FC2ブログ

記事一覧

ホールでやってはいけない行為ランキング



今回はパチンコホールで気を付けなければならい

ホールから出入り禁止措置&出玉・貯玉の没収をされてしまうかもしれない行為を

危険度のランキングと解説を交えて紹介していきます。






・・・多くのホールではホールでやってはいけない行為

禁止事項をまとめた掲示板などを入り口付近に掲示しておりまして


・18歳未満の客のホールへの出入り

・飲酒プレイ

・ゴト行為

・プロ行為



という行為を禁止事項とし

上記の行為をホールで行うと1発出禁になる可能性がありますよね。






・・・しかし、上記の禁止事項の

法律に触れるような行為はともかく


”プロ行為”


という禁止事項の線引きは曖昧であり

ホール側の裁量に一任されているというよりも


”ホール側が気に入らない客を出禁にするための免罪符”


として機能している事がほとんどであります。






・・・そんな訳で、今回は

完璧なプロ行為の線引きは難しいのですが

僕の知り合いを含めたパチプロが出入り禁止措置や

出玉の没収を受けた時の様子を交えながら行為別の危険度を紹介していきます。







・・・まず、ランキングの発表の前に


昨今のホールの多くは”出玉の共有の自由”を謳っておりますが

それは家族観や友人間の助け合いを助長するものですので


俗に言う軍団や3人以上のお客さん内での出玉の共有は

ホール側から認められていない事が多いですね。




・・・そして、先ほど紹介した

”プロ行為”

というものは


お客さんがパチンコ・パチスロを打つ時には

”遊技としての側面”

を持たせなければいけませんので


本来は打ち手が勝つために行う


・止め打ち

・台選び&台移動


それらの立ち回りをホール側は認めているのですが

場合によっては出入り禁止の措置を取られてしまう可能性があります。






・・・個人的にはこれらの立ち回りをホールから禁止されると


「黙って負けるはずが無いやろ!」


という気持ちが芽生えますので

実際に店員にそう言ったこともあるので難しい所もあると思うのですが


やはり、パチンコ屋さんの中では

”ホール側がルール”

という前提がありますので

ある程度ホール側の意向に沿った動きをしなければなりません。




・・・特に、僕なんかはホール側から見たら

お客さんと呼ぶにはほど遠い

”ほぼ害虫”

のような存在ですので・・・・





・・・そんな訳で、今回のランキングは

一般のお客さんから見ると縁がない

”パチンコニート視点のランキング”

と言えるかもしれませんが


皆様が複数人数でノリ打ちをする時なんかには

決して、他人事じゃない部分もあるかと思いますので

参考程度に目を通してくださいませ・・・・







・・・それでは禁止事項と危険度のランキングを発表していきましょう!







・第5位 友人間での台の回し打ち



・出入り禁止の危険度 ☆~☆☆

・出玉没収の危険度 ☆





・・・第五位は”友人間での台の回し打ち”になります。


友人とノリ打ちをしている時に

打つ台が一台しかない時にやってしまいがちなこの行動ですが


どうやらホール側は回し打ちをする事に過敏に反応する事もありますし

実際に回し打ちで出禁になった人間も多々居ますので


出入り禁止のリスクを考えると

回し打ちはやらない方が良い行為と言えるでしょう。





・・・そして、これは推測なのですが

回し打ちをする事によって後に紹介する

”出玉共有&会員カード複数所持”

をマイルドに行っているような状況が発生しますので

ホール側から嫌われる可能性があるという事なんじゃないでしょうか?





・・・しかし、上記の行為で出玉の没収まで喰らったという事例は

僕は今のところ聞いたことがないですし


回し打ちに過敏に反応するのは

とあるチェーン店に限られた事象であることがほとんどですので

出入り禁止の危険度はホールによって変わると見て良いと思いますし


実際に出入り禁止を言い渡される前にも

ホール側からイエローカード的な

「それ、止めて下さい」

というお声掛けもあるかと思います。





・第4位 ハイエナ・カニ歩き



・出入り禁止の危険度 ☆☆

・出玉没収の危険度 ☆☆




…第4位はハイエナとカニ歩きです。


これらの行為はパチスロやパチンコで勝つためには大事な戦略であり立ち回りですし

”カニ歩き”

という行為については


「どこまでがカニ歩きなの?」


という、線引きが微妙であるという側面もあります。






・・・しかし、昨今のホールでは

”朝イチの数回転に期待値が詰まっている台”

などが複数設置されていますし


その台だけを狙う輩は

たしかに、ホール側から見ると厄介であると言えます。




・・・朝イチに数回転だけ回された台は

事情を知らない他のお客さんから見ると


「なんか分からないけど、きっとダメなんだろう」


と、打つのを敬遠する材料になりますので

それ以降の稼働が落ちてしまう事に繋がりますんでね・・・





・・・そんな訳で、朝イチのカニ歩きをすると

実際に出入り禁止になる人が多々居るのですが

その場合はイエローカードが提示されることが多いですね。


「カニ歩き、止めて下さい」


的な感じです。





・・・同様に、過度なハイエナ行為も禁止事項になる場合があるのですが

それは”張り付きを伴ったハイエナ”の場合が多いです。



ホールを徘徊中に、回転数が良好な台を拾うのは

正当な立ち回りと言えるのですが


まだ台を打っている最中の他人の後ろで空き台待ちをすると

打っている人にもストレスが掛かますので

他のお客さんに迷惑が掛かっていますから

迷惑行為と認定され、ホールを出入り禁止になるのも仕方ないかと思われます。




・・・そして、これらの禁止事項は

朝イチのカニ歩きの場合、出玉の没収をされたという事例を聞いたことがないのですが


過度なハイエナをした人が


”天井からの爆裂中に出入り禁止&出玉没収を言い渡される”


という鬼のような出禁方法を喰らったことを見たことが有りますので

本当はハイエナなんてしない方が良いかと思われます・・・





・・・そこら辺はマジでホール側の裁量1つなんでね。


先ほど紹介した事例も


”天井で単発=ハイエナ失敗なら放っておかれたかもしれない”


という可能性がありますのでね・・・







・第3位 出玉の共有



・出入り禁止危険度 ☆☆☆

・出玉の没収の危険度 ☆☆




・・・第3位は出玉の共有です。


冒頭でも紹介しましたように出玉の共有は

本来ならば、ホール側から認められた打ち手の正当な権利であるという場合もありますが

実際には出入り禁止を勧告する材料にもなり得ます。





・・・出玉の共有で出入り禁止になる時の多くの場合は

3~4人以上で出玉を共有しホール側から

”軍団認定”

を受けた時に出入り禁止になる場合が多いです。






・・・しかし、たとえホール側が

”3人以上での出玉共有”

を禁止と謳っている場合でさえも


友人間(2人)で出玉を回している時に出入り禁止になった事がありますので

やはり、カップル間や夫婦間など以外で出玉を共有する場合は

注意をした方が良いと思われます。




・・・やはり、そこもホールの気分次第という訳なのです。


そんなうるさいことを言うホールには行かない方が良いのかもしれませんが

軍団行為を禁止しているルールにうるさいホールの方が

設定状況が良い事もあるのが難しい所です・・・






第2位 止め打ち・捻り打ち



・出入り禁止の危険度 ☆☆☆

・出玉没収の危険度 ☆☆☆~☆☆☆☆




・・・第二位はパチンコの変則打ちです。


これはどう考えても打ち手に許された技術介入であり

パチンコが遊技であると言える最大の特徴であるとも思うのですが

ホールによっては打ち手に厳しい措置を取ることが有ります。




・・・ってか、パチスロのビタ押しもそうなんですが

攻略打ちというのは

”バレないように、やっている事を悟られないように行う”

のが基本ですから


捻り打ちをする時に

レースゲームをプレイする時みたいに体も動かすのは

本当にダサいんで止めましょうね、打ち子の諸君。





・・・まあ、体でのパフォーマンスが無くても

ホルコンで大当たり時の出玉の状況がバレてしまいますから

ひっそりとハンドルを捻っても意味がないと言えば無いので

これは見栄え的な問題ですけどね。






・・・とにかく、昨今のホールでは

パチンコの技術介入を認めていない事が多いので

捻り打ちはやらない方が良いでしょう。


捻り打ちをする事によって

”獲得した出玉=禁止事項で得た出玉”

とみなされ、出玉の没収を受ける可能性もあります。






・・・そして、ホール次第では


”保留が満タンなのに打つのを止めることを許さない”


過去にそんなホールもありましたし

その件で出入り禁止になったという悲しい事件もありました。




・・・まあ、これは特殊な事例だと思いますので

気にしなくても良いかと思いますが

実際に起こったことがある事ですので報告だけしておきます・・・






・・・それでは、栄えある(?)第1位を紹介しましょう。






第1位 会員カードの複数所持



・出入り禁止危険度 ☆☆☆☆☆☆

・出玉没収の危険度 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆





・・・第1位は会員カードの複数所持です。




・・・この行為は結構軽く見ている人が多いと思いますし

実際に僕の周りにも会員カードの複数所持をしている人は多いです。



カードの複数所持をする事によって


”制限されている再プレイの枠を拡大”


する事が出来るので

どう考えても、打ち手にはお得な状況が発生するのですが・・・






・・・これ、マジで止めた方が良いです。



僕が知っている限り100%の確率で出玉を没収されています。

むしろ、カードを複数所持しているので200%以上と言っても良いでしょう・・・・






・・・多くの場合、カードの複数所持をしている人は


”現行犯じゃないとバレない”


なんて甘い考えをしているかもしれませんが

大人を、現代科学を舐めてはいけません。





・・・昨今のホールは


”当日発行のプリペイドカードの履歴さえも追える仕様”


になっているんですよ。


そんなハイテクなホルコンですから

どの台でどの会員カードが使われているかなんて把握するのは朝飯前です。



貴方がやっている行為は

”バレていない”

のではなく

”泳がされているor見逃されている”

という訳なのです・・・




・・・そして、この行為は


本来ならばホール側に発生する

”換金ギャップ=ホールの利益”

を阻害する行為ですので

ゴト以外の禁止事項では一番重罪であるとホール側は考えています。





・・・そして、カードの複数所持はもちろんですが


”自分の会員カードを友人に渡し、玉を借りさせる”


そんな行為も危ない行為ですので注意が必要です。






・・・カードの所有者が貸し出しボタンを押しても押さなくても

最終的な結果は見た目上変わらないのですが


僕はその行為で注意されたことが有りますし

違った側面から見ると


たしかに、一瞬ですが

カードを貸した友人がカードを複数所持している状態になる事も確かですからね。






・・・そして、上記の行為は


・出入り禁止

・出玉没収

・貯玉没収



と、数え役満のチャンスですので

くれぐれもご注意ください・・・





今回はここまでとします!

それでは!
関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
5位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

09 ≪│2021/10│≫ 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

スポンサーサイト