FC2ブログ

記事一覧

4号機時代の思い出 『幼馴染からノリ打ち仲間へ』 その72 ~4号機時代の終焉~




※ヒラ打ちとサクラ活動のお話を並行して進めていきますので

時間軸が多少前後する事もありますのでご了承ください。


⇩過去のお話はこちらからどうぞ

リンク:前回までのお話



⇩登場人物の紹介はこちら

リンク:主要登場人物まとめ








中古車販売業を営むようになった僕らに激震が走ります

なんと、当時僕らが通っていたお店の設定師が

系列店へ移動する事が決まってしまったのです。





・・・多くの場合、パチンコチェーンの設定状況は

個人の設定師が決めることが出来る裁量は限られていまして

決められた割数の中で設定を割り振りする事が多いですし


チェーン店によってはエリア毎に専属の設定師が存在していたりするので

たとえ店長が変わったとしても

お店の設定状況が劇的に変わることは少ないと

当時の僕は考えていたんですよ。












・・・しかし、僕らが通っていたお店の店長は

僕らが考えていたよりも影響力があった人間のようでして

僕らが通っていたお店の設定状況は劇的に悪くなっていきました。





・・・当時の僕らが参加していたメインイベントは

日付ごとに開催されるお店の特定日イベントや


設置台数の3割ほどの台に設定6が投入され

さらに、夜の20時ごろに設定発表が行われるイベントに参加していたのですが


イベント時に設置される設定6の台が

どんどん少なくなっていたんですよね。





・・・というのも、当時の僕らが通っていたイベントは

イベント時の公約というものがお店から発表されていたわけではなかったんですよね。



そして、設定師が移動したことによって

まるで”公約”のように守られてきた設定6の投入台数が

少しずつ少なくなっていったんですよ

これに対しては文句の言いようも無いですけどね。







・・・僕らのノリ打ちグループは、そんなホールの動きを受けて

設定師の移動先のホールの様子を見に行くことにしました。


今まで通っていたホールでも一定の利益を上げることは出来ていたのですが

このままでは尻すぼみになってしまう可能性もありますし

移動先のホールがお祭りを開催している可能性もありますからね。





・・・なんせ、移動した設定師は


”チェーン店内の活気が少ないホールに移動しテコ入れをする”


という名目で異動を繰り返ししている人なので


僕らは次回の特定日イベント時は

いつもと違うホールに行くことを決めたのでした。









・・・設定師が移動した先のホールは

僕らがヘビーに通っていたホールよりも規模が小さく

”パチンコとパチスロの設置台数が併せて300台以下”

という、中規模~小規模店といった様子のお店でした。




そのお店を見た僕らは

「はたして、こんなお店で景気の良い事が出来るのかしら?」

と、疑問に思っていたのですが


初イベントを終えた時点での僕らは


”完全に勝負になる”


といった感想を持っていました。







・・・というのも、そのお店は”テコ入れが必要な小規模店”ということで

イベントに参加する人数が少ない上に

打ち手のレベルも高くなかったので


高設定の台の母数が少なくても

僕らのノリ打ちグループの全員が問題なく高設定に座れることが出来たのです。


・・・設定6の台が人数分あれば充分って事ですね!






・・・そして、僕らには


”設定師の設定投入パターンを知っている”


というアドバンテージもありましたので

朝イチから設定6の台を掴むことが容易だったのでした。





・・・そして、そのお店はテコ入れをしている最中でしたので

頻繁に高設定の投入パターンをずらすことは考えられません。


常連さんにある程度の設定変更のパターンを染み込ませて

お客さんを育てなければいけませんからね。






・・・その点も僕らにとってはアドバンテージとして働き

お店の移動後、数回参加したイベントでは

大勝利を収めることが出来ました。







・・・なぜ”イベントに数回参加”という表現をしたかと言いますと

その時の僕らは完全にパチスロに対するモチベーションが下がっておりまして

打ちに行く頻度が少なくなっていたんですよ。



それは、ノリ打ちグループの活動がマンネリ化した事と

その時には既に

4号機時代も終焉を迎えることが決まっていましたので

僕らはその後の身の振り方を考え始めた時期でもあったんですよね。











・・・当時、ホールには

5号機の”初代エヴァンゲリオン”が設置され始めた時期だったのですが



パチスロ画像 5号機 初代エヴァンゲリオン
©ビスティ エヴァンゲリオン




・・・この台の登場はパチスロの終わりを打ち手に想像させるには充分なものでして

僕らをはじめとした当時の打ち手には

とんでもない閉塞感が漂っていました。




初代エヴァンゲリオンのゲーム性は4号機のパチスロ機とは大きく異なり


”高ベースでゆっくり楽しむ台”


という言葉がピッタリのものでした。






・・・そういった台が悪い訳ではないのですが

パチスロが5号機を迎えると単純に機械割が低くなる上に


当時はハイエナ等の立ち回りも効かなくなっていくことが予想されていましたので

効率が悪くなることは確定的だったんですよね。





おまけに、4号機の終わりに設置されていた機種も

北斗の拳SEですとか


パチスロ画像 北斗の拳SE
©サミー 北斗の拳



アラジン2ですとか

パチスロ画像 4号機 サミー アラジン2エボリューション
©サミー アラジン2



”俺の空”などの低スペック機種だらけでしたので

多くのパチスロがこの時期に引退を考えていたのでした。







・・・トゥームレイダーの話はあえてしません。

そして、その時代は

多くの裏モノが一斉にノーマル化した時期でもありました。






・・・そんな事情で僕らのモチベーションは下がっていく一方だったのですが

その時に問題児であるSA君が僕に


”勝つアテが有るから旅打ちに行こう”


と、僕に提案したのです・・・・



続く
関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
5位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト