FC2ブログ

記事一覧

4号機時代の思い出 『幼馴染からノリ打ち仲間へ』 その53 ”みなし機を設置していた昭和のホール”




※ヒラ打ちとサクラ活動のお話を並行して進めていきますので

時間軸が多少前後する事もありますのでご了承ください。


⇩過去のお話はこちらからどうぞ

リンク:前回までのお話



⇩登場人物の紹介はこちら

リンク:主要登場人物まとめ




僕らのグループのお抱え設定師に設定漏洩の疑惑がかけられたことで

サクラ活動の舞台は隣県のホールへと移った訳なのですが

移動先の地域は僕にとって馴染みが浅かったので

サクラ活動の合間に街を散策して過ごしていました。





・・・僕らが通っていたホールは隣県の主要駅が近かった事もあり

人通りも多くとても賑やかな所でした。


そして、駅前という事で数件のパチンコ屋さんが点在していたのですが

その中に駅前のホールには似つかわしくない

僕好みの少し寂れたパチンコ屋さんが有ったのです。




画像 古いパチンコ屋
※イメージ画像





・・・僕はそれまでに多少なりとも旅打ちをしたことがありますので

使えそうなホールを嗅ぎ分ける能力がそれなりに備わっているのですが


その時に僕が見かけたホールはそんな僕のセンサーに引っ掛かりましたので

サクラ活動が速めに終わった時を見計らって

駅前の寂れたホールを覗いてみる事にしました。





・・・そして、タイミングが出来たのでそのホールへ行ってみると


そのホールの内装は4号機が終焉した

”みなし機問題”

以前によく見られた”古き良き昭和のホール”といった趣の内装で


データ機器はBIG回数しか表示されない簡素なものでしたし

トイレの男子便器には丸い芳香剤(?)のような物が投入されていまして

独特な匂いを醸し出していました。




画像 男子便器 芳香剤
※イメージ画像




・・・脳が匂いを感じる部分と記憶を司る部分は近いらしく

人間は匂いを感じることによって当時の記憶を

強く思い出したりするそうですね。





・・・・僕は昔のホールの匂いが好きだったんですよ。


一昔前のホールは現在のホールとは違い


”ラスベガスのカジノでも導入されている

人間のギャンブル欲を高める効果のある匂い”



なんて仕組まれた良い匂いを発しているホールなんてものは無かったですよね。




・・・そしてこれは最近気づいたのですが

ホールで喫煙所に行った時に昔のホールの匂いがしたんですよね。


って事は、僕が好きだと感じていたホールの匂いは

単純にヤニ臭い匂いだったという訳ですよねw




・・・なんにせよ、僕が発見した隣県のホールは

ヤニ臭い、昭和の雰囲気が漂うホールだったのでした。







・・・そして、そのホールは

”みなし機が撤去される前の寂れたホール”

という特徴のお店でしたので


4号機初頭の古いパチンコ台と

当時としては中途半端に新しいパチンコ台が混在していました。





・・・その頃のパチンコ事情は

パチンコ台は”大当たり分母が1/500の全時短搭載機”が登場し


パチンコ画像 旧台 大ヤマト
©SANKYO 大ヤマト


※この頃までのパチンコ台は”確率変動終了後”にだけ時短が付く台が多く

通常絵柄での大当たりは一定の出玉を確保できるものの

”カス当たり”同然の扱いを受けていた。


※そして、この台は大人の都合で”宇宙戦艦ヤマト”とは別物です




パチスロは”後期ストック機”である

パチスロだよ黄門ちゃまなどが発売された時期でした。



パチスロ画像 4号機 平和 黄門ちゃま
©平和 パチスロだよ黄門ちゃま




・・・しかし、その寂れたホールには

そのような新台は導入されておらず


ホールに掲示されていた”新台入れ替え!”と書かれたポスターには

かなり前の日付と”パチスロ海一番導入!”と書かれていたのでした・・・





・・・まあ、昨今のパチンコ屋さんを見れば分かるように

何でもかんでも新台を入れれば良いってもんでもありませんしね。



事実、そのホールには新台の類は導入されていなかったのですが

年配のお客さんがパチンコの現金機や


パチンコ画像 現金機 三共 フィーバーパワフル
©三共 フィーバーパワフル



4号機初期の山佐のAタイプのパチスロを打ちに来たりと

そこそこの稼働を維持していた様子だったのでした。



パチスロ画像 4号機 山佐 ニューパルサー
©山佐 ニューパルサー




・・・古い山佐機種の払い出し音は良いですよね。

”ジリリリリ”

