FC2ブログ

記事一覧

4号機時代の思い出 『幼馴染からノリ打ち仲間へ』 その86  ~保険会社にハメられたお話 その3 保険会社への復讐~





⇩過去のお話はこちらからどうぞ

リンク:前回までのお話



⇩登場人物の紹介はこちら

リンク:主要登場人物まとめ




・・・3話に渡り続いた僕と保険会社の戦いも

一応は今回でおしまいになります。



今回のお話は前回のお話で紹介したように

”保険会社への復讐劇”

とも言えるお話を紹介していきたいと思いますので

お時間の宜しい方は、どうぞお付き合いください・・・







・・・まず、今回のお話は2000年代中盤頃に起きたお話です。


当時の僕は

先日更新したブログでも紹介しましたように

”若い頃のビワコさん”

にそっくりな女性とお付き合いをしていたんですよ。




人物 パチスロライター ビワコ
※パチンコライター ビワコさん





・・・当時僕が住んでいた家とビワコの家は車で20分ほどの距離でしたので

ビワコと遊びに行くときは

僕が車でビワコを送り迎えしていたのですが・・・






・・・そんな生活をしていたある時

僕はビワコを家に送り届けた帰り道で交通事故に巻き込まれます。







・・・その時の事故は、僕が片側2車線の道路を直進していた時に

対向車がいきなり車線をはみ出してきて


僕が運転していた車と

”オフセット衝突”

のような形で衝突したんですよ。




オフセット‐しょうとつ【オフセット衝突】


自動車の 正面衝突 で、 車体 前面の一部が他の 車両 や障害物に当たるもの。

フルラップ衝突 に比べ車体の スピン などで衝撃自体は削がれるが

居住空間 が大きくひずんで 乗員 に 危害 が及ぶ可能性が高い。





・・・サンキュー、Wikipedia。






・・・とにかく、当時の僕は

一般道を60キロほどの速度で航行していた時に

対向車にほぼ正面衝突であるオフセット衝突をされたのでした。





・・・車のスピードがそこそこ出ていた時に起きた事故ですから

事故後の車はもちろん自走する事が出来ませんでした。


そして、事故でとんでもない衝撃を受けた僕の車のタイヤは

バックトゥザフューチャーの車のデロリアンの様に横を向いていました。



画像 車 デロリアン バックトゥザフューチャー
©バックトゥザフューチャー デロリアン






・・・いやあ、当たり所が間違っていれば死んでいましたね。


事故を起こした時

僕の車は車道を何回転もスピンをした後に停車したのですが

そのおかげで衝撃が逃げて軽いケガで済んだようです。



そして、事故を起こした時間が深夜という事もあり

他の車を巻き込まなかった事も幸運でした。







・・・事故が起きた後の僕は

「とりあえず必要以上に痛がっておこう」

と思い、事故の相手のアクションを車の中で待ちました。






・・・しかし、事故後数分が経っても

事故を起こした相手が車から降りてこなかったので


僕は誇張抜きに

”死〇だのか?”

と思い、相手の車に近寄ってみました・・・







・・・相手の車に近寄った僕は

とりあえず、安否の確認をしてみます。



車を覗き込んで相手の姿を確認すると

体に欠損は無いようでした。



・・・そして、相手が中年女性という事も

併せて判明したのです。







・・・僕はおばさんに


「大丈夫ですか?」


と、声を掛けます。






・・・すると、おばさんの意識はそこそこしっかりしているようですが

どうも受け答えが上手くできないみたいです。







・・・僕はピンと来ました。


そして僕は

「おばさん飲んでるのか?」

と聞きます。






・・・するとおばさんは素直に


「はい。」


と言いました。









・・・相手がお酒を飲んでいると知った僕は


融通を利かせて相手にこう問います


「すぐに警察を呼んでも良いのか?」


とね。





・・・これは相手にも生活がありますし

幸いなことに、僕の方も怪我が少なかったものですから


当時の僕は

相手の意思次第で警察を介入させずに事故を処理しようとしたのですが

今になって考えると完全に軽率な行動ですよね。


・・・二度とこんな選択肢は取らないと思います。








・・・そして、僕が問いかけた言葉におばさんは


「はい、警察を呼んでください。」


と、はっきり言いました。






・・・その時の僕は


「飲酒なのにマジか!!」


と思ったのですが・・・



・・・そりゃあそうですよね。

事故を起こした時は

警察を呼ぶ選択肢しかないと思います・・・







・・・なんにせよ、僕は警察に通報し

警察が事故現場に到着するのを待つ事にしました。






・・・その後は現場検証などが滞りなく進みます。


そして、怪我が軽かった僕は

朝を迎えてから病院で診察を受ける事にしました。







・・・そして、その後の僕は?と言いますと。


当時は親の会社を手伝っていたので

まずまずの額の休業補償を受け取る事が出来ました。


その時に受け取った休業補償の額は

”月に40万円強”

