FC2ブログ

記事一覧

4号機時代の思い出 『幼馴染からノリ打ち仲間へ』 その68ー2  ”推定赤字4000万円?!! 周年イベントを攻める”  イベント2日目





・・・前回のお話で、某店で開催される

”周年イベント”

の信頼度が明らかになりました。




リンク:前回のお話






・・・調査の結果、某店で開催されるイベントは

”設置台数の1/3が設定6”

という公約をしっかりと守っている

本物のイベントと思われましたので



3日間に渡って開催される周年イベントの2日目からは

初日に派遣した調査兵団だけではなく

当時のノリ打ちメンバーが全員で参加する事にしました。









・・・しかし、そんな僕らにもまだ心配の種はありました。



某店のイベントは


・設置台の1/3が設定6

・設定は3日間据え置き



という公約を掲げて開催されていたのですが…



…イベントの初日を終えた段階では

まだ2つ目の公約である

”据え置き”

の確証は得られていません。





・・・当時のホールは、twitterなどでイベントの結果を拡散されない事を良い事に

平気でガセイベントを開催してくるお店も多かったですしね…






・・・しかし、前回のお話で紹介したように

僕らが行こうとしているお店は

”裏モノが大量に設置してある”

という特徴を持ったお店でしたから


もしも公約が本当である時のリターンは計り知れませんので

リスクを省みず、僕らは某店のイベントに参加する事に決めたのです。










・・・ここで、当該ホールの機種ラインナップを紹介していきましょう。


某店の裏モノの筆頭は


”ビックシオ””ハナハナ”というパイオニア社が開発した機種でした。




パチスロ画像 ビックシオ
©パイオニア ビックシオ



関連記事:ビッグシオで起こした奇跡





パチスロ画像 4号機 スーパーハナハナ
©パイオニア スーパーハナハナ



関連記事:4号機時代の裏モノ






・・・某店の裏モノのメイン機種は上記の通りなのですが

僕らはあえてメイン機種を避ける事にしました。




というのも、僕らがビックシオを避けた理由としては

ビックシオはコイン持ちが千円当たり20G弱とコイン持ちが悪いのですが

設定6の初当たり確率は1/400と裏モノにしては軽い。


さらに、連チャン設定である裏設定が良い方に弄られていると

単発も少なくなりますので

本来は狙い目の台だったのですが・・・





・・・僕の生活圏で稼働していたビックシオは

”リミッターが搭載されている”

という特徴を持ったバージョンが存在していたんですよ。






・・・近所のホールのビックシオのリミッターは”25000枚”か”30000枚”のどちらかだったはずなのですが

ビッグシオは設定変更をするまでにリミッターの差枚数を吐き出すと

そこからは初当たりの抽選をしなくなるんですよ。

※北斗の”冷遇区間”みたいな感じですね




・・・そして、某店で開催されるイベントは

”3日間、設定を据え置きする”

という触れ込みでしたので


最悪の場合、

初日にリミッターに到達してしまったビックシオを2日目に打たされる羽目になりますから

僕らはリスク回避のためにビックシオを避けたという訳です。

※設定を打ち変えてくれる可能性も否定できませんけど、額面通りにイベント内容を受け止めると危険ですよね







・・・そして、ハナハナを避けた理由としては

これまた真偽のほどを確かめる術はなかったのですが


某店に設置されていたハナハナの”状態バージョン”は

”高設定における恩恵が希薄である”

という噂を聞いたことが有ったんですよ。




・・・というのも、某店では店内に”出玉ランキング”なるものが掲示されていまして

前日のパチスロの出玉トップ10の出玉情報と併せて

その台の設定がいくつだったかを

翌日に店内の掲示板で発表してくれていたんですよね。





・・・そして、その出玉ランキングの上位には

ハナハナの低設定の出玉がランクインされている事も多かった上に

※低設定の誤爆でもしっかりと低設定と発表するお店でした



某店で他の日に開催されていたイベントである

”設定6確定台”

の不発を見たことを何度も見たことが有ったんですよ。




・・・まあ、設定6の不発は

裏設定の低さに伴う事象なのかもしれませんが


僕らは実際に台の内部仕様を知っている訳ではないので

それらのリスクを回避するためにハナハナも避けたという訳ですね。





・・・徹夜で並びをする訳ですから台選びも慎重になりますよね。





そして、そんなチキンな僕たちが立ち回りの軸に決めた裏モノは

4号機後期に設置が始まった”ジャグラーガール(裏)”でした。




パチスロ画像 4号機 北電子 ジャグラーガール
©北電子 ジャグラーガール








・・・某店の裏ジャグラーガールの内部仕様は

普段から僕が遊び打ちをしていましたので

ほぼカンペキに掴む事が出来ていました。




そんな某店のジャグラーガールのゲーム性は

”GODバージョン”

と呼ぶとしっくりくるかもしれません。





某店のジャグラーガールは

普段は100G以内にダラダラとした連チャンをするものの


一度”モノホンの状態”に突入すると

”先光り告知をメインにした10G以内の激しい連チャンをする”

そんな特徴が有ったんですよね。





・・・そして、モノホンの状態には

低設定の台ではほとんど突入する事は無かったので


モノホンの状態を味わえるのは

裏ジャグラーガールの高設定の台を打っていた人の特権だったのです。





・・・それ以外のジャグラーガールの(予想)内部仕様を箇条書きすると




・コイン持ちは千円当たり23Gほど、レア役は落ちない


・REGもカットされている


・最高設定と思われる台は450Gを超えるハマりは少なかったので

初当たり確率が1/150以上?


・初当たりの3回に1回は連チャンに突入し

その連チャンは3~5連チャンする(REGも混じった連チャン)



・半日に1回はモノホンの状態に突入し

その時の連チャンは10~20連する。(ほぼBIGオンリーで連する)

※連は高設定の方が強い?







・・・こんな所でしょうか?



上記の仕様を見ると分かると思うのですが

某店のジャグラーガールの高設定は

完全なる”エクストラ仕様”になっていまして


終日打つとBIGを70回ほど引き

2万枚以上の出玉を吐き出します。





・・・という訳で、僕らがイベントの2日目に狙った台は

”イベント初日に15000枚以上の出玉を吐き出した台”

こんな感じの爆裂台でした。





・・・そして、僕らは大量出玉を獲得した台の中から


・初当たり確率が良好な台

・大ハマりをしていない台

・モノホンの状態に複数回突入している台


上記のような要素を満たす台を選別したのです。






・・・そんなこんなで、勝負台を決めた僕たちは

徹夜並びにおける最高の暇つぶしツールである

漫画本などを買い出しした後に

深夜12時ほどに某店の前に集結します。

※スマホゲーなんてない時代です・・・





・・・そして、その後の僕らに待っているのは


某店のイベントに参加する上で最大の困難である

”パンチパーマの常連との対峙”

だったのです・・・





続く






関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
6位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
5位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

01 ≪│2024/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

スポンサーサイト