FC2ブログ

記事一覧

【パチスロ4号機】 衝撃告知!! パイオニアが誇る名機”兜”の思い出 ※お察しの通り裏モノです・・・




・・・今回は4号機時代にホールに設置されていた名機の紹介をしていきたいと思います。



4号機時代の裏モノの勢力図は

前期から中期に掛けては色々なメーカが混在していまして

まさ”に群雄割拠”の様相を呈していたのですが


時は進み、4号機の末期になると

遊技台の作りが粗悪な弱小メーカーの裏モノは淘汰されていきまして

ほぼ”パイオニア社・1強”の時代になっていきました。

※メーカーと裏モノは一切関係ありません






・・・ちなみに、4号機時代の中期以前に存在していた

”弱小メーカー”

に分類される会社の遊技台は


ホールに長く設置され、経年劣化が進むと

『ナチュラルにリールがバウンドストップするようになる』

といった感じの不具合が発生していました。






・・・ほら、5号機でもディスクアップの特定の筐体は

リールがブルンブルンするようになりましたよね?

ちょうどあんな感じです・・・

※緑パネルはヤバい工場で作ったらしく、粗悪な作りになっていたとの噂ですね。






・・・そして、リールが壊れた遊技台では

『見た目上の停止絵柄と内部的な停止絵柄に差が生じる』

という現象が起きまして


『リール上で777が揃っていないのにボーナスがスタートする』


という事態もたびたび起きました。







・・・まあ、そんな不具合も

当時ホールに設置されていた裏モノを彩るスパイスでしたから

打ち手はほとんど気にせず打っていましたけどね・・・








・・・さてさて、話をパイオニアの機種にシフトしていきましょう。



4号機時代のパイオニア社は

『シオサイ』

をリリースした事で注目されていきまして




パチスロ画像 シオサイ30
©パイオニア ※1998年設置開始





設定1   1/324
設定2   1/297
設定3   1/275
設定4   1/256
設定5   1/239
設定6   1/239


設定1   1/655
設定2   1/655
設定3   1/655
設定4   1/655
設定5   1/655
設定6   1/468


【機械割】
設定1   91.3%
設定2   94.8%
設定3   98.2%
設定4  101.6%
設定5  105.0%
設定6  108.7%

※ノーマル台はバリバリの技術介入機です





・・・その後はハイビスカスランプを搭載した

シオサイの後継機を次々にリリースする事で

独自の路線を築け上げていきます。





・・・そして、4号機時代のパイオニア社は

ハイビスカスランプを搭載していない機種もリリースしたことが有るのですが

そんな機種たちのほとんどは日の目を見る事が無く

マイナー機種として生涯を終える事が多かったのです・・・










・・・しかし、ハイビスカスランプ非搭載機種でも

一定の成功を収めた機種は存在していまして


そんな機種の筆頭こそがタイトルでも紹介した


『兜』


であると僕は考えています。






パチスロ画像 4号機 裏モノ パイオニア 兜
©パイオニア ※2001年設置開始




【BIG確率】
設定1   1/297
設定2   1/287
設定3   1/273
設定4   1/260
設定5   1/244
設定6   1/240

【REG確率】
設定1   1/655
設定2   1/655
設定3   1/585
設定4   1/528
設定5   1/481
設定6   1/364

【機械割】
設定1   93.9%
設定2   95.6%
設定3   98.8%
設定4  101.6%
設定5  105.1%
設定6  109.2%

※数値はノーマルのもの。








・・・兜は4号機時代も後半に差し掛かった

2001年からホールに設置され始めました。



・・・正直、兜の見た目は相当カッコいいと思います。



そして、兜の良い所でもあり

4号機時代にパイオニア社が発売した機種として欠かせない要素は


『ブラックライトに反応する白7』


の存在ではないでしょうか?






・・・4号機時代のパイオニアの白7は

他の機種の3連絵柄に匹敵するくらい視認性が良いと思われます・・・



そして、パイオニア製のパチスロはそんな特徴があったからこそ

老若男女問わず愛されていくことになったのではないかと僕は考えています。





・・・老人にとって”目押しが出来る”というのは立派な台選びの動機になりますし

やっぱり、自分の力で揃えるボーナスは良いですもんね・・・







・・・そして、兜といえば何といっても


『過去最高水準の衝撃的なボーナス告知』


ではないでしょうか?





・・・マジで兜の告知は〇人兵器です

5号機のマタドールの比ではありません・・・





⇩以下YouTubeより






・・・上記の動画の4分辺りを見ると兜の告知を味わう事が出来るのですが

誇張抜きにやり過ぎなんですよwww



マジで何人かの打ち手は

兜の告知で天に召されているんではないでしょうか?











・・・さて、そんな(?)ゲーム性の兜ですが

お察しの通り”闇の商人”の手によって裏モノ化が進みます。


パイオニアとしては愛娘がレ○プをされているような心境で

当時の情勢を見守っていたのではないでしょうか?






・・・とにかく、兜は裏モノ化されて行くのですが

仕様がかなりキツイ台が多かったんですよ。


僕が知っているバージョンでは


・限度の無いベースカット(小役は居なくなります)

・限界を超えるREGカット(二桁引けたら神)

・BIG中の小役カット(2枚掛けで消化した方が良い可能性も)

・連チャンはほぼBIGオンリーで、30G以内の速攻連



上記のようなゲーム性の極悪なバージョンも存在していました。






・・・兜が発売された時期のホールには

AT機など、出玉性能が高い台が数多く設置されていましたから


裏モノはAT機の過激なゲーム性に対抗すべく

”過激&過激”

という方向性に舵を切ってアイデンティティーをアレ(語彙)していたのでした。






・・・そして、裏モノは過激なゲーム性になればなるほど

シマの雰囲気は殺伐としていきますので


兜が設置されていた島の空気は、もう最悪。

日々、地獄の様な光景が繰り広げられていました・・・










・・・当時、ホールに設置されていた兜のゲーム性はそんな感じだったのですが

中にはバリバリに知識介入が効くバージョンも存在していまして

僕の友人は設定狙いで兜にお世話になっている人も居ました。




・・・では、

”知識介入が効く兜はどんなゲーム性だったのか?”

と言いますと・・・







・・・もうね、至ってシンプル

見た目で高設定が完全に看破できるレベルなんです。






・・・2つ目に紹介する兜の低設定は

1つ目に紹介したバージョンと酷似していまして


”あからさまにREGを引けない”


という特徴があり

終日でREGの回数が2桁に到達する事はありませんでした。(断言)







・・・しかし、別バージョンの兜は高設定になるにつれてREGの出現率が上がり

中でも設定6は終日でREGの回数が40回に迫るという特徴がありましたので


本当に立ち回りやすい

なんとも、あからさまなバージョンだったのです。






・・・4号機時代に設置されていた裏モノは設定の影響を受けない機種も多い中

兜は”喰える裏モノ”としてその地位を確立していきました。




・・・これはなかなか良い試みですよね

裏モノはどんなゲーム性も具現化できるのが最高の強みです。







・・・ちなみに、先ほど紹介した兜で食っていた友人は

なんと”ゴッドシオ”の開発者と知り合いだったらしく


他の打ち手よりも早く”周期天井”の存在に気付き

(気付き、ってか開発者に聞いたんですけどね)

相当良い思いをしたらしいですから羨ましい限りです・・・






・・・いつだって持つべきものは友人ですね

人間は一人では何も出来ませんから・・・







・・・今回はここまでとします

それでは!





関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
7位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
4位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

04 ≪│2022/05│≫ 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト