FC2ブログ

記事一覧

4号機時代の思い出 『幼馴染からノリ打ち仲間へ』 その71 SA君が盛大にやらかすのその2 ”覚〇剤の常習者が絶対にとってはいけない行動とは?”




※ヒラ打ちとサクラ活動のお話を並行して進めていきますので

時間軸が多少前後する事もありますのでご了承ください。


⇩過去のお話はこちらからどうぞ

リンク:前回までのお話



⇩登場人物の紹介はこちら

リンク:主要登場人物まとめ




・・・前回のお話から時は経ち

ノリ打ちグループが全盛期の時まで時間は進みます。



その頃の僕らはパチスロを打ちながらも

中古車販売業に精を出すようになっていました。





・・・お話を進める前に、当時の中古車市場の事情を紹介していきます。


当時はキムタク、サーファー全盛期ということで

多くの青年はランクルなどのRV車を欲しがっていたのですが


それらの車は中古車のオークションで買い付ける時の価格が高いので

利益率が低かったんですよ。



・・・ハイエースなども同様ですね


とにかく、サーファーが好きそうな車は

得てして中古相場が高かったと記憶しています。







・・・それとは対照的に

VIPカーの類はどういう訳か中古相場が安かった上に

市場価格が鬼のように高かったので

セルシオなどの車が売れた時には

1台当たり100万円の利益が出る事も珍しくありませんでした。



・・・ランクルなどの車種の利益が

20~40万円であることを考えると破格ですよね。



皆さんも中古車を買う際には

色々と下調べをした方が良いですよ・・・・・










・・・僕が中古車屋さんのまねごとをしていた時に一番良かったと感じたことは


”自分の車を持たずとも、色々な車を乗り回せる”


という事でしたね。



当時僕らが乗り回していた車は

その後、お客さんの手に渡る 売り物になる予定の車なのですが


売り手が付く前の在庫として車を抱えている間は

その車を自分たちで乗り回していることが多かったです。






・・・思い返せば、色々な車を在庫で抱えていましたね。


当時の僕らは

主にアメ車を在庫として抱えていたのですが

あれはダメですよ、アメ車を好きじゃなかったらめんどくさすぎます。



アメ車は車体が大きい事から

行動制限というデバフが掛かっている上に


修理をする時のコストが高すぎますよね

修理をしようとしても部品がすぐある訳でもないですし。



外国車、特にヴィンテージのアメ車を所有するのは

相当な車好きの方でなければ割に合わないと思います。







・・・そして、車屋さんを営んでいると

それなりにその業界の知り合いも出来ていくものでして

僕らはとある中古車業の社長さんと仲良くなりました。



その社長さんは隣県で車屋を営んでいたのですが

その会社は、その方の父親が立ち上げた会社でありまして

早い話が、僕らが知り合った社長さんは”2代目”ってことですね。



そして、その社長さんは元々が”超”の付くヤンキーだったのですが

父親から譲り受けた車屋を

頑張って切り盛りしている敏腕社長に成長していったのでした。






・・・その社長さんの名前をK社長としましょう。


K社長は先ほども紹介しましたように

若い時は札付きのワルとして悪名が轟いていたのですが


僕らと知り合った時には立派な社長さんに成長していましたので

僕はK社長とは

主に、車の整備などを頼む時にお世話になっていたのでした。







・・・しかし、僕の幼馴染であり強がりなヤンキーであるSA君は

K社長の人柄に心酔し

私生活をK社長と共にする時間が増えていくのでした。






・・・僕も最初のうちはSA君がK社長と

良いお付き合いをしているものだと思っていたのですが


どうやら、後に発覚した事実によると

当時の彼らは一緒に非合法な遊びを繰り返していたそうです。





・・・そう、覚〇剤の登場であります。







・・・SA君はK社長と遊ぶ前から

そういった類の非合法なクスリが大好きだったんですよ。



最初は、当時は合法だった”ラッシュ”という薬品を使用したり

怪しいお店で売り出されていた”合法ドラッグ”という名の


”何が入っているか分からない危険な化合物”


などを使用して遊んでいたようですが


K社長と出会ったことにより

SA君は”田代っチ”に進化を遂げてしまったのでした。






・・・なぜ、K社長とSA君の危険な遊びが僕らにバレたかと言いますと

簡単に言うと

僕らと出会って一年も経たないうちにK社長が亡くなっちゃったんですよ。



そしてその死因は”心臓発作”だったようです。





・・・覚〇剤の常習者は毛細血管が弱っていくようですので

心拍数を上げたり、血圧が上がる行動を取るのは

”1発KO”

に繋がってしまうみたいなんです。



・・・そして、K社長はクスリの常習者なのに

バイアグラを使ったんだっけな?


なんにせよ、K社長は弱ってしまっていた心臓がパンクし

帰らぬ人になったのでした。






・・・その当時の僕の地元は地獄でした。


違法ドラッグが地元に蔓延し

その薬に負けた心の弱い人間が精神を蝕まれて行きまして


自殺騒ぎやら逮捕騒動など

訳の分からぬ事件が多発していたのです。







・・・そして、亡くなったK社長とよく遊んでいたSA君は

表面上は普通の人間に見えていたのですが


それは僕が単純に鈍感だっただけで

その時のSA君と初めて会った人は

後に”あの時のアイツ、ヤバかったよね”と、僕に口を揃えて言っていたのです。






・・・まあ、クスリなんてものは

僕が注意したところで止めないと思いますけどね。


あいつの魔力に勝つためには

自分自身で何かを変えなければいけないと思います。






・・・むしろ、メンタルが強い人間は

そもそも何かに依存する事は無いと思います。



それは僕もそうですし

上手くクスリと付き合っている人間(?)を見たことも何度もあります。






・・・ともかく、一連の行動が発覚したSA君は

しっかり者のSA弟にこっぴどく叱られてしまい

”覚〇剤禁止令”

という、当たり前の条例が施行されることになりました。





・・・当時の僕らにとっては、SA弟の言う事は絶対だったんですよ。


それは、べつにSA弟が怖かったからとかではなく

むしろ、彼は腕っぷしは弱い方でした。



しかし、SA弟はかなりの人格者でしたので

僕らはみんな


「あいつを怒らせたら流石にやべえやつに成り下がる」


という意識のもと

彼の言う事を聞くようにして生活していたのです。



・・・SA弟は腐った僕らの良心であり

道標であったという訳ですね。



そんなSA弟に叱られたSA君は

表面上はクスリを止めたことになっていたのですが

後に、僕を巻き込んだ大冒険を引き起こすことになります。





・・・そのエピソードはまたの機会に!

続く
関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
5位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

09 ≪│2021/10│≫ 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

スポンサーサイト