FC2ブログ

記事一覧

【パチスロ4号機】 大花火と僕




・・・今回は4号機時代の思い出を紹介していきます。



リンク:4号機時代の思い出へ





1990年代から2000年代初頭のホールには

”4号機”

にカテゴライズされるパチスロが設置されていました。



そんな4号機のゲーム性の特徴としては

規則にガチガチに縛られ、画一的なゲーム性の現在の遊技機とは異なり


その時代の内規の規定内で最大限の解釈を用いた

様々なゲーム性の台がホールに設置されていたのです。







・・・具体的に言うと、4号機時代にホールに設置されていた機種のゲーム性は


・ボーナスのみのAタイプ機種

・CT機

・AT機

・RT機&ART機

・ストック機

・集中機

・非合法な裏モノ




大まかに言うと、上記のように分類されることが出来るのですが


その中でも当時の僕が好んで打っていた機種は

Aタイプに分類される機種とCT機ばかりでして


平常営業では高設定の投入が難しいAT機や大量獲得機は

当時の僕にとっては敷居が高かったのです・・・








・・・というのも、僕がパチスロを打つ時に最も重要視しているのは

ゲーム性が優れている事も勿論なのですが

『高設定の期待度』

という項目を最重要視しているんですよね。








・・・そんな訳で、現在の僕は

『設定1でも勝てる!(かもしれない)』

的な甘い仕様の台であっても

ほぼ、低設定が確定してしまった状態では粘る事が出来ませんし


4号機時代にニートを量産した

『クランキーコンドル』

に代表される激アマ台ですら

当時の僕にとってはゴミにしか見えませんでした。




パチスロ画像 クランキーコンドル
©ユニバーサル ※1995年設置開始



【BIG確率】
設定1  1/278
設定2  1/264
設定3  1/256
設定4  1/241
設定5  1/241
設定6  1/241

【REG確率】
設定1  1/482
設定2  1/443
設定3  1/410
設定4  1/390
設定5  1/381
設定6  1/381

※設定1の機械割は適当押しで95%だが、フル攻略をすると105%に上昇する。







・・・当時のパチスロ事情で

”クランキーコンドルで終日粘る”

なんて行為は負け犬の発想でしか無いですからね。



今も昔も努力次第で

110%程度の期待値を得続けることは出来ると思います。












・・・まあ、僕にとっては

パチスロはゲームという側面の他に”宝探し”の要素が含まれているから

楽しいという訳なんですよ。







・・・そんな訳で、当時の僕は

フル攻略をすると甘い部類の機種である『大花火』に代表される大量獲得機は




パチスロ画像 4号機 アルゼ 大花火
©アルゼ






パチスロ画像 大花火 4号機 アルゼ 機械割
※機械割はフル攻略時のもの








・・・平常営業のホールには高設定の台があるはずも無いですし

大花火は4号機時代の正統攻略法である


『減算値の差を利用した設定判別』


も効果が無かった事から敬遠していたという訳なのです。





※減算値の差を利用した設定判別=4号機時代の機種は

小役確率ではなく”小役の払い出し率”に差が設けられている機種が有ったので


特殊な打ち方をする事によって、打っている台の小役の払い出し率を探り

台の設定を詳細に判別する事も出来ました







カテゴリ:減算値へ









・・・しかし、そんな狡い僕にも

大量獲得機の高設定の機械割や

『Aタイプの機種と同じBIG確率でボーナスが連打する』

という機種側の”ヤラセにも似た接待”には憧れがありましたので


ホールがイベントを開催する時には

積極的に大花火を狙うようにしていました。







・・・ちなみに、当時のホールが開催していたイベントは

現在のホールがサイレントに開催している

『旧イベント日』

の元になった”ホール全体イベント”の他に


”7の付く日は北斗七星!”

