FC2ブログ

記事一覧

【実戦データ】 6号機 『バイオハザード7・レジデントイービル』 設定6の挙動&裏解析を紹介




・・・先日、ホールにて

『バイオの設定6ってどんな感じで判別するんですか?』

と、声を掛けられたんですよ。



そして、それを受けた僕は

「もしかすると一般の打ち手には

バイオの設定6の挙動が認知されていないのでは?」

と感じましたので


今回は”今更感”もあるのですが

バイオハザード7の設定6の実戦時のデータと

設定判別をする上での注意点をおさらいしたいと思います。





パチスロ画像 バイオハザード7
©アデリオン Capcom




【基本スペック】

設定 クライマックスバトル (CZ) 出玉率

1 1/408.6 97.9%
2 1/393.8 99.0%
3 1/385.7 100.8%
4 1/379.8 105.5%
5 1/373.6 108.7%
6 1/375.5 111.0%





・・・バイオ7は導入から月日が流れていますので

各設定のモード移行率や終了画面による設定示唆の詳細は


攻略サイトで簡単に確認する事が出来ますので

気になる方はそちらをご覧になってください。








・・・ってか、個人的には

”終了画面による設定示唆”

この要素を意識して設定狙いを進めることはほとんどありませんから

『見慣れない画面が出現したら確認する』

って感じで良いと思いますよ。




・・・なんなら、設定6が確定する画面が出現する時は

どのメーカーの機種でも


・虹色

・派手な効果音

・キャラ集合


上記の要素が絡むことが多いですから

アツい終了画面を見逃す事なんて無いと思いますしね。







・・・そんな(?)バイオ7。


確定画面以外での

”メーカー発表の数値”

から判別できるのは


一日単位の短い試行では

『設定の高低』

くらいしか分からない事が多いです。






・・・そして、バイオ7は

設定4や設定5の中間設定域の機械割が高く発表されていますので

『中間設定でも粘ればなんとかなる』

と、感じてしまいがちなのですが・・・





・・・バイオ7の中間設定は

実質的にホールに設置されている最低設定の”設定2”と比べても


・機械割の差で”数%”

・モード移行率の差も”数%”


こんな感じの設計ですので

お互いの設定が”上下に1回ずつ反対に数値が振れる”という現象が起きるだけで

簡単に両者の差は埋まってしまいますから


『最高設定の特別な恩恵』


を受けていない中間設定の台で粘ったとしても

安定した勝利を望むことは出来ませんし


少ない実戦で勝利を収めたとしても

『それって、設定の恩恵ではなく自分のヒキでは?』

という疑念を払拭する事は出来ません。












・・・そんな訳で、バイオ7で安定した勝利を目指すためには


『メーカーが発表していない設定6の挙動』


を知り、設定6の台を打つ事が最善の策というか

『ヒキに頼らず、台の性能で勝った』

と実感するには設定6を打つしかないと思います。








・・・そして、メーカーが発表していない

『バイオ7の設定6の特徴』

というのは



『CZ一戦目のシード権』



これに他ならないと思います。







・・・バイオ7の設定6は他の設定と比べると

”CZの初戦負けが明らかに少ない”

という特徴が有りまして


そのデータをさらに細分化すると

『天国モード滞在時以外は”ほぼ”1戦目を突破する』

という挙動をします。





・・・そして、この点が

『バイオ7の設定6のAT確率の高さ』

に直結しているんですよね。

※天国モード滞在時も他の設定よりは突破率が高いです。







・・・そんな訳で、バイオ7を打つ時は

割と真面目に”ATに突入し続けている限りはヤメにくい”という状況が発生してしまうのですが


そこで上手く立ち回るために

”モード移行率”

等の数値を抑えておき


設定6の数値とあまりにもかけ離れた挙動をし

自分が打っている台が”低設定の挙動をしている”と感じた際には

勝っているうちにヤメてしまうという手法が得策であると言えます。







・・・ちなみに、パチンコ・パチスロを打つ際に大事なことは


『高設定の台を捨てない』

という事よりも

『低設定の台を長時間打たない』

という事の方が大事です。






・・・たとえ、高設定の台を捨ててしまっても

勝っている内に止めたなら”欠損”は少なく済みますし


ホールに有る台なんてほとんどが低設定ですから

物凄く堅い根拠でもない限り

見切りは早いに越したことはありません。






・・・あとは、ほら


負債を抱えた後の立ち回りって

逆転を意識しすぎるあまり雑になってしまう事が多いじゃないですか。




・・・例えば、2台目に打った台で

『500枚プラスになった』

としましょう。



そして、その時に


・既に1500枚のマイナス

・700枚のプラス


上記の2パターンの状況だったとすると

”500枚のプラス”

の意味が全く違って来るじゃないですか。






・・・もしも、負債を抱えていた場合

多くの人は”これを元手に、もっと取り返そう!”と考えると思うんですよ。


その台がその後も順調に成長を続ける

”高設定の台”

じゃなかったとしてもね。




・・・雑な立ち回りをする事によって

小さな勝ちをみすみす逃してしまう事も多いので気を付けましょうね。









・・・さて、それでは最後に

僕がバイオ7の設定6を打った時のデータを紹介したいと思います。




【設定6・実戦データ】


1.750G 直撃

2.451G  突破

3.150G  突破

4.490G  突破

5.349G 突破

6.640G 突破

7.日記 休館 480G 直撃 ※謎の文字列は”有利区間突入後1G目の演出”です

8.750G 突破

9.天国 突破 ▶️10へ引き継ぎ

10.100G 突破

11.天国 突破

12.天国 突破 本館 中演出

13.本館 演出なし 天国 突破

14.本館 弱演出 天国 突破

15.旧館 弱 天国 突破

16.天国 初戦負け

17.旧館 日記 天国 初戦負け

18.新館 演出なし 天国 突破

19.旧館 暗転 114G 天国 突破

20.旧館 人形沢山 天国 突破

21.旧館  白データ モードb 直撃

22.0Gスイカ  旧館 演出無し 突破 b▶️23へ引き継ぎ

23.当 (最後の方、雑だな)





【モード別詳細】

・天国モード=14回 突破=12/14回 初戦負け=2/14

・天国モード以外=9回 突破=9/9


※差枚数=約6000枚






・・・今回の実戦時は出来過ぎ感も否めないのですが

これ以上にお利口な設定6も沢山ありまして

『ほぼ天国モード滞在&不敗のまま稼働を終える』

そんな展開もたまに見かけることが有ります。

※友人が後ヅモで8000枚出しました





・・・そして、実戦データ上の謎の項目である

『有利区間突入後1G目の演出』

こちらは、識者によりますと


『モード判別が出来る事がある』


との情報が発信されていまして



特に、”ビリヤード場などの強演出”が発生すると

(実践上)モードAを否定するらしいですから

一応ですがサンプルとして加えておきました。







・・・立ち回りの参考にしてみてください

それでは!





関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
8位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
4位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

07 ≪│2022/08│≫ 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト