FC2ブログ

記事一覧

【パチスロ4号機】 パチスロ歴代機械割ランキングに物申す&4号機ハードボイルドの思い出




・・・いやあ、納得がいかない。


4号機時代のパチスロの機械割というのは

なんというか”諸説ある”とでも言いましょうか


機械割の算出方法が違うからなのでしょうか

発表する媒体によって4号機の機械割のランキングに誤差があるんですよね。






・・・今までのパチスロで最高の機械割を誇った機種は

4号機の”神輿”という台でして


パチスロ画像 神輿
©テクノコーシン 神輿 



【BIG確率】
設定1   1/431
設定2   1/409
設定3   1/390
設定4   1/372
設定5   1/356
設定6   1/297

【REG確率】
設定1   1/655
設定2   1/655
設定3   1/655
設定4   1/655
設定5   1/655
設定6   1/655

【機械割】
設定1   96.0%
設定2   99.0%
設定3  102.0%
設定4  107.0%
設定5  115.0%
設定6  119.0%

※メーカー発表値

【白7確率】
設定1  1/1365
設定2  1/1024
設定3   1/910
設定4   1/585
設定5   1/348
設定6   1/172





・・・神輿の設定6の機械割は驚愕の260%とイカれているのですが

神輿はぶっ壊れた機械割よりも


”ミリオンチャンス”


という名称の


突入すれば5万枚の出玉が確定する上に

ホールが任意に仕込む事の出来るモーニング機能が搭載されている事で有名でしたよね。






・・・そんな訳で

神輿が歴代一位の機械割を誇る台であるという事は納得が出来るのですが



テクノコーシンが誇る”ぶっ壊れ台”である所の


”MSガンダム”


が過去の機械割ランキングにランクインしていないのが納得いかないのです・・・





パチスロ画像 MSガンダム
©テクノコーシン MSガンダム ※2002年設置開始


【BIG確率】
設定1   1/431
設定2   1/431
設定3   1/420
設定4   1/400
設定5   1/381
設定6   1/298

【REG確率】
設定1   1/655
設定2   1/655
設定3   1/819
設定4   1/655
設定5   1/819
設定6   1/655

<集中確率>
設定1  1/137
設定2  1/99
設定3  1/126
設定4  1/71
設定5  1/71
設定6  1/27




・・・MSガンダムは4号機以前のパチスロによく(?)搭載されていた

”集中役”

を搭載していた台でして


4号機で集中役を搭載していたパチスロは

クラブロデオやナイルパニックが有名(?)ですよね。




クラブロデオ
©ロデオ クラブロデオ



パチスロ画像 ナイルパニック
©高砂 ナイルパニック





・・・そして、集中役はどんな役割をしているかと言うと

簡単に言えばAT機能と同じようなものなのですが


普通のAT機は普段から小役の確率が一定なのですが

集中機は集中役を引く事によって特定の小役確率がアップしまして


ほとんどの4号機の集中機は

集中の最中に確率が上がった小役をナビを介して揃わせる事によって

出玉を増やすという仕組みの台なのです。









・・・そして、MSガンダムは4号機の設定6の十八番である

”設定6=エクストラ設定”

という特徴を持っていました。



そんな訳で、MSガンダムの設定6は

他の設定よりも格段に”集中”に突入しますので


僕の記憶が確かならば

設定6の機械割は200%に近かったと記憶しています。







・・・しかし、どこのサイトにもガンダムが掲載されていないところを見ると

僕の記憶違いなんですかね?w


人間の記憶力というものは

本当にあてにならないものです・・・・






・・・ちなみに、4号機の機械割BEST5は以下の通りになっています。





[4号機 機械割ランキング]


1位 神輿  (2002年 テクノコーシン) 261.6%

2位 コンチ4X  (2001年 アルゼ) 169.0%

3位 サラリーマン金太郎  (2001年 ロデオ) 159.2%

4位 ギャンブルコンボ  (2001年 アルゼ) 158.5%

5位 ハクション大魔王  (2002年 サミー) 155.5%

※ネットの総意らしいです





・・・4号機時代に機械割が高かった機種は上記の通りなのですが

正直、3位以下は団栗の背比べですよね。


爆裂AT機時代にホールに設置されていた機種のほとんどの設定6は

どの台も機械割が140%を超してきますので・・・






・・・そんな中、ランキング内の機種のほとんどがAT機ながら


2001年にサミーから発売された

”ハードボイルド”

が、ストック機ながら高機械割ランキングに名を連ねています。





パチスロ画像 ハードボイルド
©サミー ハードボイルド 


【BIG確率】
設定1   1/486
設定2   1/446
設定3   1/412
設定4   1/381
設定5   1/352
設定6   1/286

【REG確率】
設定1   1/830
設定2   1/799
設定3   1/771
設定4   1/762
設定5   1/745
設定6   1/720

※設定6の機械割は145%





・・・ハードボイルドのスペックは斬新でして

”ストック+ART機”

として世に送り出されました。



そして、ハードボイルドはストック機という名目ながら

キングパルサーや吉宗のゲーム性とは一線を画し


”ストックしたボーナスは即時に揃えることが出来た”


という特徴を持っていた台でした。

※小役成立時を除く






・・・当時はキングパルサーなどを

”サイレントストック機”

と呼び


ストックしたボーナスをすぐに揃えることが出来る

ハードボイルドやブラックジャックなどは

単純にストック機と呼ばれていましたね。






・・・ハードボイルドが発売された頃のパチスロ機は

Aタイプの機種の設定1のボーナスの合成確率がおよそ1/180ほどでして


比較的ボーナス確率が重たい大量獲得機である

大花火などの設定1でさえ

ボーナスの合成確率が1/245ほどだったのですが・・・




ハードボイルドの設定1のボーナス合成確率は

大花火よりもはるかに低い1/300ほどでしたので


当時の打ち手のほとんどが

ハードボイルドのゲームバランスに慣れ親しむことに時間が掛かりました。






・・・なんせ、歓喜の瞬間が1時間に3回以下しか来ないんですからね。


さらに、当時のパチスロは

現在のパチスロよりも演出の発生頻度が低かったので

当時の打ち手たちは

よくハードボイルドを打ち続ける事が出来たものだと思います。






・・・まあ、個人的には

どうせ当たらない演出ならば必要ないと思っていますので

4号機時代の演出バランスは好きなんですけどね。


そんな僕だから

海物語やジャグラーなどのシンプルな台が好きなんだと思われます。






・・・ああ、そうか

ハードボイルドの通常時は退屈しないと言えばしないですよね。



ハードボイルドの通常時には

目を凝らして液晶を見ていても見逃してしまう様な

”小役orボーナスの背景変化演出”

が発生しますので


当時の打ち手はレア演出を発見するために

液晶とにらめっこをしながら打っていたのでしょう。





・・・そして、ハードボイルドはボーナス確率は重たいものの

一度ボーナスを引き当ててARTをゲットしてしまえば

(ART突入率はBIG時の1/2)


ARTが150Gor1000G継続しますから

150G間はハイパーBIGの期待感を持って遊戯する事が出来ますもんね・・・






・・・そして、かく言う私めは

ハードボイルドの世界観やゲーム性は好きだったのですが


1000GのARTを設置期間内に引く事が出来ませんでしたので

ハードボイルドを打って美味しい思いをする事は無かったのでした・・・







・・・ってか、その頃は面白い台や打ちたい台が多すぎて

ハードボイルドだけを触っている余裕が無かったんですよ。



ハードボイルドと同時期にホールに設置されていた台で

尚且つ、僕がよく打っていた台は


山佐から発売された”サイバードラゴン”ですとか


パチスロ画像 サイバードラゴン©山佐 サイバードラゴン ※2001年設置開始





同じく山佐から発売された”ナイツ”


パチスロ画像 ナイツ 4号機
©山佐 ナイツ ※2001年設置開始




設定狙いなら”サンダーV2”を打つ事が多かったですし



もうね、忙しくてどうにかなっちまいそうだったんですよ。

当時は打ちたい台が多すぎたのであります・・・







・・・当時はそんなパチスロ事情でしたから

買っちまうよね、実機を。



そんな訳で僕の家には

”コンチ4X”

などの実機が増えていったのでした・・・






・・・当時の僕にとっては

パチスロを楽しむにはホールの営業時間だけでは足りませんでしたし


なにより、4号機の設定6の

”エクストラ設定”

というものを体感するために

当時の僕は実機の購入を続けていました。






・・・お金を賭けないパチスロが楽しいかって?

答えは”YES”です。


僕は”本当の名機”というものは

お金を賭けずとも打ち続けることが出来る台であると思いますし


本当にパチスロが好きな人は

お金を度外視でパチスロを楽しむ事が出来る人だと思います。




ホールでしかパチスロを打たない人は

お金だけが好きとは言いませんが

お金が好きという比率が高くなっているんだと思います。






・・・本当に麻雀が好きな人はゲームでも麻雀を打つでしょう?


僕はお金を賭けない麻雀では国士無双しか狙いません

パチスロも麻雀もそんなもんだと思います(語彙)






・・・今回はそんな感じです

次回はハードボイルドと僕の恩人のお話をしていきたいと思います。


暇な方は見て行ってくださいね

それでは!
関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
5位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

10 ≪│2021/11│≫ 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

スポンサーサイト