FC2ブログ

記事一覧

リール制御を楽しみ、収支にも反映させる





皆様、パチスロを楽しんでいますか!

今回はパチスロを楽しむ上で大切な

”リール制御”

のお話をしていきたいと思います。






・・・リール制御の基本を知る事によって

メダルを無駄に使ってしまったりする事を無くしたり

パチスロがもっと楽しくなりますので

暇つぶしに記事を読んでいってください!







・・・まず、パチスロの通常時の打ち方について


”アバウトに押した方が楽しい”


なんて思っているそこのあなた。



それは”まやかし”であり

限りある人生を無駄に浪費しているという事に気付いた方が良いですよ!






・・・まあ、パチスロを打つという行為自体が

趣味であり、時間つぶしの延長ですから

もともと時間を浪費していると言われれば それまでなんですけどね!



しかし、同じように時間を浪費するのならば

どうせなら最大限、有効に使いたいじゃないですか。




・・・そんな訳で

まずはアバウト目押しが如何にゴミかっていう事を

僕なりに解説していきたいと思います。








・・・まず、僕なりに考えたアバウト目押しの良い所といえば


”アバウトに目押しする事によって期待感が継続できる”


という事なのでしょうか?





・・・通常時の目押しをアバウトにする事によって

”本来ならばチャンスでもなんでもない出目に期待感を持たすことが出来る”

そういった楽しみ方が出来るんだと思います。





・・・めっちゃ寒いじゃないですか!


なんでハズレをめっちゃ楽しんでいるんですか?


そんなアクションばかりしていると

全リール停止後にガッカリする事の方が多いですよね?





・・・そんな無駄な行為よりも、しっかりと自分が押したリールの位置を把握して

段階的に興奮出来る方が良くないですか?






・・・まあ、楽しみ方は人それぞれなんですが

自分が目押しをした位置くらいしっかりと分かっていないと


収支的にも、設定看破的な側面から見ても損をする事が多いので

本当はちゃんと目押しをした方が良いんですけどね。







・・・4号機時代にも目押しをキチンとする事によって

楽しみが倍増する機種はたくさんありました。



例を挙げると2000年6月に山佐から発売された


”ハイパーラッシュ”


という機種は・・・







パチスロ画像 4号機 山佐 ハイパーラッシュ
©山佐 ハイパーラッシュ



【基本スペック】


【BIG確率】
設定1   1/348
設定2   1/315
設定3   1/292
設定4   1/273
設定5   1/256
設定6   1/240

【REG確率】
設定1   1/655
設定2   1/606
設定3   1/565
設定4   1/528
設定5   1/496
設定6   1/364

※ツインBIG&4THリール搭載







・・・通常時に複数の狙い目が有る上に

狙う位置次第ではゲーム性さえ変化する、そんな機種でした。






・・・それではここで、ハイパーラッシュのリール配列を見て行きましょう。




パチスロ画像 4号機 山佐 ハイパーラッシュ リール配列
©山佐 ハイパーラッシュ リール配列






・・・ハイパーラッシュのリール配列を見ると

まず、左リールにチェリーが3つ配置されていますので

当時の機種の中では

比較的、チェリーを取りこぼしにくい配列になっている事が伺えます。

※ほとんどの機種は左リールにチェリーは2つでした。





・・・そして、中リールにはチェリー絡みのアツそうなポイントがあり

右リールには安定の”ゲチェナ”が存在しています。






・・・そして、ハイパーラッシュの通常時は

左リールにチェリーを狙ってさえいればどこを狙っても問題ないのですが


当時の僕が狙っていたポイントは


”左リール チェリーが上に付いている赤7を

上段にビタ押し”



ほぼ、その箇所を狙って消化していました。






・・・そこを狙っていると趣味と実益を兼ねた

最高のDDTポイントだったんですよね・・・











・・・ではなぜ、赤7を上段に狙っていると

面白さだけではなく実益を兼ねているか?

と言いますと・・・




ハイパーラッシュのボーナスの構成は

REG揃い時は”白7・白7・赤7”揃いでボーナスがスタートするのですが


僕が狙っている赤7の4コマ先の絵柄を見てみると

そこには輝く白7の姿が・・・






・・・そして、ハイパーラッシュのリール制御は

”ほとんどの場合、成立したボーナスはそのゲームで揃えることが出来る”

という仕組みになっていますので


REGが成立している時に赤7を上段に目押ししていると

4コマ滑って白7が顔を出してくれるんですよね。





・・・ちなみに、赤7が4コマ滑った先にはスイカも居ますから

4コマ滑り時の成立役は

『スイカorREG』

という事になります。







・・・って事はですよ


逆に考えると


”左リール上段に赤7が停止した時は

どんな出目でもBIGが確定する”



という事になるじゃないですか!