ですとか

”毎月30日は沖スロの日”

等の機種別イベントがありましたので


当時の僕は大花火がイベントの対象台になる日には

欠かすことなくホールに行っていたという訳なんですよ。











・・・さて、前置きはここら辺にして

ここからは当時の僕が

実際に大花火の機種別イベントに参加した時の様子を紹介していきます。








・・・その日は7月7日の七夕でして

地元のホールが年に一度の”花火の日”というイベントを開催するという事で

当時の僕は友人2人と当該ホールに向かう計画を立てます。



そして、僕たちが向かう先のホールは


・小規模ホール (花火と大花火の設置は合わせて24台ほど)

・しかし、高設定の投入は確かなもの

・客層の香ばしさ=☆☆☆ 


上記のような特徴を持ったホールでして


さらに、当日の入場は”並び順”というルールでしたから

僕たちは開店の3時間ほど前にホールへと向かうことにしたのですが・・・








・・・結果的から言うと、この作戦は大失敗でして

僕たちがホールに着いた時には花火系機種の設置台数を遥かに超える人材が

既にお店の前で開店を待っていたのでした・・・








・・・しかし、ここでへこたれないのが若さの特権。


その時の僕たちは既に”パチスロ打つ脳みそ”になってしまっていたので

『弱イベントのお店に3時間並ぶ』

という暴挙に出ます。







・・・僕たちが2件目に選んだホールは

『(その後)4号機時代の中期に廃業した』

という、どう見てもヤバそうなホールだったのですが


その日は1件目に選んだホールに対抗する意識でしょうか?

2件目に選んだホールも”大花火対象イベント”を開催するみたいでしたから

僕たち3人はノリ(入りんな意味)で大花火を打つことに決めます。








・・・そして、その時に連れ打ちをした友人2人は目押しが達者で

共に”ビタ押しの精度が95%ほど”という腕前の持ち主でしたし


当日の僕らは”ノリ打ち”をして遊ぶ予定でしたから

『大負けはしないだろう』

なんて気持ちで、そのホールのイベントには期待していなかったのですが・・・








・・・開店前までの僕たちの考えは良い意味で裏切られることになります。





大花火は先述の通り

『打っている台の設定をビタで当てるのは厳しい』

という特徴を持った台ですから


その時の僕たちが打っていた台の設定が完璧に分かるはずも無いのですが

3人の内の2人はどう考えても中間設定以上は有る挙動でして


特に、僕の台は終日で

『BIG間500Gハマらない』

という最高の挙動で12000枚の出玉を吐き出してくれました。






・・・その時の僕が打っていた台は設定6だと思って間違いないと思うのですが

惜しむらくはそのホールのデータカウンターには

『REG回数をカウントしない』

という特徴が有りましたし


遊ぶことに夢中になっていた僕はREG回数を数えていなかった事から

”設定6である”

というアレ(語彙)の信憑性が低くなるというか

そんなアレも有って、自信を持って”設定6だ!!”と断言できないという訳なのです。









・・・ちなみに、僕の他の台は


・1000枚位浮き

・3500枚程度の浮き


こんな感じのリザルトだったのですが


その日で一番印象深かった事は

『僕たち以外の台はほぼ無稼働』

という事実でして


当時の僕は

大変気まずい思いをしながら打っていたと記憶しています。






・・・なんかさ、空いてるホールで馬鹿出しすると

『僕のせいでお店が潰れちゃうんじゃないかしら』

って気持ちになっちゃうんですよね・・・








・・・まあ、実際にはそんな事はあるはずもないんですけど。







・・・そして、その後の僕たちは

プロが居ないヌルイ状況のそのホールのイベントに味をしめ


大量獲得機がイベントの対象になる時には

足繁く、当該ホールに通うようになりました。








・・・そのホールでは大花火の他にも

『ハイパーラッシュ』

という山佐が発売した大量獲得機の高設定台を打つ事が出来たので





パチスロ画像 4号機 山佐 ハイパーラッシュ
©山佐







当時の僕たちが重宝するホールになっていったのでした・・・




リンク:ハイパーラッシュで起きた遠隔?の思い出






・・・今回はここまでとします

それでは!






関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
5位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
4位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

01 ≪│2023/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

スポンサーサイト