って感じの電子音がたまりません。







・・・そして、そのホールには

ストック機やAT機の台頭で姿を消した

ハナビやバーサスなどのAタイプの機種も現役で稼働していたんですよね。


パチスロ画像 ハナビ4号機
©アルゼ ハナビ



・・・4号機時代のホールは現在のホール事情とは違い

”一度撤去した台を再設置する”

というムーブをするお店が少なかったので


爆裂AT機の売り上げに目がくらみAタイプの機種を外したホールでは

ハナビなどの名機を楽しむ事が出来なかったんですよ。




・・・そんな訳で、地元でもなかなか無いオアシスを発見した僕は

サクラ活動の合間以外にもこのホールへ行くようになり

サクラ活動の前日に隣県に前乗りする事も珍しくなくなったのでした。








・・・・そして、さらに恐ろしいことがありまして


なんとそのホールは


”Aタイプの機種に設定5以上の台を使う”


という事が後に判明しました。




・・・当時の台に設定5以上を使うという事はなかなかの物ですよ。


何度もこのブログでは紹介していますが

”ハナビなどの機種の設定5以上は朝イチに見抜くことが出来る”

のですから。



・・・しかし、そのホールには

減算値の差を利用した設定判別をするような客層のヨゴレはいませんでしたので

ホール側も高設定の台を使いやすかったんでしょうね。



僕はそのお店のAタイプの機種が稼働している様子を見て

「バカに出ている時があるよな」

と感じていたんです。


そして、まさかと思い判別をかけてみると

判別が合格し

設定5以上が確定したという訳なんです。




・・・とんでもないパラダイスを発見してしまいました。


しかし、そのお店は僕が発見する以前まで

とても良いパワーバランスで営業をしていたと思われますので

ここで僕が私欲のためにガッツくのは無粋ですよね。


僕は判別が合格した設定5以上のハナビをヤメて

ジーセブンXに移動する事を決意しました。

※クソ台



・・・このお店に存在する高設定の台には

僕が負けすぎた時のフォロー台として活躍してもらう事にしましょう。






・・・まあ、そのお店で負ける事はあまりなかったんですけどね。

なんせ超絶ハイエナ機種である”海一番”の設置がありましたので・・・




・・・4号機後期は爆裂AT機に熱狂しすぎた税金とでもいうのでしょうか?

AタイプやCT機といった名機を打つ事の出来るお店はかなり限られていましたので

僕が発見したホールは大変重宝しました。


キャッツアイやディスクアップなどのARTの機種なんて

僕が住んでいる地域では打つ事が出来なくなっていましたね。

※サンペイは打とうと思えば打てました




・・・これは今も昔もパチスロ業界がバカなのが原因ですよね。

ゲーム性でユーザーを釣る事をせずに

能無しでも簡単に出来る

”出玉性能で釣る”

という行為に走ったことが問題なんだと思います。



・・・それに乗せられるユーザーもどうかと思うんですがね。




爆裂AT機以前のパチスロは

リールしか台に付いていなかったのに面白い台が多かったんですけどね。



・・・なんにせよ、それ以降のパチスロは

誰が得をしたのか分かりませんが

設置期限が切れた台をホールに設置する事を禁止しました。



そして、僕が好きだった寂れたホールたちは

台の撤去によって生じる新台入れ替えの費用を捻出できず

多くのホールが廃業に追い込まれてしまいました・・・・




・・・まあ、それはもう少し先のお話です。


とにかく、オアシスを発見した当時の僕は

束の間ですが

充実したパチスロライフを楽しんでいたのでした。





続く
関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
11位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
6位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

08 ≪│2021/09│≫ 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト