FC2ブログ

記事一覧

4号機時代の思い出 『幼馴染からノリ打ち仲間へ』 その67  ”詐欺師は二度刺す”




※ヒラ打ちとサクラ活動のお話を並行して進めていきますので

時間軸が多少前後する事もありますのでご了承ください。


⇩過去のお話はこちらからどうぞ

リンク:前回までのお話



⇩登場人物の紹介はこちら

リンク:主要登場人物まとめ





・・・前回のお話で、サクラグループの仲間である

Eさんから詐欺の被害を受けた僕でしたが


その時の僕は

今までにEさんから受けた数々の恩などもありましたので

Eさんが積極的に詐欺行為をしたと考えることはせず


”Eさんも情報元に騙された”


と認識していたのでした

なんてお人好しなんでしょう・・・







・・・Eさんから詐欺を受けた僕らでしたが

それからもグループの活動を続けていきます。


そして、いつものように稼働を終えて

幼馴染の家でウィニングイレブンに没頭していたの僕に


サクラグループの先輩である

”K君”

から連絡が入ります。










・・・K君は僕にこう言いました


”隣の県にあるホールの設定情報が入ったから

人数を集めてくれ”



ってね。





・・・僕らのサクラグループは

”おいしい情報があったら共有する”

という、暗黙の了解と言いましょうか


まあ、苦楽を共にしてきた仲間でしたので

良い情報があればパチンコに限らず、今でも共有しているんですよ。





・・・そんなこんなで、K君から連絡を受けましたので

お互いの取り分の分配を決めた後に

※K君の厚意で気持ち程度の情報料を払えばよくなりました(注)


ノリ打ちグループの人員と

その時にウィニングイレブンをやっていた後輩を強制的に招集したのでした。







・・・その時は、K君からの連絡も急だったのですが

サクラ行為が開催される日も急でして

彼から連絡が入った次の日には開催されるという事になりました。





・・・そして、僕らは隣県の土地勘がありませんでしたので

早朝3時には隣県に向かい車を走らせていました。


やがて、当該ホールに到着すると

K君が駐車場に居ました。




・・・そこで僕は

K君と初顔合わせになる

ノリ打ちグループの人員であり

僕の幼馴染である”SA”にK君を紹介します。



SAは小学校時代にたった一人で学級を崩壊させたこともある

血の気が多い奴なのですが

すぐにK君と打ち解けてくれました。






・・・僕らはそんな感じでK君と談笑していたのですが

そんな僕らのもとに見覚えのあるカップルがやって来ます。



そのカップルとは以前のお話で紹介した

”サクラグループを干されかけたカップル”

だったのです。





・・・その二人は僕よりも10歳は年上だったのですが

正直、僕は彼らを嫌いでした。



というのも、カップル女の方は

前職が”風俗嬢”だったんですよ。


・・・それも僕の行きつけのお店のね!




・・・しかし、僕は当然のことながら

カップルの女側の方から性的なサービスを受けた事がありませんでしたし

そいつがそのお店に在籍をしていたなんて知らなかったんですよ。



でも、どういう訳か

女の方は僕が風俗店に足繁く通っていた事を知っていたんですよね。


その事情は、サクラグループの飲み会の席で

満面の笑顔と共にみんなの前で公開されました。



・・・あのブスはどういうつもりで言ったんでしょうね。


なんにせよ、いつでもヘラヘラしているその女を

当時の僕は嫌いだったのでした。







・・・ともかく、予期せぬ来客はありましたが

僕らは開店までの時間をトランプなどをしながら過ごします。


お題はもちろんバカラです。






・・・・そして、開店の時間が近づくと

K君がおもむろに


「そろそろ設定表でも見ますか!」


と言い、ポケットから一枚の紙を取り出しました。





・・・するとそこには


”Eさんが僕らに送ってきた書式と全く同じ

シマ図と設定が書かれた紙”



が有ったのです…







・・・その刹那、僕に戦慄が走ります



画像 アカギ 八木
©福本伸行




・・・僕は悪い予感がしたので

K君に情報の出所を探りました。





・・・するとK君は


”実は今回の話はカップルが俺に持って来たんだよね”


と、衝撃の事実を明かしてくれました。


カップルが”どこかから”情報を買ったものの、持て余してしまったので

K君に何とかしてもらおうと思ったとの事です。



・・・なるほど。

だから情報量は少なくて良かったんだね。






・・・しかし、その時の僕は


”何かに気付いてしまった僕とは対照的に

お祭り気分で盛り上がるノリ打ちグループの人員”



を横目に見てしまったので



寒い結果になってしまうであろう今回のイベントの真実を

すぐに彼らに告げることは出来なかったのでした・・・







・・・とにかく、賽は振られましたので

当初の予定通り人員を配置していきます。




僕が担当することになったのは


”ニューパルサーの設定6(願望)”


でした。



パチスロ画像 ニューパルサー
©山佐 ニューパルサー





・・・ニューパルサーは朝イチに設定変更の有無を判別する事が出来ましたし

その流れで設定5以上の台を判別する事が出来ましたので


”早めに判別を行い、今回のイベントの傷口を軽くする”


という事にも繋がりますから

僕はニューパルサーの担当に立候補したのです。






・・・そして、開店の時間を迎えます。


そのホールは初めて訪れたホールだったのですが

僕は入店する前に

皮肉にも”シマ図”を見てから入場する事が出来ましたので

ニューパルサーまでの道のりを迷う事はありませんでした。






・・・そして、ニューパルサーの判別を進めていくと


「設定変更すらされてないじゃねえか・・・」


という事実が僕に付きつけられます。






・・・そして、僕は最後の希望である


「す、据え置き!きっと高設定の据え置k・・・」


という希望を持って


ニューパルサーの前日の履歴を見たところ

そこには”2200G BIG6 REG5 ”的な

非常な現実があったのでした・・・






・・・僕は現実逃避をしてホールを徘徊すると

それまでに面識のなかった後輩が

ミリオンゴッドの後継機である”ゴールドX”でちょうどPGGを引いた所でして


パチスロ画像 4号機 アルゼ ゴールドX
©アルゼ ゴールドX




・・・さらにそのPGGのゲーム数は100Gという

高設定を示唆するものだったのでした。





設定1  1/8192
設定2  1/8192
設定3  1/8192
設定4  1/8192
設定5  1/8192
設定6  1/16384




※設定1~4
100G    ---
300G  100.0%

※設定5
100G   50.0%
300G   50.0%

※設定6
100G   97.7%
300G   2.3%




・・・僕は面識のない後輩を頼もしく思いました。


そして僕の中には


”まんざらガセイベントでは無いのかもしれない・・!”


という希望が芽生えたのですが・・・




・・・その後輩がPGGを消化している姿を見ていると

何やら様子がヘンです・・・



彼はGG中の押し順を数十ゲームに一度はミスをしています。





・・・ここで僕は悟りました。


”あのPGG、ペナルティや!”


ってね。




・・・そうなんです。


ゴールドXのPGGはペナルティをすると

低設定でも100Gしか選択しなくなるんですよね・・・


僕は後輩を後ろからゲンコツしました。


画像 北斗の拳 アイン げんこつ
©北斗の拳 武論尊






・・・これにてガセイベントはほぼ確定しました。


しかし、僕らは後輩がPGGを引いたこともあったりしたので

奇跡的に収支をプラスで終えることが出来たのです。





「・・・ふう、これでなんとか形になったな。」


僕はそんな気持ちになり、胸をなでおろしていたのですが・・・





・・・一人、納得がいかない方が僕の身内に居るようです。


そう、血の気の多いSAです。






・・・ノリ打ちグループの人員のほとんどが

僕が得るはずだった利益を回したりすることによって

今回の件を不問にするつもりだったのですが


なぜかSAの怒りは収まりません

パチスロで勝ったにもかかわらず、です。(注)






・・・そんなSAは駐車場の車内でK君を問い詰めます。


彼はK君に

「無駄足じゃねえか!」

などと言っていますが


僕からすれば、もちろん申し訳ないのもありますが

”どんな形であれ、勝ったから良いじゃないか”

と思いました。


勝つプロセスは破綻しましたが

結果オーライですよね?



・・・・仕事ではそうは行かないかもしれませんが

友人の先輩なんでそれで勘弁してほしかったです。






・・・そして、しばらくすると

キツく問い詰められたK君の目から光るモノが・・・






・・・そして、その後もなんだかんだありまして

K君が僕らに20万円払う事でSAは納得しました。




・・・そして、僕はその後

K君に20万円を弁済するために連絡を取ったのですが


その時のK君は僕に


「カップルからもっと貰ったから大丈夫だよ」


と、言ってくれました。




・・・K君は一体いくらもらったんでしょうかね?


なんにせよ、その時の情報源はEさんであることの確証は得られなかったのですが

設定表の書式から推測すると

間違いないと思われましたので


それ以降、Eさんには注意をしていたのですが

そんな矢先に色々な問題が起きたという訳なんですよ。




・・・そして、クスリの魔の手は

僕の周りの他の人間にも迫っていたのでした・・・



続く
関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
5位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

09 ≪│2021/10│≫ 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

スポンサーサイト