FC2ブログ

記事一覧

4号機時代の思い出 『幼馴染からノリ打ち仲間へ』 その49 ”パチスロ依存症の主婦”




※ヒラ打ちとサクラ活動のお話を並行して進めていきますので

時間軸が多少前後する事もありますのでご了承ください。




⇩過去のお話はこちらからどうぞ

リンク:過去記事へ



⇩登場人物の紹介はこちら

リンク:主要登場人物まとめ







・・・サクラ活動の舞台が隣県に移ってから数か月が経ち

僕はホールの常連さんの顔を覚え始めていきます。



そのホールにはイキった若者や軍団はおらず

主なお客さんは年配の方や主婦といった趣だったのですが

その中に一人、異彩を放つ主婦が居ました。






・・・その常連さんは歳が30歳ほどで、物凄く背が高かった事から

※175センチ弱くらいかな?


僕らの間では”デカ姉”と呼ばれていました。


・・・小綺麗な人だったんですけどね。





・・・そんなデカ姉は旦那さんが仕事に行っている間にホールに入り浸り

旦那さんの稼ぎを溶かし続ける重度のパチスロ依存症だったのですが


デカ姉は見た目的にも可愛らしい人でしたし性格も素敵でしたので

僕らは彼女に天井間際の台などを進んでプレゼントしていたんですよ。






・・・それまでの僕らは、サクラ活動を行っている事もあり

ホールの常連さんとは必要以上にコミュニケーションを取らないどころか

むしろ、関わりを持たないようにしていたのですが


当時はサクラ活動に対する情熱も失われつつあったので

僕の心の友であるK君が率先して

デカ姉とコミュニケーションを取るようになっていきます。






・・・ちなみに、K君はサクラグループの中での身分は親であり

サクラの大元のお気に入りでしたので


K君が何をやろうとお咎めは無かったことから

ホールの常連であるデカ姉と仲良くなる状況が生まれたという側面もあったのです。










・・・そんなデカ姉の立ち回りを観察していると

まあ酷い。



彼女はまるで

”お金を使いたくて仕方がない”

そんな風に見える立ち回りをしていました。



・・・むしろ立ち回りなんて言葉はあいつには勿体ないですね。






・・・そして、デカ姉はマグロでもありました。

奴の何がマグロかって言うと

デカ姉は夜の方はなかなかの手練れだったのですが

(そのエピソードは後述)



パチスロに対しては

”打ち続けていないと死んでしまうのではないか?”

と勘違いをしてしまうほどにどんな台でも打ち続け

お金を散財する人だったのです。




・・・デカ姉はパチスロの知識は普通に持っていたんですよ。


むしろ、解析情報に対して変な思い込みは持っていなかったですし

教えたことはちゃんと守る

調教のしがいがある女(後述)だったんですけどね。




・・・しかし、デカ姉は”堪え性”という物を母親の胎内に忘れて来たのでしょうか。


彼女はパチスロを打ちたい気持ちを我慢出来ずに

空き台を見つけ次第、乱れ打ちしてしまいました。




・・・そして、デカ姉は下手にパチスロの知識が有るので

少しでも台を打ち始めると天井を意識してしまいヤメれなくなりますし


さらに、彼女は自分が打っていた台を他人に出されることが嫌いでしたので

もう負けるしかない人間だ、これは酷い。




・・・とにかく

デカ姉はパチスロで負ける為に生まれてきた人間だったのです。







・・・そんなデカ姉はパチスロで負けていても

怒りを外に向ける人ではなかったので

本当に助けてあげたくなっちゃうんですよね。



そんな訳で僕らは

高設定の台を上げる事は流石に出来ないので

ハイエナ目線で価値のある台を彼女に貢ぎ続けていたのです。





・・・そして、そんな行動を繰り返していると

どんどんとデカ姉と親密になっていきます。



・・・むしろ、K君は親密を通り越して

デカ姉と一線を超えてしまいました。





・・・おかしいと思ったんですよ。


僕らはいつもデカ姉の事はデカ姉と呼んでいましたし

彼女の本名なんて知らなかったんですよね。



しかし、バカのK君はいつの頃からか

デカ姉の事を○○ちゃんと本名で呼び始め

サクラ活動の後の打ち上げに参加する事も少なくなっていったんです。





・・・そんな中、不審な行動を繰り返すK君に

僕は

「まさかK君、デカ姉と・・・?」

と尋ねてみると


K君は

「目を瞑れば最高の女だぜ、あいつは!!」

と答えてくれたのでした。






・・・以前の僕らのグループだったら

ホールの常連さんとコミュニケーションを取る事さえご法度だったのですが

いつのまにか自由になったもんですね、ええ。




・・・そして、K君とデカ姉の逢瀬はしばらく続いたのですが

やがて僕にも運命の日がやって来るのでした・・・


続く








関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
6位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
5位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

01 ≪│2024/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

スポンサーサイト