FC2ブログ

記事一覧

動画で見る羽根物”ニュートキオ”の約物のクセの解説




・・・今回はアムテックスから発売された羽根物である


”ニュートキオ”


上記の台の約物のクセを考察していきたいと思います。





パチンコ画像 ニュートキオ アムテックス
©アムテックス ニュートキオ





・・・今までに発売されたトキオシリーズの優秀台といえば


大袈裟に言えば

”鳴きや拾いの要素を度外視して

約物のクセだけでなんとかする”


そんな特徴がありました。





・・・トキオシリーズではどんなに釘の調整が良くても

約物のクセ次第では優秀台にもなり得るし

ホールの貯金箱にもなる場合があります。



特に、トキオシリーズの最新作である

”ニュートキオ”と”トキオスペシャル”

この2機種はその特徴が顕著ですし


元々の約物の性能も

トキオプレミアムよりも数段悪い台なのであります。





・・・そんな訳で、ホール側は上記の2機種の約物の性能を殺して

”いくら釘が良くても大当たりが発生しにくい”

そんな調整の台をお店に設置し

ボーダー理論で立ち回っている羽根物初心者のお金を刈り取っているのです・・・







・・・では、ニュートキオのクセが良い台とはどんな台か?


今回は”終日で大当たり確率が1/18”という

超高性能なニュートキオを打った時の経験と


その時に撮影した

”約物内に侵入した玉の動きの動画”

それらを踏まえて台の考察と解説をしていきたいと思います。










・・・それでは、早速

僕なりのニュートキオの考察を開始していきたいと思います。



まず、大前提として

ホールに設置されているニュートキオのほとんどは

お客さんが安定して勝つ事が出来る調整ではないので




ニュートキオの優秀台を簡単に判別するには


”今までの台で見たことがない挙動”


が起きる必要が有ります。




・・・そして、そんな挙動の中から大当たりに直結する動きを見極め

それらの挙動がどれほどの割合で起きるかを確かめる必要が有りますね。



僕が今までに打ってきたニュートキオの

約物内に侵入した後の玉の動きの特徴は



・勢いの付いた玉だけがSPルートに侵入する可能性がある

・ほとんどの玉は約物内の左方向に動いていく




大きく分けると上記のような特徴がありました。






・・・そして、それらの台はもれなくク〇台でしたねwww









・・・次に、今までに発売された

トキオシリーズの優秀台の特徴は


・ノーマルルートでもバンバン当たる

・SPルートに侵入した玉がVゾーンの左方向に外れることが少ない



上記のような特徴がありました。






・・・そして、トキオシリーズは

ラウインド抽選が物理抽選ですので

ラウンド振り分けにもネカセ次第でクセが発生すると思います。



しかし、この点は検証が進んでいませんので確かな事は言えませんが

トキオデラックスの優秀台

誇張抜きで”SPルートの大当たり確率が1/1.1の台”に座った時は

大当たりの半数が3ラウンドだったことを報告します。

※本来は3ラウンドは1/3




・・・ただ、上記の実戦はサンプル不足感を否めないので

参考程度に留めておいてください・・・






・・・さて、それでは今回の実戦の動画を見て行きましょう。

(音量注意)






⇩動画その1







⇩動画その2





⇩動画その3








・・・次に実戦時のデータを紹介します。


大当たり確率=1/18

大当たり回数=64回 (内、僕は20回)

※大当たりの16回がノーマルルート



出玉=およそ2万発

※3ラウンドが18回、10ラウンドは22回


備考:ラウンド抽選時にかなりの奥傾斜を感じた








・・・ざっとこんな所でしょうか?

さらに動画の解説をしていきましょう。

(見にくくてすいません) 




まず、1つ目の動画では


約物内に侵入した玉がタワーの足に触れずとも右に流れていく


という様子が見れると思います。







・・・今回の実戦時には上記のような挙動が多く見られました。


そして、その挙動の玉は

多くの場合

Vゾーン手前のY字の道が少し動いた後にノーマルルートに侵入するので

九時の方向に道が来た時に玉が流れていきやすいですから

必然的に大当たりが発生しやすい状況を産み出す事が出来ます。





・・・そして、3つ目の動画では

通常のクセならすぐに約物内の左方向に玉が流れていくはずが


台が右方向に傾いているために

簡単には左に行かず、粘りを見せている事が分かります。







・・・そして、2つ目の動画は

惜しくもVゾーンに入賞する事が無かったSPルートの映像なのですが


・・・この動画の玉の動きはほぼ大当たりですよね

少しだけアヤが付いただけで

クセが良い台の約物内の動きを体現していると思います。





・・・トキオシリーズの良台には


”Vゾーン左方向に外れそうな玉を

向かって左側の道が軌道修正しVゾーンに導いてくれる”



という特徴があります。

※動画参照



そして、その特徴は

ノーマルルートから侵入した玉にも有効でありますので

優秀台は大当たりを量産する事が出来るのです。







・・・あまりクセが良いとは言えないトキオのSPルートからの大当たりは


”道が下を向いた時に玉が落ちて

まっすぐVゾーンに向かっていく”



という動きをする事が多いですよね。





・・・そして、今回の動画内の玉の動きは

ダメな台でもたまに見ることが出来るかもしれませんが


今回僕が打った台の挙動は

ほとんどが動画内の玉の動きをしていたという訳なんですよ。


パチンコで勝つために大事なのは

台の本来のクセを素早く見極める洞察力だと思います。




・・・最初に少しだけ多く回転数が稼げたり

打ち始めの約物内の玉の動きが調子よくても

それに惑わされてはいけないという訳です。













・・・そんな訳で、ニュートキオの約物の良調整をまとめると



・奥傾斜

・右傾斜




であると言えると思われます。




・・・しかし、それぞれのパラメーターが複雑に絡み合うと

手前傾斜の台でも良台になる事もあり得ますので注意が必要です。



要は


・手前傾斜〇%

・左傾斜〇%


の数値が絶妙な時に

思わぬ良台に巡り合う事が出来るかもしれないという訳です・・・







・・・まあ、それは検証できていないので

可能性があるというだけの話なんですけど


僕の今回の考察を鵜呑みにして

手前傾斜の良台を捨てることが有りませんように

柔軟に対応する必要があると思います・・・






・・・立ち回りの参考にしてみて下さい

それでは!
関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
5位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

10 ≪│2021/11│≫ 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

スポンサーサイト