FC2ブログ

記事一覧

【パチスロ4号機】 2000年の3月に発売された名機たち ~その1~





・・・今回の更新では4号機時代の名機を紹介していくのですが

この時期にリリースされた機種は本当に脂っこいので

何回かの更新に分けて記事を書いていこうと思います。




ちなみに、2000年の3月頃の僕はズブの素人からの脱却を果し

パチスロに対する理解力が深まっていった時期なのですが


それと同時に

そんな自分に悪酔いをしていた時期でもあります。







・・・あの頃の僕は酷かったですよ。


当時の僕はパチスロに対して

”行き過ぎた勝利至上主義”

の持ち主でしたから


その時期の僕は1枚たりともコインを無駄にしないというか

2000年の僕は小役を1度も取りこぼしていないと思います。

(マジで誇張抜きです)






・・・そんな訳で、その頃の僕は

パチスロとは完璧な”合理主義”で付き合っていたのですが


自分自身がまだまだ未熟でしたので私生活とのスイッチのオンオフが出来ず

合理主義&完璧主義のスタイルを日常生活にも持ち込んでしまっていたので

それはそれは、クソみたいな人格だったと今になって振り返る事が出来ます。







・・・そして、そのような悲惨な過去を乗り越えた僕は

現在になると度を越したオカルト野郎にクラスチェンジするのですが


そのお話は次回以降の更新でするとして

ここからは機種の紹介に移りましょう。







『エイトマン (タイヨー)』



パチスロ画像 エイトマン
©タイヨー




【BIG確率】
設定1  1/321
設定2  1/283
設定3  1/273
設定4  1/264
設定5  1/248
設定6  1/224

【REG確率】
設定1  1/585
設定2  1/565
設定3  1/546
設定4  1/529
設定5  1/481
設定6  1/241


※数値はノーマルのもの









・・・まずは、4号機時代を代表する名機の紹介になります。



1機種目に紹介する”エイトマン”は

色々なゲーム性を搭載した機種が多い4号機の中でも

唯一無二と言って差し支えない斬新なゲーム性を搭載した機種でした。







・・・ってか、エイトマンの最大の特徴は

『枠内に停止する絵柄が2つ』

という事でして


エイトマンのゲーム性のほとんどは

リールが持ち合わせている特徴から派生する出目演出等が主だったんですよ。




⇩エイトマンのリール配列

パチスロ画像 4号機 タイヨー エイトマン リール配列 







・・・そして、エイトマンのはその他の4号機と同様に

BIG中のリプレイ外しが絶大な効果を誇る機種でして

その効果は対フリー打ち比でプラス70枚にも上り

完全攻略時のBIG獲得枚数は1BIG=500枚というブチ切れたヤバさ(語彙)だったんですよね。








・・・しかし、エイトマンのリプレイ外しは

”リール枠内2コマ”

という彼の身体的な特徴(?)と手順の複雑さも相まり


必然的に難易度が高くなりますから

リプレイ外しを完璧に遂行する事が出来る打ち手が少ないので

多くのホールは甘い運用をしていたと記憶しています。

(自分自身は負けたことが無いんじゃない?ってレベルです)



関連記事:エイトマンのリプレイ外し















・・・さらに、上記のリンク先の記事にも書いてあるように

エイトマンは多くのホールで裏モノに転生して稼働していましたから


客層が”技術介入系の若手”以外にも広がりましたので

その事実もエイトマンが甘く運用されていた事に一役買っていたんだと思います。







『ロッキー (高砂)』



パチスロ画像 高砂 初代ロッキー 4号機
©高砂




【BIG確率】
設定1   1/298
設定2   1/279
設定3   1/268
設定4   1/257
設定5   1/247
設定6   1/238

【REG確率】
設定1   1/596
設定2   1/546
設定3   1/504
設定4   1/437
設定5   1/410
設定6   1/375







・・・続いて紹介する機種は

高砂のAタイプ機種”ロッキー”になります。




ロッキーは個人的には面白くない機種なのですが

どういう訳か、コアなファンが一定数居るんですよね。









・・・そんなロッキーの逸話(?)として僕が覚えているのが

ロッキーは導入当初告知ランプの存在が認知されていなかったという稀有な機種でして


その特徴のおかげで

当時の僕は少額の小遣いなら、いつでも難なく得る事が出来ていました。








・・・ちなみに、ロッキーの告知ランプは

『筐体右上部の”R”部分が発光する』

という地味なものだったのですが・・・




・・・この特徴と、告知ランプの存在の認知がされていない

さらに、4号機時代に日常的に開催されていた

『モーニングイベント』

の存在が

ロッキーの存在を”400枚払い出し機”に成り上がらせたのです。




リンク:当時の詳しい様子はこちらから








『グッドマンM (岡崎産業)』



パチスロ画像 岡崎産業 グッドマンM 4号機
©岡崎産業




【BIG確率】
設定1  1/431
設定2  1/400
設定3  1/372
設定4  1/349
設定5  1/328
設定6  1/273

【REG確率】
設定1  1/512
設定2  1/512
設定3  1/512
設定4  1/512
設定5  1/512
設定6  1/512






・・・この機種はスペックから考察すると

”大量獲得機”

に分類される台っぽいのですが・・・






・・・僕は設置を見たことが有りません。


前身機(?)の”グッドマン”の無印バージョンは絵柄の物珍しさからか

当時の攻略紙上でも取り上げられていたので知っているんですけどね・・・

(よしおというおっさんが絵柄に採用されていました)





パチスロ画像 4号機 岡崎産業 グッドマン





パチスロ画像 4号機 岡崎産業 グッドマン よしお








『ゴジラ2 (サミー)』



パチスロ画像 4号機 ゴジラ2 サミー 
©サミー








・・・サミーがリリースした”特撮系機種”といえば



・ガメラ

・仮面ライダー

・ウルトラマン俱楽部



上記の機種たちは疑う事が無いヒット機種であると思うのですが

そんな中、今回紹介する”ゴジラ2”は完全に滑ってしまいました。






・・・ゴジラ2が滑った理由として考えられるのは


・パチスロ界が複雑なゲーム性を搭載した機種にシフトしつつある時代だった

・そんな中、Aタイプ機種であるゴジラ2は前身(?)の仮面ライダーの”焼き増し感”を払拭できなかった



・・・こんな所でしょうか?

なんせ、見かけたことは有っても打った事が無い

僕にとってゴジラ2はそんな機種なのです・・・








・・・今回はここまでとします

それでは!








関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
5位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

03 ≪│2024/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

スポンサーサイト