好きで紹介することになったデスバレーなのですが

実は、僕はハイエナでしか稼働した事が無いんですよ。





・・・というのも、この機種自体が少しマイナー気味で

『どこのお店にも設置してある有名機種』

とはとても言えない


むしろ、設置を探す方が難しいレベルの機種だったので

とてもじゃないですが、この台には高設定を期待することは出来なかったんですよね・・・






・・・ちなみに、僕がハイエナしかしていないのにも関わらず好きな機種は

”デスバレー”の他には”モグモグ風林火山”という機種しかないのですが


上記の2機種はどちらも

”ハイエナ性能が優秀で、技術介入で他者と差をつけれる”

という特徴を持っています。




パチスロ画像 モグモグ風林火山
©ネット モグモグ風林火山









・・・そして、この2機種に共通する技術介入とは

『ビタ押しでリプレイ外しをすると、リプレイを外しつつ小役を取得できる』

という斬新な仕組みでした。

※要ビタ押し
















・・・ここからはデスバレーの内部システムについて語って行きましょう。



本機種は同時期にホールに設置されていたストック機である

”吉宗”や”SHAKE”に比べると天井が浅く (ボーナス間1280プレイ)


さらに、天井に近いゲーム数で引いたボーナスはほぼBIGとなるため 

比較的、波の緩やかな部類の”大量獲得&ストック機”であったと言えます。






・・・しかし、穏やかな出玉速度の裏には弊害もありまして

”連チャンモードの天井は400ゲーム弱”

といった感じで、他のストック機よりもかなり長い設計になっているので


吉宗などの機種と比べると

出玉増加スピードがマイルドなものになっています。






・・・デスバレーのBIG中は

打ち手のレベルに合わせたリプレイ外しの方法を選ぶことが出来まして


・初級者は、左リール3連赤7図柄でハズせるが成功率80% (スイカ取得率も80%)

・中級者は、左リール黒7を狙うと100%でハズすことが出来る (スイカ取得率は0%)

・目押し上級者は左リールのスイカをテンパイラインにビタ押しすると、100%でハズせる+15枚役のスイカが獲得



上記の手順から自分に合った難易度を選ぶことが出来ます。








・・・そんな(?)デスバレーと僕の思い出は

本当にハイエナしかないですね・・・





・・・そうそう、当時はなぜか”ギガフィーバー”や”海一番”のように

”連チャンゾーンが浅くて、即ヤメもできる”

このような仕様の”ハイエナを養う為の台”が多かったんですよ。





・・・すると(?)、そういう台には張り付くガチ勢が沢山湧いてしまうので

僕のような草食動物は台にあぶれてしまう事になりますから


爆心地での競争を避け

細々と勝てる台を探しているうちにデスバレーと出会い


打ち続けるうちにデスバレーの面白さと

独特の世界観に惚れ込んでいったという訳なんです。






・・・そもそも、個人的に高砂(アビリット)というメーカーが好きな事も

デスバレーにハマる原因だったのかもしれません。



・・・高砂から発売された機種では

Aタイプの009も好きですし、グルクンという高砂の名を冠したストック機も大好物でしたし・・・



・・・ナイルパニックも高砂でしたよね?

僕は”小役の集中”も大好物なんですよ・・・



関連記事:集中機




・・・アルゼやサミーなんかの有名メーカーが発売した機種も良いですが

たまにはマイナーなメーカーの台も良いですよ。


皆さんはマイナーメーカーを舐めているかもしれませんが

彼らが開発した機種の中には

かなり作り込まれている機種もありますからね。



・・・まあ、星の数ほどのクソ台に埋もれて見つける事は難しいのかもしれませんが

そんな苦労も、良台を見付けた時の喜びでチャラになります。





・・・マイナー機種といえば

五号機ではマタドールが結構刺さりましたなあ・・・



パチスロ画像 5号機 北電子 マタドール
©北電子








・・・たまには冒険も良いものですよ。




今回はここまでとします

それでは!









関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
5位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
4位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

01 ≪│2024/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

スポンサーサイト