FC2ブログ

記事一覧

【パチスロ4号機】 初代ディスクアップの思い出




・・・5号機のボーナスタイプとして発売され

ユーザーからの絶大な支持を誇るディスクアップですが



パチスロ画像 ディスクアップ筐体
©サミー ディスクアップ





・・・こちらの機種は皆様もご存じの通り

4号機に発売されたディスクアップの後継機としてホールに登場したのですが


実は、5号機のディスクアップは

リメイク機としては4機種目に発売された機種なんですよね。








・・・そして、現在までにディスクアップの遺伝子を注入され

ホールに登場したパチスロ機というものは




まず、2000年に初代ディスクアップが登場し


パチスロ画像 4号機 ディスクアップ サミー
©サミー ディスクアップ



【基本スペック】


【BIG確率】
設定1  1/348
設定2  1/321
設定3  1/306
設定4  1/293
設定5  1/273
設定6  1/238

【REG確率】
設定1  1/2621
設定2  1/2621
設定3  1/2621
設定4  1/2621
設定5  1/2621
設定6  1/2621






・・・その次に、ハイパーリミックスという機種が

ARTの仕様変更を含むスペックの変更と

若干のリール配置の変更を受けてホールに登場します。




パチスロ画像 4号機 ハイパーリミックス サミー
©サミー ハイパーリミックス ※2002年設置開始



【基本スペック】


【BIG確率】
設定1   1/439
設定2   1/425
設定3   1/399
設定4   1/378
設定5   1/362
設定6   1/299

【REG確率】
設定1   1/697
設定2   1/668
設定3   1/612
設定4   1/585
設定5   1/546
設定6   1/478

【機械割】
設定1   96.0%
設定2   98.5%
設定3  102.5%
設定4  106.5%
設定5  111.0%
設定6  119.9%


※全設定共通
4P   1/6
50P  1/8
100P 1/25
200P 1/29
300P 1/31


設定1 1/13
設定2 1/11
設定3 1/10
設定4  1/8
設定5  1/7
設定6  1/4




・・・そして、5号機時代に突入し

サミーは”ディスクアップオルタナティブ”という機種を世に送り出しますが


これは台のスペックと その時期の台の流行りなどが複雑に絡み合った結果

まずまずの良台ながらも

現在のディスクアップのようなユーザーの支持を得ることは出来ませんでした。




パチスロ画像 5号機 ディスクアップオルタナティブ サミー
©サミー ディスクアップオルタナティブ ※2007年設置開始





【基本スペック】


BIG出現率
設定1 : 1/546
設定2 : 1/508
設定3 : 1/475
設定4 : 1/446
設定5 : 1/417
設定6 : 1/388

REG出現率
設定1 : 1/964
設定2 : 1/950
設定3 : 1/898
設定4 : 1/840
設定5 : 1/799
設定6 : 1/753


●機械割
設定1 : 95.8%
設定2 : 97.8%
設定3 : 99.8%
設定4 : 101.9%
設定5 : 104.3%
設定6 : 106.9%





・・・こんな感じの変遷を経て

5号機のディスクアップは登場したのでした。











・・・さて、4号機時代の話をしていきましょうか。


僕は4号機のディスクアップの2機種をまずまず打ち込んだのですが

やはり、初代ディスクアップの方が好きだったんですよ。




・・・というのも、ハイパーリミックスは初代ディスクアップと比べると

基本的なゲーム性は変わらなかったのですが


それに反して、設定判別のしやすさと

ART2000Gの夢が現実的なものになっていましたので

打ち手によってはハイパーリミックスの方が好きだった人も多いとは思うのです。





・・・しかし、僕がディスクアップに求めていた事は


”台の性質上、どんなリーチ目でも成立ボーナスがBIGの事が多い”


という事ですし


そもそも、その現象が面白くてディスクアップを打ち始めましたので

当時の僕はディスクアップを好んで打っていたのでした。




※ディスクアップのREG確率は全設定共通で1/2621

⇩ハイパーリミックスは

【REG確率】
設定1   1/697
設定2   1/668
設定3   1/612
設定4   1/585
設定5   1/546
設定6   1/478

↑こんな感じです。








・・・ディスクアップのボーナス確率は

当時、ホールに設置されていた台の中では異彩を放っていましたので


ディスクアップが発売された時の僕は

ディスクアップが世界で初のART機種という事も相まって度肝を抜かれましたね。


「これからはこんな機種がたくさん登場するのかしら?」


なんて感じですよ、ええ。






・・・今となってはドット演出なんて雑魚の部類なのですが

当時の僕は

リール以外の付加装置が搭載されていたパチスロ機に未来を感じていたのです。






・・・そんなディスクアップ。


ディスクアップは先ほども申し上げましたように

破格に低いREG確率という特徴がある台でしたから


実際に台を打っていた時には

マジで、どんな出目でもBIGが成立しているという印象なんですよ。








・・・というのも、僕がディスクを打つ時には

当時は決まって

”左リール中段に赤7狙い”