・・・しかし、残念なことに


この法則が通用するのは左リールビタ停止時限定という事になりますので


そのアツさを体験するためには

”アバウトな目押し”

という物は天敵になってしまうのです。






・・・このシチュエーションはガッカリしますよ。


左リールの目押しを把握出来ていない事によって

BIGが成立していると思っていたはずが

実際に揃ったボーナスはREGになってしまうと


ハイパーBIGを搭載していたハイパーラッシュでは

その差は最大で500枚程になってしまいますからね。





・・・そんな精神的なショックを受けないようにするためにも

通常時の目押しは大事であると僕は考えているのです・・・








・・・そして、機種によってはこのような楽しみ方が出来ないのも

新台のリール制御を探る上で楽しいポイントでもあります。




例えば、4号機のハナビでは


パチスロ画像 ハナビ
©ユニバーサル ハナビ



ボーナス成立時に左リールの上段に暖簾絵柄をビタ押ししても

4コマ先にある赤七は滑って来ないという特徴がありますので


ハナビを打つ上では

山佐的な楽しみ方は出来ませんでした。





・・・しかし、ハナビを打ち込んでいる人はご存じだと思うのですが

左リールの上段に暖簾絵柄をビタ押しして


そのまま停止した時は


”両ボーナス・ハズレ・氷”


と、成立役を3つに限定できますので



小役状態の高低と合わせて考えると

ただの小役ハズレ目が激熱の出目に化けるなんて事もありました。

※氷は風鈴よりも小役状態に左右されにくかったですけどね。





・・・そして、この楽しみ方は

やはり目押しをキチンとしている事によって生じるものなのです。








・・・そして、これらの楽しみ方・損をしない打ち方は

5号機以降のパチスロでもしっかりと応用できます。








・・・例を挙げると新ハナビですね。



パチスロ画像 新ハナビ 6号機
©アクロス 新ハナビ




・・・新ハナビに搭載されている機能である

”たまやチャレンジ”

というものは


あくまでも小役とボーナスの同時成立の期待を煽る演出であり

ボーナスが確定する訳ではありませんから


たまやチャレンジの演出が発生した時には

3枚掛けで小役とボーナスを同時にフォローする必要があります。







・・・そして、たまやチャレンジや遅れ発生時には

”三連絵柄の長男を左リールの下段に押す”

という手順によって


”小役とドンBIGの同時フォローが可能になる”


そんな手順が有名ですよね。







・・・しかし、ここにはまだ知識介入の余地があります。


実は、新ハナビのボーナス重複には

”BIG毎に重複しやすい小役が設定されている”

という特徴があります。





・・・そして、その大まかな特徴は



『ドンBIG』

・JACリプレイ・チェリーBと重複しやすい

『赤七』

・JACリプレイ時はドンBIGの半分の割合で重複

・RTリプレイ時はドンBIGと同配分

・チェリーA時にも重複の可能性がある


※チェリーA=右リールの中段にリプレイ停止

※チェリーB=右リールの中段に風鈴停止





・・・上記のような特徴がありますので

もしも、赤7orREGの重複期待度が高い時には


左リールの上段に暖簾絵柄を狙う事によって

ロスを少なくする事が出来ますよね。

※4コマ滑って赤七が降り注いで来た時の成立役は

”リプレイ・赤七成立時の風鈴(多分)・赤七”

だと思われます(REG時は左リールの上段に暖簾絵柄が停止しますよね)




・・・そして、このような考え方は

機種によって多少の違いは有れど

色々な台で応用が利きますから


台の基本の仕組みや重複役を頭に入れて置く事によって

ロスが少ない上に、自分だけが楽しむ事の出来る打ち方を

誰でも簡単に考えることが出来ます。





・・・そして、それらの仕組みを理解していると

無駄に解説動画を見る時間が無くなりますから


その時間に他の事を楽しめるようになりますし

何よりも、能動的にパチスロを楽しめるようになります。


そうすると、受け身の姿勢でパチスロを楽しむというアレ(語彙)よりも

もっと充実した時間を過ごすことが出来るような気がします。





・・・どうせ打つなら

”パチスロを骨の髄まで楽しみましょう”

って事ですね


今回はここまでとします

それでは!
関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
5位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

09 ≪│2022/10│≫ 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト