FC2ブログ

記事一覧

4号機時代の思い出 『幼馴染からノリ打ち仲間へ』 その86  ~保険会社にハメられたお話 その2~





⇩過去のお話はこちらからどうぞ

リンク:前回までのお話



⇩登場人物の紹介はこちら

リンク:主要登場人物まとめ





・・・前回のお話で、保険屋さんに騙された格好となった僕ですが

今回のお話では

さらに過激な詐欺行為の被害に遭ってしまいます。


リンク:前回のお話




・・・当時の僕は親の会社の手伝いをしていまして

建設業に従事していました。


そして、当時の僕は

親が付き合いをしていた生命保険会社で保険を掛けていたのですが

今度はその保険会社とトラブルになってしまうのでした。









・・・僕は中学生の頃からサッカーをしていまして

その影響もあり

普通の人と比べて腰が丈夫な方ではなかったんですよ。



・・・そして、そんな僕が建設業を手伝っていたものですから

仕事をしていくうちに腰が悲鳴を上げまして

持病のヘルニアが悪化してしまったんですよね。




・・・すると、腰が痛くて仕事がままならない僕に

親がこんな提案をしてきます。


「ただ保険料を払っているのもアレだから

一度入院して腰を治療してきたら?」



との事でした・・・





・・・当時の僕が掛けていた保険は

死亡時にお金が下りるほかにも


入院や通院時に治療費などが支給される、至って普通の保険でしたので

その保険を利用してゆっくり腰を治そうという算段ですね。





・・・そして、親からの提案を受けた僕は

”お金を貰いつつ腰が痛くなくなるかもしれないなんて最高じゃないか”

という気持ちで入院を決意します。






・・・僕が掛けていた保険は

通院するよりも入院をした方が

手厚いサポートを受け取る事が出来たのです。



・・・方針が決まった僕はすぐに入院の手続きをしました。








・・・そして、入院した後の腰の調子はと言いますと


その時の僕はヘルニア患者にありがちな

”坐骨神経痛”

も併発していまして


左足の感覚が鈍く、少し痺れもあった上に

坐骨神経を押されると鋭い痛みが走るような状況だったんですよ。





・・・しかし、入院をして

針治療やマッサージなどの治療を受けているうちに

坐骨神経の痛みは嘘のように消えていき


入院後1か月が過ぎるころには

ほぼ、健常者と同じ生活が出来る所まで回復をしました。






・・・いやあ、最高ですよね

腰の痛みが取れる上にお金も貰えるのですから・・・







・・・しかし、世の中はそんなに甘くはありませんでした。


当時、僕が入院をしていた病院は

親が経営する会社の御用達でしたので

その流れで親にお金の管理を任せていたのですが・・・



・・・入院費の清算の時にとんでもない事実が発覚します。


その時に発覚した事実とは


”過去数か月に渡って保険料が未納扱いになっていた”


との事でした。




・・・そんな訳で、保険屋さんが言うには

今回の入院の費用は保険が適用されず

自費で賄うしかないとの事でした。




・・・その話を聞いた僕は、まず混乱しました。


何をどう間違って保険料が未納になっていたか

当時の僕にはさっぱり見当が付かなかったのです。





・・・そして、これは後になってから判明したことなのですが


まず、当時の僕は保険料の支払いを親に任せていました。


そして、保険会社と会社ぐるみで付き合いが深かった親は

一人の担当保険外交員さんを通してその保険会社と付き合いをしていたそうです。




・・・そして、僕の親は毎月の僕の保険料を振り込みではなく

担当してくれていた保険外交員さんに手渡しをしていたそうなんですが

そこでお金の流れが止まっていたそうです・・・




・・・お金の流れがそんな状況でしたから

当然のように担当者に事情の聴取があります。



すると、担当者の言い分は


「保険料を受け取っていない」


との事でした。







・・・その話を聞いた僕は親に


「領収書は貰っているんでしょ?」


という当たり前の質問を投げかけました。






・・・そして、親から帰ってきた答えは


「もらっていない」


との事でしたw







・・・その答えを聞いた僕は諦めました

領収書が無ければお金の受け渡しの証拠を出すことは出来ないですからね。






・・・しかし、信用を踏みにじられた事に怒った僕の両親は

保険料の授受の証拠が無いので


最後の手段として

保険会社の良心に訴えるべく

担当者と保険会社の偉い人を会社に呼び出し話し合いをする事にしました。







・・・しかし、何を言われても証拠が出てこないので

保険会社の人たちはビクともしませんでした。


きっと相手は対策を練ってこの場に臨んでいますし

プロなのでこういった争いの場は慣れている事でしょう。





・・・そんな状況になる事が分かり切っていた僕は

最初のうちは、親と保険会社の社員の話を黙って聞いていたのですが


埒が明かない事を悟り

保険会社の方に罵詈雑言の限りをぶつけ

親の会社の応接室から追い出したのでした・・・・






・・・ん?

僕がどんな悪口を言ったか気になりますか?



僕が保険会社の社員に行ったセリフは


・盗んだ金で食った飯は美味かったか?

・親が泥棒だと知ったら子供はどんな気持ちかな?

・証拠が出てこないからって随分余裕だな


・・・的なセリフを”激辛大盛り”にした感じです。







・・・そんなこんなで、今回の件で保険屋さんを信用できなくなった僕は

もしも保険を利用する時に我儘を言えなかったり

今後も、今回の件のようないざこざが起きる可能性がありますので

知り合いの紹介で保険に入るのを止めました。




・・・皆さんも事故などを起こした時には

保険屋さんにお金を払って保険を掛けているのですから

保証を受け取る事は当然の権利ですので

どんどんワガママを言った方が良いと思いますよ。



・・・彼らには

”100のことを言ってはじめて80%くらいの要望が通る”

と思っていて損は無いと思います。







・・・次回は、僕が保険屋さんにした

”復讐劇”

とも言えるお話を紹介します。



続く




関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
11位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
6位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

08 ≪│2021/09│≫ 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト