FC2ブログ

記事一覧

【パチスロ4号機】 一撃万枚フラグ搭載! 名機”スペースバニー”の思い出




リンク:その他の4号機のお話へ





・・・4号機を語る上で欠かせないのは

やはり”爆裂AT機”と呼ばれた

『短時間で数千枚の出玉を吐き出す』

モンスターマシーンでして


そんな爆裂AT機のほとんどは

2001年~2002年の初頭にかけてリリースされました。






・・・そして、なぜそれ以降

爆裂AT機が世に送り出される事が無かったかと言いますと・・・



まず、爆裂AT機のほとんどは

”検定の穴を突き機械割を極限まで高めた”

というグレーな仕組みで認定を受けていた事と



爆裂AT機を打つために

消費者金融で借金をする人が後を絶たないどころか


借金を苦に、自ら命を絶ってしまう人が沢山現れてしまった事で

それらの問題が社会問題になった事から


日電協が”自主規制”をするという形で

爆裂AT機の開発&リリースを

各メーカーがしなくなったという訳なんですよ。






・・・そんな感じで爆裂AT機の時代は終焉を迎えたのですが

ここで とあるメーカーが裏技を繰り出します。





・・・そのメーカーは現アルゼ傘下の”ミズホ”なのですが

当時のミズホは1990年に発覚した

”コンチネンタル事件”

の影響だったかな?




・・・とにかく、2002年の時点では

ミズホは日電協に加盟していなかった事から

団体が主導した自主規制の煽りを受ける事が無かったために


モラル的な観点はともかくとして

ミリオンゴッドを世に送り出す事が出来たんですよね。






パチスロ画像 アルゼ ミリオンゴッド 4号機
©ミズホ ミリオンゴッド ※2002年設置開始


【プレミアムGG】

全設定共通 1/8192 (AT500G)


【スーパーGG】

全設定共通 1/4096 (AT50×3~9連)


※ATの純増=約10枚










・・・ミズホが日電協に加盟していなかった事で

ミリオンゴッドのリリースは実現したのですが




パチスロ界を揺るがす問題作であるミリオンゴッドの設置後にも


”一撃1万枚役”


を搭載したパチスロが他メーカーから発売されることになります。







・・・そして、その機種の名称こそ

タイトルでも紹介した『スペースバニー』なのです。





パチスロ画像 4号機 オリンピア スペースバニー
©オリンピア スペースバニー ※2002年設置開始




【BIG確率】
設定1   1/399
設定2   1/381
設定3   1/360
設定4   1/337
設定5   1/312
設定6   1/238

【REG確率】
設定1  1/1260
設定2  1/1260
設定3  1/1260
設定4  1/1260
設定5  1/1074
設定6   1/840

【BT確率】
設定1   1/244
設定2   1/218
設定3   1/198
設定4   1/176
設定5   1/158
設定6   1/96

【機械割】
設定1   96.5%
設定2   99.4%
設定3  102.9%
設定4  107.2%
設定5  112.5%
設定6  119.9% (←当時ありがちな嘘です)

※ATの純増=3枚







・・・なんでオリンピアは

自主規制が決まった後に

スペースバニーをリリースする事が出来たんでしょうかね?



ちなみに、爆裂AT機の中でも”害悪認定”されていた台は


・サラリーマン金太郎

・アラジンA

・ミリオンゴッド


上記の3機種でして

これらの機種はいち早く”検定取り消し処分”を受けたんですよね。

※その影響か、これらの機種はマイルド仕様の代替機がリリースされます。







・・・スペースバニーは上記の3機種と比べると

ATの純増枚数が低かったから許されたんでしょうか?


まあ、細かいは事は僕には分らないのですが

スペースバニーは爆裂AT機亡き後

ホールで大変な人気を・・・





・・・得る事はありませんでした!


というのも、スペースバニーは

各ホールで導入台数が少なかった上に

オリンピアが発表した台(失礼)ですからね・・・・




・・・まあ、色々な理由から

スペースバニーがメイン機種になる事は無かったんですよ。







・・・そんなスペースバニーと僕との関係は


”イベント時の見せ台狙い”


この一点で、僕の注目を集めていました。





・・・というのも、スペースバニーには

”モーニング機能”

が搭載されていまして



そのモーニング機能の恩恵を


・300Pの間 高モード滞在

・ステージ選択

・5000Pの間にジャックポットルーレット発動

・145~400Pの間に天井ルーレット発動



↑ 上記の中から

お店が任意に選ぶことが出来たんですよ。






・・・そして、これは確かなことは言えないのですが

多分 スペースバニーのモーニングは

特典を重複して選ぶことが出来ないと思うんですよね。



というのも、僕が通っていたホールでは

イベント時には

それぞれのモーニング恩恵を搭載した機種が散りばめられていましたので



6台ほどの設置だったスペースバニーの中から

”まだモーニング恩恵が見えていない=JPチャレンジが潜伏している可能性がある台”

という台を

営業中に拾うという立ち回りをする事もありました。






・・・まあ、JPチャレンジの発動するゲーム数は

”1~5000G間”

と幅が広かったので


現実的にハイエナを出来るモーニング恩恵は

”天井短縮”

くらいの物だったんですけどね・・・





・・・そして、そんな仕様のスペースバニーのゲーム性は

簡単に言うと

”ATの抽選が6号機の黄門女神とほぼ同じ”

という趣でした。





・・・ほら、アレですよ

”スゴロク風に進むマスの上で特定の小役を引くとそのマスの恩恵をゲット出来る”

的なゲーム性です。




パチスロ画像 4号機 オリンピア スペースバニー AT抽選1




・・・そして、スペースバニーの最大の目玉である

”JPチャレンジ”

の時には


スゴロクのマスにハズレが無くなり

”1000Gor2000Gor3000G”

の中からゲーム数が選ばれることになりますので



もしも、最大の3000GのATを引き当てる事に成功すると

スペースバニーのATの純増枚数は”1Gあたり3枚”でしたから


めでたく1万枚の出玉をゲットできるという訳なんですよね。

※もちろん、AT中でも上乗せ抽選&ボーナス抽選がされています。






・・・しかし、当時の僕がスペースバニーを打っていた時は

3000GのATをゲットすることは出来ませんでした・・・

※マジでJPチャレンジ行くことがムズいんですよ。



そして、スペースバニーは設定6がエクストラ設定になっているのですが

僕の地元のホールでは

扱いが悪かったスペースバニーは設定6の運用が少なかったので


スペースバニーを打つ時は

やはり、天井やモーニング機能を狙って打つ事が多かったですね。







・・・そして、そんな流れを繰り返しているうちに

スペースバニーはいつの間にかホールから姿を消していました。







・・・まあ、当時の僕がオリンピアの台で好きだったのは

スペースバニーの後に発売されたパトライト系機種だったり



パチスロ画像 島娘
©オリンピア 島娘






・・・スペースバニーと同系統のキャラ系のパチスロでは

マジックモンスターや荒野のマンボウの方が好きでしたから

何の問題も無かったんですけどね・・・

※なんなら個人的には”爆風”の方が好きでした。




パチスロ画像 4号機 オリンピア マジックモンスター
©オリンピア マジックモンスター







・・・そんな訳で、スペースバニーは

サミーから発売されたダブルチャレンジと同様に

”1万枚役”

を搭載していたのですが



爆発への入り口が

ダブルチャレンジなどの台と比べると明確ではなかった事と


そもそも、台が発売されたタイミングが悪かった事で

思ったほどのヒットをする事が出来なかったのでした・・・




・・・ゲーム性は斬新だったんですけどね。







・・・そんな訳で今回はここまでとします。


また次回もお付き合いください

それでは!



関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
8位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
4位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

08 ≪│2022/09│≫ 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト