FC2ブログ

記事一覧

ゴト師ブラック企業に潜入する PART2



こんにちは!




前回のお話で友人を助けるという大義名分で

忙しい友人の会社を手伝う事になったゴト師ですが、

ここからなかなか体験できない事を連続で体験することになります。





僕は友人に給料の確認をしました。

後々お金でもめるのはめんどくさい・・・

というよりも僕は

他人とお金の話をするのが大嫌い

なんですね。



これは20代前半の「エコノミックアニマル的ゴト師」時代の反動から来るものだと思われますw

そんなこんなで、給料を友人の太郎君に聞いてみると

「日額8000円しか出せない」

・・・と言いました。





・・・ん?

日当8000円ですか?




頭を整理してみましょう。

まず大前提として『太郎君の会社は忙しいから僕を呼んだ』という事があります。

忙しいってことは、資金繰りが苦しいわけではないな・・・

そんな企業が30歳の大人を一日拘束して8000円・・・



・・・きっと半日くらいの仕事なのね!




僕はそう思い太郎君に

「君、勤務時間は何時から何時までなんだね?」

と聞いてみました。




・・・すると太郎君は

「朝八時から、夕方17時までだよ」

と言いました。




ほう・・・

フルタイムですか・・・







僕は怖くなり、時給換算をやめました。



しかしこの戦いは『人助けの戦い』であり

僕にも

給料をもらって体を動かせる

というメリットがある!




・・・と、当時は考えましたが

今思うと、僕はなぜか入社前にブラック企業に染まってしまっていた様な気がしますねw


そんなこんながありましたが、

僕は太郎君に手伝いに行くという旨を伝え

短期間の条件付きで、太郎君の仕事を手伝いに行くと決めました。







・・・さあ、はじまりますよ。


フリーザ

©集英社 鳥山明





マジでここからはマグマでした。

まずは就業時間から攻めましょう。






太郎君が僕に伝えた

「朝八時から夕方17時まで」

という勤務時間は、初日に破られることとなりますw






まずフルタイムの場合

「労働者は定期的な休憩を与えられる」

・・・という規則があり、

休憩時間も法律?法令?によって細かく決まっているのです。



しかしどうやら、太郎君の会社は日本の会社ではないようで

これらの規則を守ることはありませんでした。






例として

「12時10分に休憩に入るから、13時10分まで休憩をとる」

という事なら別にいいかとも思うのですが、



太郎君の会社は

『何時に休憩に入ろうが、昼の仕事は13時から』

・・・という鉄の掟があるようでして。




僕も先輩たちに習い、休憩時間は少なく取るようにしていました。







そんなことがあっても僕は

「きっと帰る時間を早くして帳尻を合わせるのね!」

なんて思っていた時期も、初日の帰りの時間まではあったのですが

当たり前のように、帰る時間も17時をオーバーし

18時30分なんかに帰るのはザラでしたw






そしてかわいそうな僕は

「こんなに働いたんだから給料は多くなるのよね!ワクワク」





・・と思っていましたが、皆さん

ここからがマグマなんです。

なんと


太郎君の会社には残業時間という概念が存在しない


という時間の概念を捻じ曲げる魔法をマスターしており、

僕の給料はどれだけ働いても日給8000円。

こちらの約束はきちんと守る、なんとも律儀な会社なのでした。








そしてさらに驚くのが

『給料が足りない』

という事件が給料日に起こります。

働いた日数×8000円しても

封筒に入っている額と合わないのですw





そしてここにも巧妙な罠が張り巡らされていて

『給料明細などの類は混入されておらず、封筒を開けたら最後、

事後の給料に対する申し立てはむしろ、僕の言いがかりのようになってしまう』




・・・というパチンコ屋さんの換金所ルールがここにも適用されていましたw

僕は今まで培ったパチンコ屋さんでの経験を生かすことはできませんでした。悔しい!








そんな職場ですが、仕事中は楽しかったですし

ちゃんと働いた日にちをカウントしてくれればまた行ってみたいですけどね。

・・・完全に染められてしまってますねw







そんなブラック企業は

「これで60連勤」

なんてワードも行きかうほどに、社員さんの勤務実態はイカれていましたが

僕は休みを取りたいと思えば、いつでも休んでパチンコ屋さんに行く事を許されていたので

どうしても外せないイベントの時は、手伝いには行かず

パチスロを優先させていたのでした。






そんな時に僕がお世話になったのはこの台





みりごぜうす

©MIZUHO




ミリオンゴッドのゼウスVerですね!

ミリオンゴッドシリーズの中では世間的に不人気だったように感じましたが

僕は好きでよく打ちに行ってました!




このゼウスVerが不人気なのには理由がありまして



・純増が少ない

・ミリオンゴッドシリーズとしては異色のゲーム数上乗せがメイン


・・・という、シリーズ固有の特徴を持っていまして

それを受け入れられない層も一定数存在していたのでした。







僕はこの台でひと月の収支が100万円を超したことがありまして

僕にはなかなか、思い出深い台となっているんですよね。

ひと月と言っても計7~8回しか打っていないので時給はかなり良いんですよ!






みなさんんもパチスロを打っている時に

『今日はなんでも引けるぜ』

なんて思う時期はありませんでしたか?



僕はたま~にこんな時期がありまして、この無敵期間の事を

僕の出身した地域にちなんでエンペラータイムと呼んでいます。

対旅団特化です。




・・・僕のエンペラータイムは数年前の一月(january)にやってきまして、

普段の僕は夏にヒキが強くて、冬は逆に弱いのですがね

ゼウスVerの設置があった一月(january)に神になったわけですよ。




普段はヒキが強い時期があっても僕は低姿勢に

「神様、今日もありがとうございます」

なんて感じで謙虚にビスマルクのマネなんかをして過ごしているんですが、



・・・調子に乗ってヒキが落ちるのが嫌!っていうオカルトなんですけどねw

良い事を言っても大体当たらないし、悪い事だけ想像通りに起きるのが人生なんで・・・







しかし、ひとたびエンペラータイムを察知した時期の僕は友人に

「今日はゴッド三回揃えるぜ」

と、まるで別人のように驕りまくり

それでも本当にゴッドを三回引けちゃう

むしろ五回引いちゃう・・・

そんな神のようなシーズンがたまにあるんですよ。






そんな僕は低設定でも出玉をゲットし

高設定を運よく掴んだらもっと出す。

そんな繰り返しでかなり勝っていましたね!

その時期は僕のホームに、ゼウスVerが2シマ有ったりと力を入れていたのも原因の一つと言えるでしょう。






ゼウスVerの他の特徴としては

『ゴッドゲーム中にモードが落ちない』

という特徴もあります。




ゴッドゲームの初当たりを引くと、複数セットのゴッドゲームを獲得することもあるし

天国モードでゴッドゲームに突入すると、

そのゴッドゲームが終わっても天国モードに滞在し、再びゴッドゲームに当選することもあるのです。




・・・そのかわり複数セット獲得するのは難しいですし

天国モードも下位の天国モードはそんなに続かないですがね・・・


大量出玉を獲得するにはやはり、針の糸を通すようなヒキが必要です。

純増も少ないですしねw





純増枚数は2,2枚発表でしたが、聞くところによると

一ゲーム当たりの純増枚数は1,8枚

なんていう説もありましたので・・・・



ゴッドシリーズは純増が命なんでこれはいけませんねw







みなさんのお勤めの会社はどんな会社ですか?



お子さんが居たりすると難しいかと思いますが

ブラック企業にお勤めの方はすぐに転職することをお勧めしますw



あなたの今の働きを全部自分の給料にしたら

きっと精神的にも金銭的にも裕福な生活を送れると思いますよ!


お互い限りある時間を有効に使えると良いですね!

それでは!






↓モンスト攻略ブログへはこちら

元ゴト師のモンスト攻略ブログ




↓他のサイトへはこちら






人気ブログランキングへ

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
11位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
5位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

09 ≪│2021/10│≫ 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

スポンサーサイト