という打ち方をしていたんですよね。

※上段に狙うと途端に面白くなくなります





・・・そして、その打ち方をしていて

左リール中段に赤7が停止した時には



・ハサミ打ちスイカテンパイ外れ

・ボーナス絵柄ハサミテンパイで小役ハズレ

・右下にボーナス絵柄(小役ハズレor状況次第でワンスリー)



・・・主に上記のような停止系がチャンスになるんですよね。




⇩ディスクアップ リール配列

パチスロ画像 4号機 ディスクアップ リール配列 サミー

※5号機とほぼ同じ配列ですが、若干の変更が施されています






・・・そして、そんな打ち方の中で

”ハサミ打ち&右リール下段に赤7絵柄”

が停止すると小役ハズレでボーナスが確定するシチュエーションになるのですが


その時って、どう考えても

”BIGのテンパイを嫌った停止系”

になりますので

本来ならばREG濃厚の出目になると思いませんか?






・・・しかし、安心してください

ディスクアップではそんな停止系からボーナスが成立しても

ちゃんとBIGが出てくるのです。



・・・この現象はそういうテーブル制御だったんですかね?


詳しい事はいまだに よく分からないのですが

当時の僕は、そんな不可解な現象が起きるディスクアップを面白く感じるとともに

安心感を持って打ち続けることが出来たのでした。

※5号機でもこの点が再現されていればもっと打っていたなあ・・・




・・・そして、ディスクアップはREGが成立しても

ARTの終了条件は

”規定ゲーム数の消化orBIGの成立”

という仕様でしたので単純にREGを喜ぶことが出来ますし


もしも 通常時にREGを引いても

REG成立時には何の抽選もしていませんでしたから


ディスクアップにとってREGは

”完全なる100枚小役”

という存在でしたので

当時の打ち手は割り切って打つ事が出来ていましたね。





・・・ディスクはそんな感じの台だったなあ。


そして4号機のディスクアップは

もう、本当に甘い台でした。




・・・まず、4号機のディスクアップのスペックは



設定 BIG 機械割

1 約1/348 101%
2 約1/321 105%
3 約1/306 108%
4 約1/293 110%
5 約1/273 115%
6 約1/238 124%




・・・フル攻略をすると、上記のような感じになるんですよね。



さらに、ディスクアップのスペックというものは


”REG確率とARTの性能が全設定共通”


という特徴がありましたので


細かいことは抜きに

”BIGを1/300以上の確率で引けばまずまず勝てる”

って感じで、僕は付き合っていました。






・・・だって、設定なんて判別できませんもの。






・・・しかし、当時の打ち手はレベルが低かったのか

それとも 小銭を拾う事に興味が無かったのかは分からないのですが


僕が住んでいる地域では

ディスクアップをフル攻略で打つ打ち手は少なかったんですよ。





・・・そんな訳で、ホール側はディスクアップを甘く使っていたんでしょう。


当時、僕が通っていたホールには

1日に1台は5000枚オーバーの出玉を獲得出来るディスクアップが設置されていました。

※BIGを1/240の確率で25回も引けば完了です。





・・・僕が通っていたホールの設定状況はそんな感じでしたので

そりゃあ好きになりますよね、ディスクアップ。


導入されてからしばらくの間は

かなりディスクアップにお世話になりましたよ、ええ。







・・・そして、当時の僕は

ディスクアップの状況がかなり甘い状況でも

そんなにがっつく事はありませんでした。


毎日ホールでディスクアップを打つ事はしませんでしたし

たとえ打ち始めたとしても

1日で5000回転を回すくらいが関の山でした。







・・・まあ、これが僕のパチスロとの向き合い方の甘い所なのかもしれません。


しかし、そのお陰かは分かりませんが

ホール側が台の設定を急に閉める事も少ないですし

常連さんとも上手くやっていけているので

”これはこれで良かったんじゃないかな?”

自分ではこんな感じに思っています。






・・・あんまり”がっつく”のはみっともないですもんね。


ピラミッドアイやハナビ通のHを取った際に

これ見よがしに1万回転とかの回転数を稼いでいる

”炊き出し貰い勢”

を見ていると


「うわぁ~」


ってなるじゃないですか。




・・・さすがにそんな目で見られたくないですからね

僕はパチスロ打ちという底辺の中でも奇麗な存在で居たいのであります。


まあ、それは

”下痢と糞、どっちがキレイか?”

そんな事を比べている事と似ていますから

一般人から見たらどうでも良い事なのかもしれませんけどね・・・








・・・今回はここまでとします

それでは!
関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
8位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
4位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

06 ≪│2022/07│≫ 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

スポンサーサイト