ですね。



・・・そして、多くの人は

”飲酒運転の事故は保険が降りない”

と誤解しがちなのですが・・・



・・・これは保険屋さんに聞いたところ


・たしかに保険金が下りない事もあるが

それは加害者側の話で、被害者は貰える


・飲酒運転で事故を起こすとブラックリストに載り

今後、(自分で?)保険に入る事が出来なくなる




・・・という事を言っていました。


これは直接保険屋さんから聞いたので

信頼できる情報であると思われます。






・・・そして、僕は休業補償を


保険屋さんから

「もう勘弁してください」

と言われても

病院に通い続けて受け取り続けます。




・・・そんな僕が休業補償を受け取っていた年月は

なんと一年半もの月日になりました。




その時の僕は保険屋さんに何と言われようと


「だって、まだ痛いんだもん」


ですとか


「あの事故さえなければ痛い思いはしなかった」


と言い、通院し続けたのでした。


これが

”確固たる決意”

ってやつです。



画像 安西先生 スラムダンク 確固たる決意
©集英社 井上雄彦








・・・そして、暇だった僕は

”保険屋さんにはどこまでワガママが通じるのか”

という事を試してみたのですが・・・

※本来は絶対にやってはダメだと思いますがクズですのでスイマセン




・・・僕が思い付く、大体のワガママは通用しました

これは保険会社や事故の過失割合にもよるのかもしれませんね。


※ちなみに、僕の事故は

お互いに走行している車では珍しく”10:0”だったそうです。




そして、僕が保険会社さんに言ったワガママの中で

実用的だなと思ったのは


”交通費などのお金を立て替えてもらえる”


という事でした。





・・・当時の僕はリハビリに行くために自分で運転するのが嫌なので

車で30分の距離をタクシーで移動していたんですよ。

※完全に嫌がらせです



そして、毎日のようにリハビリに通っていると

僕が立て替えるタクシーの費用もバカ高くなるんですよね。





・・・そんな訳で僕は保険会社さんに


「タクシー代を事前に振り込んでください」

「領収書を渡すので、示談金を渡す時に相殺して」



とお願いしてみました。




・・・このお願いはすんなり通りましたので

もしも、事故を起こして通院するのが大変な時や


事故のせいで経済状況が苦しい人は

保険屋さんに何かしらの前払いのお願いをしてみても良いと思いますよ。







・・・こんな感じで僕は保険会社さんに迷惑を掛けていたのですが

かかりつけの医者の”これ以上は無理だ”という言葉により

遂に示談交渉を開始しました。






・・・ようやく、保険屋さんと休業補償とお別れの時間ですね。



そんな訳で、保険屋さんは僕に示談金を提示してきました

その額はおよそ150万円ほどでした。






・・・その提示を受けた僕は

”まあ、こんなもんかもね”

と思います。


なにしろ、当時の僕は

示談金を貰うまでに保険屋さんから

700万円以上の休業補償を貰っていたのですから・・・





・・・しかし、そんな思いとは裏腹に

僕の口から出た言葉は


「そんな額で納得できるはずが無いじゃないですか」


という物でした。





・・・その時の僕には

”粘ったらどうなるんだろう?”

という思いもあったのです。






・・・結論から言うと

”粘る”

なんて事はしなくても示談金は倍以上に膨れ上がりました。


僕の”納得できない”という言葉を聞いた保険屋さんは

すぐに200万円ほどの金額を提示しなおしてきたのですが・・・



・・・僕が”もう一声!”と言うと

300万円強の示談金を提示しなおしてきたのです・・・





・・・そして、その時の僕が驚いたのは

素人の僕が示談金の交渉をして

実際に示談金の額が増加した事よりも



”その場で、ほぼノータイムで示談金の額が増えていく”


という構図でした。






・・・これ、100%実話ですからね。



きっと、その時の保険屋さんは

僕がゴネた時のためのプランを何通りか用意していたんでしょうね。



・・・少しだけ示談金の天井を見てみたかった気もしますが

まあ、流石にこんなもんでしょう。


僕は納得をして示談金を受け取る事にしました。







・・・そんな訳で、当時の僕は

過去に保険屋さんから騙し取られたというか・・・


・・・保険屋さん絡みで損をしたお金を取り戻す事に成功しました。



皆さんも、ワガママが通るか通らないかは別として

とりあえず要求は伝えた方が良いですよ。



・・・たとえそれが保険屋さんではなくてもね!




今回はここまで!

それでは!
関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
11位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
6位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

08 ≪│2021/09│≫ 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト