FC2ブログ

記事一覧

4号機時代の思い出 『幼馴染からノリ打ち仲間へ』 その47 "それでも裏モノを打つ”




※ヒラ打ちとサクラ活動のお話を並行して進めていきますので

時間軸が多少前後する事もありますのでご了承ください。


⇩過去のお話はこちらからどうぞ

リンク:前回までのお話



⇩登場人物の紹介はこちら

リンク:主要登場人物まとめ





4号機時代の僕はサクラグループに所属しているかたわら

ノリ打ちグループにも所属していたのですが


僕にとってパチスロは趣味でもありますので

イベントもサクラ活動もない日には

自宅近くの寂れたパチンコ屋さんで”趣味打ち”に興じる事も多々ありました。





・・・しかし、パチスロという物は

大当たりの瞬間を味わってこそ楽しいものですから

当時の僕はたとえ趣味打ちの時間と言えども

最大限勝つための努力をしていたのです。







・・・そんな”趣味打ち”の時間に僕が好んで打っていた台は

メーカーが意図せずチューンナップされた

”裏モノ”

と呼ばれる違法改造機を打つ事が多く

当時の僕は裏モノを大いに楽しんで打っていたのでした。







・・・裏モノの最大の魅力と言えば


”自分自身の腕で台の仕様を探る”


というものですよね。




・・・当時、ホールに設置されていた正規品のパチスロは

各攻略紙が実機を入手し

さらに、実機を特別な機械に繋ぐことによって内部の乱数を吸い出し

乱数に割り振られた小役や

モード移行の数値などを調べていました。

※現在では知的財産権の保護により独自の解析はご法度です






・・・しかし、4号機時代にホールに設置されていた裏モノは


”ホールごとに違う仕様のロムが取り付けられている”


という特徴がありましたので

裏モノを個別に解析をするという行為は現実的ではなく

台の仕様を完璧に把握するのが難しかったのでした。





・・・しかし、当時設置されていた裏モノも

とあるホールでヒットを記録した裏モノのゲーム性は

後に発売される裏モノにも

そのゲーム性が取り入れられたりしていましたので


当時発売されていた攻略紙上には

裏モノのおおよそのゲーム性が取り上げられることも

少なからず有ったのでした。





・・・裏モノのゲーム性は

元になっているパチスロのメーカー毎に

ある程度の分類が出来たりもしました。

※メーカーと裏モノは関係ないですよ、きっと。





・・・例えば、当時西日本や沖縄地方で隆盛を極めていた

パイオニア系の裏モノは



パチスロ画像 4号機 スーパーハナハナ
©パイオニア スーパーハナハナ



”状態物や小役前兆の台など幅広いゲーム性の台”

が存在していましたね。



・・・ハナ系の裏モノはシェアが大きかったので

色々なゲーム性の台があるという訳です。







・・・そして、ハナ系の裏モノでも

僕が住んでいる地域では


・シオ系はリプレイ前兆と、状態物が多い

・ハナ系は状態物と、スイカ前兆が多い

・亜流(ハイビ等)は状態物と、チェリー前兆の台が多い


というように

系統によってゲーム性が分けられていることが多かったのですが

皆様のお住まいの地域もこんな感じだったのかな?


裏モノは住んでいる地域によって

全く違う特性を持っているので面白いですよね。





・・・そして、当時僕が通っていたお店では

様々な裏モノが設置されていましたので

その日の気分によって台を選ぶことが出来たのでした。




・・・僕が通っていたお店に設置されていた裏モノを一部紹介しましょう。




シオサイ30(リプレイ前兆&青天井バージョン)


パチスロ画像 4号機 裏モノ パイオニア シオサイ
©パイオニア シオサイ30

※コイン持ちは千円当たり25G程と

やさしさに溢れたバージョンでした。


※リプレイの次のゲームで華が光る可能性が有り

状態中はリプレイが揃いやすくなるのでコイン持ちが少し上昇します。





ビッグシオ30(GODバージョン)



パチスロ画像 ビックシオ
©パイオニア ビッグシオ30



※コイン持ちは千円当たり21Gほど。

連チャンはほぼ2~8Gの間でしたが

稀に14Gほどで当たる事もあります。


※連チャン突入時に連チャン回数をセットし

連チャン中は上乗せ抽選は行われていない





ジャグラーV(先ピカ状態バージョン)



パチスロ画像 4号機 ジャグラーV
©北電子 ジャグラーV


※こいつの何がヤバいって

GOGOランプの主張が全くないので光っているか分かりにくいんです。


弱状態中は普通の割合で告知をするのですが

モノホンの状態に入ると頻繁に先告知が起こる。


※プログラムミスなのかは分かりませんが

小役の高低の概念が無く

通常時にピエロとベルがそこそこの割合で落ちるので

小役狙いをすると千円当たり35Gほど回りました。

(適当打ちは千円当たり27G~29Gくらい)




メンソーレ(GODバージョン)



パチスロ画像 4号機 メンソーレ エマ
©エマ メンソーレ


※ゲーム性は、ほぼ”ゴッドシオ”。

BIG確定の告知などが搭載されている。


※ノーマルの爆裂契機である”クラッシュモード”は非搭載?

コイン持ちは千円当たり20G弱だが

天井は最低でも2連するので許す。






・・・当時僕が通っていたホールには

上記の様な裏モノが設置されていたのですが


当該ホールは過疎店という事もあり

設定状況はお察しの通りだったんですよね。






・・・しかし、過疎店には過疎店なりの立ち回り方があるもので


ビッグシオを打つ時には


”周期天井を把握し、最低限の投資で状態を待つ”

※状態の突入を問わず1000G毎にBIGが来ます。


という立ち回りをし


メンソーレを打つ時には


”過去数日間のヤメゲーム数を把握し、連チャン確定の天井をいただく”


という立ち回りで出玉を獲得していました。






・・・そして、そのホールに設置されていたメンソーレには

僕だけが知っている狙い目である


”強力な引き戻しゾーン”


が存在していましたので


天井に近い台だけを打つだけではなく

引き戻しゾーンの台を狙い撃つ事も出来たのです。





・・・メンソーレの引き戻しゾーンは

膨大な”初当たり時のゲーム数”のサンプルから

突出して当たりを引いているゲーム数を発見し

それ以降の立ち回りに加えたものでした。




・・・引き戻しゾーンの存在の根拠は自分の勘しか無かったのですが

結構な頻度で初当たりを引けていましたし


収支的にも大幅なプラスで推移していましたので

当時の僕は良い所に目を付けていたんだと思われます。





・・・解析に出ていないからといって”オカルト”の一言で片付けるのではなく

疑いの目を持ってパチスロと向き合う事によって

美味しい思いをする事が出来る事もありますので

皆様もスマホを見ながら遊技するのはヤメて

台としっかり向き合う事をお勧めします。


・・・あれこれ考えながら打った方が楽しいのは確実ですしね!





今回はここまでとします!

それでは!
関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
11位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
6位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

08 ≪│2021/09│≫ 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト