FC2ブログ

記事一覧

4号機時代の思い出 『幼馴染からノリ打ち仲間へ』 その61  ”7万枚吐き出したエマの秘密兵器”




※ヒラ打ちとサクラ活動のお話を並行して進めていきますので

時間軸が多少前後する事もありますのでご了承ください。


⇩過去のお話はこちらからどうぞ

リンク:前回までのお話



⇩登場人物の紹介はこちら

リンク:主要登場人物まとめ





・・・4号機時代に5万枚を超える規格外の出玉を吐き出した機種のほとんどは

”100万神”

として名高いミリオンゴッドをはじめとした

”爆裂AT機”と呼ばれていた機種ばかりでした。



パチスロ画像 アルゼ ミリオンゴッド 4号機
©アルゼ ミリオンゴッド ※別名:貯金箱





・・・そして、爆裂AT機が規格外の出玉を吐き出していたのは


”1ゲームあたり10枚以上のの高純増”


と、プレミアフラグの成立による

ATのロング継続が肝となっていましたね。




・・・しかし、そんなAT機とは真逆の性質を持った

Aタイプの機種でも

シチュエーションは限定的されますが

高純増を叩き出すことが出来ます。



それは、4号機時代のパチスロに搭載されていた


”1ゲームあたりの純増枚数が14枚のJACゲーム”

という機能です。






・・・しかし、4号機初期のノーマルAタイプの機種では

ボーナスは自力で引くしかありませんので

次回の連チャンを約束されるシチュエーションは発生しないのであります。




・・・そんな中、4号機も中期に差し掛かると

ストック機が台頭し始めましたので

”仕組まれた意図的な連チャン”

をプレイヤーが味わう事が出来るようになったのでした。





・・・しかし、ストック機の設置が増えて来たものの

ボーナスだけで5万枚を超える出玉を吐き出すためには


たとえ、全てのBIGが1G連チャンしたとしても

BIGを120回ほど引かなければなりませんので

少し現実的ではありませんよね。





・・・そんな夢物語であった

”Aタイプの機種でミリオン達成”

という快挙ですが


とあるメーカーの機種によってミリオンに色を付けた


”7万枚”


という結果を持って達成されることになります。





今回はそんなイカれた機種を発売したメーカーと

7万枚の出玉を吐き出した機種を紹介していきたいと思います。








・・・それは4号機中期から後期に掛けての事でした。


当時の僕はホールが美味しいイベントを開催していない時は

ハイエナをしたり

いつもは打つ機会がない機種を打ったりして過ごしていたんですよ。





・・・そんな時は決まって過疎店に向かうのですが

その時に訪れていたホールはなかなか見所がありまして


近隣のホールとは一線を画したラインナップと

豊富なバラエティコーナーを備えていたんですよ。






・・・そのホールの設置機種で印象的だったのは

後に紹介しますが、攻略法の対象機種である


”温泉天国”


の設置が有った事と




パチスロ画像 温泉天国 4号機
©テクノコーシン 温泉天国 ※キッツい攻略機




「まさか直営店なのか?」

と錯覚してしまうほどに

尖がりメーカーである”エマ社”の機種が設置されていたんですよ。


・・・完全に網羅されていましたね、ええ。




パチスロ画像 4号機 メンソーレ エマ
©エマ めんそーれ






・・・現在のエマは5号機の”めんそーれ”を発売したことで何かと話題になりましたが

エマとしての活動は2020年に終わったようでして

エマに所属していた開発陣は揃って”OZ社”に移籍したとの事であります。





・・・エマの歴史は色々と話題に事欠きませんね。


エマの源流を辿ると

元々は4号機時代に必勝ガイド系ライターの”ガル憎”氏が愛した


”ビガー”


を発売したパル工業まで遡ります。



パチスロ画像 4号機 パル工業 ビガー
©パル工業 ビガー





・・・しかし、パル工業は組織だった裏ロム作りが明るみになり

パル工業の制作陣は

僕が大好きなマツヤ商会に移籍する事になりました。




・・・そして、マツヤ商会が倒産した後に

パル工業の残党が流れ着いたのがエマだったという訳ですね。





・・・そして、そんなエマはホールに尖った仕様の台を

次々に送り込みます。



4号機後期にホールに設置されていた

エマが開発に携わったパチスロ機は



先ほど紹介したメンソーレの他には

メンソーレの後継機であるイミソーレ


パチスロ画像 4号機 エマ イミソーレ
©エマ イミソーレ ※いちいちパネルがカッコいいんですよ






・・・同じくストック機である”パワーボム”という台が設置されていました。




パチスロ画像 4号機 エマ パワーボム
©エマ パワーボム ※パネルが怪しすぎます







・・・そして、当時のエマが開発した機種の特徴として


”パネルの種類が豊富かつ、秀逸”


という特徴がありますね。




さらに、この時期に開発されたエマの機種は

内部仕様も似通っていまして

先ほど紹介した3台のパチスロには


”高継続の連チャンモードが搭載されている”


という特徴があったのでした。





・・・そして、彼らには面白い隠し要素も搭載されていまして


メンソーレとイミソーレは

”ボーナス中のJACハズレ”

を契機に爆連モードに突入し(スーパーモード)

※BIG中のJACハズレ(1/85.3)時にスーパーモード突入抽選が行われる(突入率1/16.0)


爆連モードであるスーパーモードの平均連チャン数は

およそ10連チャンほどだったんですよね。





・・・そして、気になるパワーボムの隠し要素としては

パワーボムにもループ率が90%の連チャンモードが搭載されているのですが


その連チャンモードへの突入契機は

”ハマりモード滞在時の2%以下”

となっているんですね。

※通常の連チャンモードはループ率6割強




・・・そして、パワーボムには

さらに上位の連チャンモードが搭載されており

そのループ率は驚愕の95%だったんですよ。



パワーボムではそんな超爆連モードへの入り口が

隠し要素的な存在になっていました。



まず、超爆連モードへ突入するには


”ホールがストックを消す必要がある”


という、前提が必要だったのでした。




・・・そして、台の内部にストックが無い場合の1/256で

超爆連準備モードに移行し

その後には超爆連モードへの移行が約束されるんですよね。





・・・う~ん、狭き門ですよね。


そして、この超爆連モードは

ある意味では

当時の悪徳ホールの間で横行していた


”ストック飛ばしへの制裁”


とも言えますよね。




・・・当時設置されていた台の中でも

1回目のボーナスをストックした時のためのモード移行で

これほど強烈なモードへ飛ぶ台は無かったと思います。



まあ、”主役は銭形”などの台も

”初回ストック時には50%でボーナスを即放出する”

みたいな特徴はありましたが


初回ボーナスの後に大連チャンを誘発する仕組みは

パワーボム以外には無かったんじゃないかなあ・・・





・・・なんにせよ、4号機時代のエマは

尖ったスペックの台を連発してきましたので

コアなファンが多いメーカーだったのでした。





・・・そして、冒頭で紹介した

”7万枚の出玉を吐き出した機種”

というのは、これらの機種ではなく・・・




パチスロ画像 4号機 エマ ペガッパ
©エマ ペガッパ




・・・こいつだったんです。


この機種は”ペガッパ”という名前の機種でして

内部仕様を知らない人からは


”ジャグラーのパチ物”


として認識されていました。





・・・そして、少し通になると

この機種の小役狙い時の楽しみを知り


普段は緩やかな出玉推移を見せてくれるペガッパで

ニコニコしながら遊ぶことが出来たのです。





・・・しかし、ペガッパに隠された本当の顔は


”普通に打っている限り移行しないとも言える

95%継続のスーパーペガッパモード搭載機種”



という爆裂機だったのでした。




・・・そんなスーパーペガッパモードへの移行は

ほとんど闇です

ボーナスを引いているだけでは移行しません。




では、どうやって爆連モードに移行させるかと言いますと

通常時に小役である”オレンジ”を3連続で成立させることにより

モードが1つアップしますので

※4連続以降はオレンジ1回に付きモードアップ1回


スーパーペガッパモードへ移行させるためには

”連チャンモード滞在時にオレンジを3連チャンさせる”

という行為が必要になります。





・・・そして、気になるモードアップの順番は


【モードアップ昇格順】

ハマリ→通常→引き戻し→ペガッパ→初ストック→準備1~3→スーパーペガッパ



上記の通りになります・・・

バカにしてますよねW




・・・そして、めでたく準備モードへ移行すると

オレンジを引かずとも

以下の確率で爆連モードへの移行抽選をしています。



【ペガッパ モード移行率】


<準備モード1滞在時>
準備1へ 92.2%
準備2へ  7.8%

<準備モード2滞在時>
準備2へ 84.8%
準備3へ 15.3%

<準備モード3滞在時>
準備3へ 68.8%
スーパーペガッパへ     31.2%

<スーパーペガッパ滞在時>
通常へ   5.1%
スーパーペガッパへ 94.9%




・・・マジでバカにしていますよねw

そして、極めつけは通常時のオレンジ確率です。



気になるオレンジ確率は?と言いますと


”1/100”


と設計されていまして

通常時にオレンジが3連チャンで成立する確率は


”1/100万”


になるのでした。






・・・はい、ゲームオーバーです。


しかし、当時の僕はスーパーペガッパモードを夢見つつ

平打ちでもそこそこ勝負になるペガッパを打ち続けていたのでした・・・





・・・そして、当時の日本には

僕と同様の考えの打ち手が数多く存在していたのでしょうか?


当時の打ち手の中には開かれるはずが無いスーパーペガッパモードへの扉を

なんと!朝イチに開く事に成功し


さらに、継続にも恵まれ

冒頭にも紹介したように7万枚の出玉を獲得した猛者も居たのでした。

※ペガッパで検索すると当時の掲示板が出て来ます




・・・そして、7万枚獲得時のボーナス回数は


”BIG200回、REG5回”


さらに、終日でのBIG確率は1/5だったとの事です・・・





・・・当時のネット上では

「バグだ!」

ですとか

「裏基盤だ!」

などと、色々な意見が交換されていますが

本当のところはどうだったんでしょうかね?




・・・今となっては確かめる術は無いのですが

僕の考えでは


「あのメーカーの事だから、永久連チャンを仕込んでるかもしれない」


とも思うのですが

当時の台の解析数値は


雑誌社が台の乱数を特殊な装置で吸い取り

それを解析した本当の意味での解析値ですので


ネット上に載っているペガッパのモード移行率は

紛れもなく、本当の数値であると思われますので

僕の考えは間違っているんでしょうね。






・・・なんにせよ、エマという会社は

”合法、非合法を問わず

いつも打ち手に夢を与えてくれる”

そんな会社だったのでした・・・




今回はここまでとします!

それでは!
関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
5位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト